エプソムカップ(2008/06/15) のレース情報

基本情報
東京芝・左1800M
第03回 東京 08日目
11 R
芝・左1800M
晴  
GⅢ   サ3上(国)[指] / 別定
第25 回 エプソムカップ
18 頭
15:35発走
本賞金) 4,100 - 1,600 - 1,000 - 620 - 410 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
image
直線 525 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.45.9
前半5F:
58.9
後半3F:
35.3
ペース:平均
30 (0+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 横山典弘 56.0 1.45.9 34.8 ---13-11--8 4 7.5 ステイゴールド / グリーンヒルマック 栗) 増本豊  444 0 12 6
02 3/4 武豊 56.0 1.46.0 35.4 ----3--2--1 1 2.5 マンハッタンカフェ / クライウィズジョイ 栗) 池江泰寿 514 +12 7 4
03 ハナ 勝浦正樹 56.0 1.46.0 34.8 ---11--9-11 12 74.3 Machiavellian / ブルーラスター 美) 尾形充弘 482 +2 17 8
04 クビ 田中勝春 56.0 1.46.0 34.7 ---14-14-12 13 78.9 ラストタイクーン / オーロラトウショウ 美) 小桧山悟 472 -8 10 5
05 クビ 後藤浩輝 56.0 1.46.1 35.0 ----8--9--8 6 10.2 チーフベアハート / タカラカンナ 美) 国枝栄  484 -14 4 2
06 11/4 蛯名正義 56.0 1.46.3 35.6 ----3--4--2 8 31.7 エアジハード / ユメシバイ 美) 杉浦宏昭 504 -4 18 8
07 藤田伸二 56.0 1.46.5 35.7 ----8--6--5 3 6.5 ダンスインザダーク / ヒドゥンダンス 栗) 藤原英昭 490 0 11 6
08 31/2 四位洋文 56.0 1.47.1 36.1 ----6--6--8 14 87.6 サンデーサイレンス / オイスターチケット 栗) 松田国英 492 -4 14 7
09 11/4 安藤勝己 56.0 1.47.3 36.5 ----6--6--5 2 6.0 Rock of Gibraltar / Alisidora 美) 尾関知人 488 +2 8 4
10 クビ 吉田隼人 56.0 1.47.3 36.0 ---14-14-12 11 50.1 テイエムオペラオー / シンウインド 美) 伊藤伸一 444 -10 15 7
11 クビ 石橋脩 56.0 1.47.4 35.9 ----8-12-16 18 227.1 Silver Hawk / Music Lane 栗) 中竹和也 462 +2 13 7
12 11/2 江田照男 56.0 1.47.6 35.3 ---17-17-17 9 46.1 オペラハウス / キオイドリーム 美) 菊川正達 430 -10 6 3
13 11/4 吉田豊 57.0 1.47.8 36.5 ---14-16-12 5 9.0 フレンチデピュティ / ポピーデイ 栗) 石坂正  510 0 2 1
14 クビ 松岡正海 54.0 1.47.8 37.0 ----3--4--5 7 23.0 ボストンハーバー / クリスティキャット 美) 鹿戸雄一 468 +2 3 2
15 21/2 武士沢友 56.0 1.48.2 35.2 ---18-18-18 17 209.6 フォーティナイナー / マチカネハツシマダ 美) 伊藤正徳 506 -6 5 3
16 13/4 戸崎圭太 56.0 1.48.5 37.8 ----1--1--2 16 189.6 コマンダーインチーフ / バルチックチル 美) 勢司和浩 532 0 1 1
17 クビ 柴田善臣 56.0 1.48.5 37.8 ----2--2--2 10 46.6 マンハッタンカフェ / コッコレ 美) 小島太  448 -18 16 8
18 内田博幸 56.0 1.48.7 37.3 ---11-12-12 15 93.4 エルコンドルパサー / マクダヴィア 栗) 安田隆行 500 -6 9 5
単勝 12番 (4人) 7.5 枠連 4-6 (1人) 3.7 複勝 12番(4人)
7番(1人)
17番(11人)
2.4
1.4
9.6
ワイド 7-12(3人)
12-17(54人)
7-17(30人)
5.4
55.0
29.8
3連複 7-12-17 (78人) 272.0 馬連 7-12 (3人) 12.4
3連単 12-7-17 (344人) 1,320.4 馬単 12-7 (8人) 31.5
該当なし
レース後のコメント


東京11Rの第25回エプソムカップ(3歳上GIII・芝1800m)は4番人気サンライズマックス(横山典弘騎手)が優勝、2007年中日新聞杯に続く2度目の重賞制覇となった。勝ちタイム1分45秒9。
道中は16番人気ソーユアフロストが先手を取る展開。1番人気ヒカルオオゾラらが先団を形成し、サンライズマックス、2番人気ファストロック、3番人気トーホウアランらは中団でレースを進めた。4コーナーでヒカルオオゾラが先頭に立ち、そのまま粘りこみを図ったが、ゴール直前でサンライズマックスが強襲。結局3/4馬身差で競り勝った。3着には12番人気グラスボンバーが入線。トーホウアランは7着、ファストロックは9着に敗れている。
サンライズマックスは栗東・増本豊厩舎の4歳牡馬で、父ステイゴールド、母グリーンヒルマック(母の父ダンシングブレーヴ)。通算成績は12戦5勝となった。
【レース後のコメント】
1着 12番サンライズマックス(横山典弘騎手)
「区切りに完璧なタイミングで勝てて良かったですね。返し馬からステイゴールドの仔らしく切れ味を感じさせるフットワークでしたから、できるだけ我慢しようと思っていました。スタートさえ出ればヒカルオオゾラやトーホウアランを見る形で行こうと思っていたんですが、いい形で行けましたね。直線でヒカルオオゾラに離されて、アラッと思ったんですが、そこからよく伸びてくれました。まだ若いですし、この後また強くなりそうですね」
2着 7番ヒカルオオゾラ(武豊騎手)
「この馬はこんなにゆったりした流れが初めてなので、かかってしまいました。それに2コーナーで他の馬に接触して怒ってしまったんですよね。乗り味のいい馬ですし、今後走ってきそうですね。距離も問題ありませんでした」
3着 17番グラスボンバー(勝浦正樹騎手)
「左回りだとどうしても内にモタれてしまうんです。それがなければ……。3コーナーぐらいから始まって、直線もずっとモタれ通しでした。終いの脚がないので、これぐらい上がりがかかってくれればやれる馬ですよ。馬場も問題ありませんでした。8歳ですが、まだまだ馬は若いです。あのモタれがなかったら……悔しいです」
4着 10番トウショウヴォイス(田中勝春騎手)
「グイッといい感じで来たけどね。状態も良かったし、勝ち馬を見ながら行けたんですが」
(小桧山悟調教師)
「今まで、体調自体はどこも悪くないのに成績が伴わないのが『?』としか思えなかったんです。今日は多少前めで乗ってもらったんですが、いい脚でよく伸びてくれました。この後は新潟の予定なんですが、福島テレビオープンに使う馬が少なそうなので、ちょっと心が動いています」
6着 18番ショウワモダン(蛯名正義騎手)
「一瞬来るかと思ったけどね。距離が長いのかな。折り合って上手く走れていたんだけど。雨でも降ればもう少しやれたと思います」
9着 8番ファストロック(安藤勝己騎手)
「もうちょっと行けると思ったんですけどね。行きっぷりがもうひとつでした。今までのように2~3番手で行ければ良かったのですが」
13着 2番ブライトトゥモロー(吉田豊騎手)
「タメながら行ってほしいと言われていましたが、追ってからあまり反応がありませんでした」
14着 3番イクスキューズ(松岡正海騎手)
「こういう広いコースはあまり向いていないかもしれません」ラて中山競馬場だ。
■史上初の連覇&2勝目
マツリダゴッホは昨年に続きオールカマー連覇を達成。連覇、および当レースを2勝した馬は初めて。
■タイレコード
マツリダゴッホの優勝タイムは2分12秒0。中山競馬場における当レースのレコードタイム(99年ホッカイルソー)に並んだ。なお、新潟競馬場で開催された03年の勝ちタイムは2分11秒7。
■関東の砦
マツリダゴッホは関東馬。関東馬の勝利はこれで4年連続となった。白い誘導馬や緑の芝生などが美しく、すごく高貴な雰囲気のある場所で、多くの人が1つのレースに向けて感情を思いっ切り表現出来る競馬は、最近感じることのなかった興奮があって感動的でした。また、(ウオッカの単勝とダイワスカーレットとの馬連を購入していたので)レースのスタート前からレースが確定するまでの間、ドキドキしっぱなしでしたし、馬券も的中して嬉しかったです」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
過去のレース一覧
当ページを共有する