ジューンステークス(2008/06/15) のレース情報

基本情報
東京芝・左2400M
第03回 東京 08日目
10 R
芝・左2400M
晴  
3勝クラス特別   サ4上(混)[指] / 定量
ジューンステークス
15 頭
15:00発走
本賞金) 1,830 - 730 - 460 - 270 - 183 (万
コース・ラップ
平均ペース
レース当日の降水強度(mm/h)
直線 525 M
ペース平均:
7
内枠好走:
9
勝タイム:
2.25.9
前半5F:
1.00.7
後半3F:
35.5
ペース:平均
17 (-43+60)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 石橋脩 57.0 2.25.9 35.1 12-12--8--8 3 5.8 ジャングルポケット / ハヤベニコマチ 美) 堀宣行  462 -10 9 5
02 内田博幸 57.0 2.26.4 35.7 -8--8--6--4 2 3.6 カリズマティック / ニシノチャペル 美) 萱野浩二 488 -2 13 7
03 3/4 横山典弘 57.0 2.26.5 36.1 -1--2--1--1 1 2.9 Sadler's Wells / Angelic Song 美) 藤沢和雄 486 -2 4 3
04 11/2 松岡正海 57.0 2.26.7 36.0 -6--6--4--4 7 16.6 スペシャルウィーク / ダイイチフローネ 美) 手塚貴久 490 0 11 6
05 3/4 津村明秀 57.0 2.26.8 35.5 15-15-13-12 12 69.4 ステイゴールド / マイネプリテンダー 美) 田中剛  444 -10 2 2
06 アタマ 北村友一 57.0 2.26.8 35.6 -9-11-10-11 5 12.9 ダンスインザダーク / ブランドシャトル 栗) 松元茂樹 484 0 8 5
07 蛯名正義 57.0 2.27.1 36.1 13-13-10--9 10 52.6 エリシオ / ダンスパートナー 美) 大久保洋 458 -6 6 4
08 クビ 戸崎圭太 57.0 2.27.2 35.7 -9--8-12-13 9 46.3 トニービン / エアシャロン 美) 小笠倫弘 480 -6 1 1
09 ハナ 田中勝春 57.0 2.27.2 36.8 -3--3--2--2 8 20.6 スターオブコジーン / イートンカラー 栗) 田中章博 506 -6 3 2
10 ハナ 的場勇人 57.0 2.27.2 36.5 -4--4--6--4 11 56.6 キングヘイロー / セタガヤウタヒメ 美) 田中剛  460 +14 12 7
11 三浦皇成 55.0 2.27.9 37.4 -4--4--2--3 4 8.4 ステイゴールド / フォーカルプレーン 美) 河野通文 408 +4 14 8
12 クビ 後藤浩輝 57.0 2.28.0 37.3 -9--8--4--4 6 14.6 ホワイトマズル / マリリンモモコ 美) 鈴木伸尋 450 0 15 8
13 1/2 木幡初広 57.0 2.28.1 37.1 -6--6--8--9 14 161.4 El Prado / Above Mystery 美) 宗像義忠 538 -16 10 6
14 大差 菊沢隆徳 57.0 2.30.9 39.1 13-14-14-14 15 208.5 アフリート / プリンセスターフ 栗) 加藤敬二 450 -6 5 3
田中博康 57.0 - - -2--1------ 13 - タヤスツヨシ / ツキノマイヒメ 美) 伊藤大士 472 0 7 4
単勝 9番 (3人) 5.8 枠連 5-7 (3人) 7.0 複勝 9番(3人)
13番(1人)
4番(2人)
1.7
1.4
1.4
ワイド 9-13(3人)
4-9(2人)
4-13(1人)
3.8
3.6
2.6
3連複 4-9-13 (1人) 8.7 馬連 9-13 (3人) 10.3
3連単 9-13-4 (6人) 59.0 馬単 9-13 (7人) 23.1
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


東京10Rのジューンステークス(4歳上1600万下・芝2400m)は、道中中団を進んだ3番人気ジャガーメイル(石橋脩騎手)が直線で差し切り優勝した。勝ちタイム2分25秒9。2着には2番人気ニシノコンドコソ、3着には1番人気ミレニアムウイングが入線している。
ジャガーメイルは美浦・堀宣行厩舎の4歳牡馬で、父ジャングルポケット、母ハヤベニコマチ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は7戦4勝となった。
【レース後のコメント】
1着 9番ジャガーメイル(石橋脩騎手)
「道中は位置取りを気にせず、この馬のペースを守って行きましたが、落馬の影響で流れが乱れたときにシュッといい位置へ入れました。そして、いつもは4コーナーで気を抜くところがあるので気合をつけて怒らせたら、ビックリするほどの勢いで瞬時に反応していました。最後の瞬発力も凄かったですね。本当に良くなってきています。この馬、走りますね」
2着 13番ニシノコンドコソ(内田博幸騎手)
「内めから差を詰めて、いい感じで伸びているんですが、勝った馬は外から楽に抜けていきました。相手が悪かったですね。でも、この後が期待できる内容でしたね。力はあります」
3着 4番ミレニアムウイング(横山典弘騎手)
「(目の前で落馬があったことについて)競馬にならないね、あれじゃ」
(藤沢和雄調教師)
「やはりあの落馬の影響は大きいですね。リズムがすっかり狂ってしまいました」
4着 11番ダイイチアトム(松岡正海騎手)
「落馬があったところで馬が引っかかってしまいました。あれがなければもっとやれました」
5着 2番マイネルネオス(津村明秀騎手)
「自分の競馬で3コーナーから出していきました。前回よりも反応が良く、最後までしっかり伸びていました。そのうちチャンスはあると思います」
6着 8番ホーマンアラシ(北村友一騎手)
「勝負どころでモタついてしまいました。脚が残っていれば上がって行けたんですが……。馬場の悪いところを通ったのも響いたかもしれません」n場も問題ありませんでした。8歳ですが、まだまだ馬は若いです。あのモタれがなかったら……悔しいです」
4着 10番トウショウヴォイス(田中勝春騎手)
「グイッといい感じで来たけどね。状態も良かったし、勝ち馬を見ながら行けたんですが」
(小桧山悟調教師)
「今まで、体調自体はどこも悪くないのに成績が伴わないのが『?』としか思えなかったんです。今日は多少前めで乗ってもらったんですが、いい脚でよく伸びてくれました。この後は新潟の予定なんですが、福島テレビオープンに使う馬が少なそうなので、ちょっと心が動いています」
6着 18番ショウワモダン(蛯名正義騎手)
「一瞬来るかと思ったけどね。距離が長いのかな。折り合って上手く走れていたんだけど。雨でも降ればもう少しやれたと思います」
9着 8番ファストロック(安藤勝己騎手)
「もうちょっと行けると思ったんですけどね。行きっぷりがもうひとつでした。今までのように2~3番手で行ければ良かったのですが」
13着 2番ブライトトゥモロー(吉田豊騎手)
「タメながら行ってほしいと言われていましたが、追ってからあまり反応がありませんでした」
14着 3番イクスキューズ(松岡正海騎手)
「こういう広いコースはあまり向いていないかもしれません」ラて中山競馬場だ。
■史上初の連覇&2勝目
マツリダゴッホは昨年に続きオールカマー連覇を達成。連覇、および当レースを2勝した馬は初めて。
■タイレコード
マツリダゴッホの優勝タイムは2分12秒0。中山競馬場における当レースのレコードタイム(99年ホッカイルソー)に並んだ。なお、新潟競馬場で開催された03年の勝ちタイムは2分11秒7。
■関東の砦
マツリダゴッホは関東馬。関東馬の勝利はこれで4年連続とな

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する