白百合ステークス(2008/05/31) のレース情報

基本情報
中京芝・左1800M
開催
第02回 中京03日目
コース
中京芝・左1800M
クラス
オープン特別(別定
レースNO
10 R
天候馬場
雨 稍
条件
サ3才(混)(特)
頭数
10
発走時刻
15:10
本賞金(万
1,900 - 760 - 480 - 290 - 190
レース名
白百合ステークス 
コース・ラップ
平均ペース
直線 412.5 M
勝ちタイム:1.48.2
平均ペース
-8 (-38+30)
前半5F:
1.00.5
後半3F:
35.3
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 福永祐一 56.0 1.48.2 34.8 -4--4--3--3 2 4.9 アグネスデジタル / ヤマニンアリーナ 栗) 河内洋  458 +8 1 1
02 1/2 佐藤哲三 56.0 1.48.3 34.9 -6--6--3--3 8 26.1 フジキセキ / タニノホロホロ 栗) 加藤敬二 488 -4 3 3
03 11/4 角田晃一 56.0 1.48.5 35.6 -1--1--1--1 6 19.3 ダイタクリーヴァ / グロウリボン 栗) 北出成人 468 0 9 8
04 クビ 横山典弘 54.0 1.48.5 34.9 10-10--5--6 3 6.1 シンボリクリスエス / シングライクトーク 栗) 友道康夫 444 +6 2 2
05 3/4 藤岡佑介 57.0 1.48.6 35.5 -2--2--2--2 1 2.2 アグネスタキオン / ソニンク 栗) 橋口弘次 468 +4 4 4
06 武豊 54.0 1.48.9 35.1 -8--8-10-10 4 6.3 フレンチデピュティ / パパゴ 栗) 池添兼雄 476 0 8 7
07 11/4 小牧太 56.0 1.49.1 35.4 -8--8--5--6 7 25.7 マヤノトップガン / トウキュウアビー 美) 矢野照正 484 +2 5 5
08 11/2 武幸四郎 57.0 1.49.3 35.7 -4--5--5--5 10 61.6 マンハッタンカフェ / エンジェルインザモーニング 栗) 田所秀孝 478 +2 7 7
09 11/2 中舘英二 56.0 1.49.5 35.8 -6--6--5--8 5 9.8 ジャングルポケット / ファビラスラフイン 栗) 松永幹夫 506 -4 6 6
10 31/2 四位洋文 56.0 1.50.1 36.5 -2--3--5--8 9 39.7 キングヘイロー / ヘイセイレモン 栗) 昆貢   446 -2 10 8
~払い戻し~
単勝 1番 (2人) 4.9 枠連 1-3 (17人) 40.0 複勝 1番(2人)
3番(7人)
9番(6人)
1.9
5.2
5.1
ワイド 1-3(15人)
1-9(14人)
3-9(25人)
13.1
11.6
22.3
3連複 1-3-9 (49人) 164.6 馬連 1-3 (17人) 43.3
3連単 1-3-9 (249人) 889.3 馬単 1-3 (25人) 69.6
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


中京10Rの白百合ステークス(3歳オープン・芝1800m)は、2番人気ヤマニンキングリー(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒2。半馬身差の2着に8番人気が、1馬身1/4差の3着に6番人気ルールプロスパーがそれぞれ入線。
ヤマニンキングリーは栗東・河内洋厩舎の3歳牡馬で、父アグネスデジタル、母ヤマニンアリーナ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は9戦3勝となった。
レース後のコメント
1着 ヤマニンキングリー 福永祐一騎手
「落ち着いてスムーズにレースができました。揉まれたくなかったので、内を少し開けてレースをしました。抜けると少し気を抜くところがあるので、もう少し後ろから行きたかったのですが、最後までしっかり伸びてくれて良かったです」
2着 ナリタダイコク 佐藤哲三騎手
「トモにまだ弱いところがあるので、良の方がよかったかも知れません。でも内をうまく突くことができました。あまり切れるタイプではないので、コーナーの多い小回りの方がいいレースできると思います」
3着 ルールプロスパー 角田晃一騎手
「いまはラチにつけて逃げた方が、安定したレースができるようです。控えると口向きが悪いところが出ますからね」
5着 ノットアローン 藤岡佑介騎手
「前に一頭いると追いかけてしまいます。ハミが抜けるまで少し時間がかかりました。好位での折り合いが今後の課題ですね」トがまだちょっとだね。ちゃんと立ってくれないんです。でも馬の具合は良くなっているよ」
7着 5番リアルコンコルド(福永祐一騎手)
「ノメってしまいました。3コーナーで倒れるかと思ったぐらいです。脚はあったし、あれがなければ……。輸送で馬体も減っていましたから。でも次は良くなってきますよ」[ビーは、NHKマイルCの勝ち方次第だと決めていたんです。今日はプラス6キロ。前走と同じぐらいかなと思ったんですが、中2週でも成長が見られたということでしょう。レースについては、四位君には何も言っていません。ですから、レースぶりもあれでいいんだろうと思って見ていました。さすがに直線では叫んでいましたね。ダービーを勝てて、なんだか夢の中にいるような、フワフワした感じです。ディープスカイの今後については、まだまったく未定です。でも、来年は海外へという気持ちはあります」
2着 7番スマイルジャック(小牧太騎手)
「今日は道中、向正面でハミが外れた。3回乗って初めてのこと。ためて、自分の勝ちパターンのレースができたが、ここまで来たら勝ちたかった。今日は馬も落ち着いていたし、ここまで仕上げてくれたスタッフのおかげ。大一番で最高のレースだったけど、勝ちたかったね。距離は延びても大丈夫です」
(小桧山悟調教師)
「『

予想動画
関連記事
関連つぶやき