御嶽特別(2008/05/31) のレース情報

基本情報
中京ダート・左1700M
第02回 中京 03日目
9 R
ダート・左1700M
雨   稍重
2勝クラス特別
サ4上(混)[指] / 定量
御嶽特別
16 頭
14:35発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 410.7 M
勝タイム:
1.44.0
前半5F:
1.01.3
後半3F:
36.8
ペース:平均
-33 (5-38)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 武豊 55.0 1.44.0 36.8 12-10--1--1 2 4.2 ステイゴールド / ゲイリークレイン 栗) 牧浦充徳 406 +6 10 5
02 21/2 野元昭嘉 57.0 1.44.4 37.1 -2--2--2--2 5 7.9 Singspiel / Hishi Lover 美) 小林常泰 482 0 4 2
03 3/4 福永祐一 55.0 1.44.5 37.1 -3--3--3--3 3 6.3 アグネスタキオン / ステラマドリッド 栗) 藤原英昭 472 +8 16 8
04 クビ 小原義之 57.0 1.44.6 37.0 -5--5--4--4 4 6.4 リキアイワカタカ / オステリア 栗) 小原伊佐 484 0 12 6
05 21/2 熊沢重文 57.0 1.45.0 37.2 -9--7--7--7 1 3.4 ティンバーカントリー / ブライダルスイート 地) 山崎尋美 526 -6 5 3
06 11/2 中舘英二 55.0 1.45.2 37.2 -6--7--8--7 10 30.9 クロフネ / アグネスセレーネー 栗) 長浜博之 496 +24 6 3
07 1/2 四位洋文 57.0 1.45.3 36.2 15-15-15-15 6 16.9 アフリート / リファールニース 栗) 大久保龍 502 -2 9 5
08 小林徹弥 57.0 1.45.5 37.9 -1--1--4--4 16 132.1 ジョリーズヘイロー / フエードエリカ 栗) 安田伊佐 532 -2 15 8
09 アタマ 佐藤哲三 57.0 1.45.5 37.2 14-14-13-12 14 114.5 ブライアンズタイム / マイネアモーレ 栗) 西園正都 478 -14 14 7
10 クビ 小坂忠士 57.0 1.45.5 37.5 -3--3--8--9 13 112.7 タイキシャーロック / サイコーチャペル 栗) 境直行  484 +4 2 1
11 1/2 安藤光彰 55.0 1.45.6 37.4 11-10-11-10 15 126.0 クロフネ / メモリーズオブロニー 栗) 谷潔   474 +2 1 1
12 11/2 赤木高太 57.0 1.45.8 38.2 -6--5--4--6 8 26.0 クロフネ / トキオシンフォニー 栗) 池江泰寿 500 -6 13 7
13 11/2 秋山真一 55.0 1.46.0 37.3 -9-10-14-14 7 17.0 フジキセキ / ファレノプシス 栗) 中竹和也 424 +6 3 2
14 31/2 石橋守 57.0 1.46.6 38.4 -6--7-11-10 12 94.3 メジロライアン / グランシェール 栗) 河内洋  480 +22 7 4
15 1/2 角田晃一 57.0 1.46.7 36.8 16-16-16-16 11 80.5 メイショウドトウ / メモラブルグリーン 栗) 松永昌博 480 -14 8 4
16 クビ 藤岡佑介 57.0 1.46.8 38.8 12-13--8-12 9 28.8 エイシンワシントン / スプリングジニア 美) 柄崎孝  454 +6 11 6
単勝 10番 (2人) 4.2 枠連 2-5 (2人) 8.2 複勝 10番(1人)
4番(4人)
16番(5人)
1.7
2.1
2.2
ワイド 4-10(6人)
10-16(5人)
4-16(10人)
5.8
5.8
9.2
3連複 4-10-16 (9人) 36.0 馬連 4-10 (6人) 14.3
3連単 10-4-16 (40人) 164.4 馬単 10-4 (9人) 25.8
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


中京9Rの御嶽特別(4歳以上1000万下・ダート1700m)は、2番人気アクセルファイヤー(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒0。2馬身半差の2着に5番人気ヒシウィンザーが、3/4馬身差の3着に3番人気ヴィアラクテアがそれぞれ入線。
アクセルファイヤーは栗東・安田伊佐厩舎の4歳牝馬で、父ステイゴールド、母ゲイリークレイン(母の父Two Timing)。通算成績は17戦3勝となった。
レース後のコメント
1着 アクセルファイヤー 武豊騎手
「かかり気味だったのですが、ペースも遅かったので自ら動いて行きました。いいタイミングでマクり切ることができました。終いもしっかりしていましたよ」
2着 ヒシウィンザー 野元昭嘉騎手
「こういったレースになることは予想していました。レースが動いたときにも対応できました。最後もよく詰めています。一生懸命走ってくれました」
5着 ボランタス 熊沢重文騎手
「各々のコーナーで窮屈そうにしていましたね。広いコースの方が力を発揮しやすいのかも知れません」武幸四郎騎手
「休み明けの分、力んでいましたね。これでうまくガス抜きができたらいいですね。休み明けとしては上々だと思いますよ」
4着 サクラメガワンダー 福永祐一騎手
「具合はよかったのですが、馬場を少し気にしていましたね。3コーナーで上がっていくとき、少しモタついていましたね」す。時計も速いし、最後は止まってしまいました」たんですが……」
5着 3番アイポッパー(藤田伸二騎手)
「捌きが硬くて、加減して走っていました。力はあるのですが……」
6着 12番キングトップガン(安藤勝己騎手)
「チャンスはあると思っていました。状態も良かったし、最後も確実に伸びています。あとはメンバー次第でしょう」
11着 15番シルクネクサス(武豊騎手)
「距離が影響したかもしれません。それに、左回りだと内にモタれますね」sきました。ペースも速かったので差し届いてくれましたね」

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する