葉山特別(2008/05/25) のレース情報

基本情報
東京芝・左1600M
第03回 東京 02日目
9 R
芝・左1600M
曇  
2勝クラス特別   サ4上牝 [指] / 定量
葉山特別
16 頭
14:25発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
image
直線 525 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.35.5
前半5F:
59.2
後半3F:
36.3
ペース:平均
42 (26+16)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 武豊 55.0 1.35.5 35.3 -------5--5 6 11.4 ホワイトマズル / ヤマニンザナドゥ 栗) 浅見秀一 458 -6 3 2
02 安藤勝己 55.0 1.36.0 34.4 ------13-13 1 4.9 グラスワンダー / ラッキーソング2 栗) 領家政蔵 474 0 14 7
03 11/2 吉田豊 55.0 1.36.2 35.5 -------6--6 14 47.7 クロフネ / ネガノ 美) 小西一男 458 +6 1 1
04 クビ 横山典弘 55.0 1.36.3 34.7 ------14-13 2 5.8 フレンチデピュティ / マルカコマチ 美) 伊藤正徳 454 0 8 4
05 ハナ 蛯名正義 55.0 1.36.3 36.7 -------4--2 3 6.2 フジキセキ / アローアゲイン 美) 菊川正達 524 -12 7 4
06 アタマ 内田博幸 55.0 1.36.3 35.6 -------6--6 8 16.5 スペシャルウィーク / ダイワジュリエット 美) 堀井雅広 504 0 6 3
07 ハナ 田中勝春 55.0 1.36.3 35.0 ------10-12 9 18.9 アグネスタキオン / ジェミードレス 美) 坂本勝美 446 +4 13 7
08 11/4 江田照男 55.0 1.36.5 35.6 ------10--8 4 8.3 メジロライアン / シルクダイアリー 美) 高木登  458 +10 4 2
09 クビ 四位洋文 55.0 1.36.5 34.5 ------16-15 5 9.5 ダンスインザダーク / フランカ 栗) 松永幹夫 468 -4 10 5
10 1/2 福永祐一 55.0 1.36.6 37.4 -------1--1 13 23.6 マイネルラヴ / ヘヴンリーミスト 栗) 増本豊  462 -6 16 8
11 ハナ 幸英明 55.0 1.36.6 37.1 -------3--2 10 21.6 ダンスインザダーク / アクティブレディー 美) 石毛善彦 430 +6 2 1
12 3/4 武幸四郎 55.0 1.36.8 34.9 ------14-15 12 23.3 フレンチデピュティ / メモリアルサマー 栗) 鶴留明雄 420 +4 11 6
13 1/2 村田一誠 55.0 1.36.9 35.8 -------8-10 16 230.5 ヴィクトリースピーチ / クールリサコヒメ 美) 坂本勝美 464 +2 12 6
14 ハナ 小島太一 55.0 1.36.9 35.7 ------10-10 15 56.3 Vettori / パーベック 美) 中野栄治 502 +18 5 3
15 13/4 後藤浩輝 55.0 1.37.2 37.7 -------2--2 11 23.1 スペシャルウィーク / スケアヘッドライン 美) 浅野洋一 436 -12 15 8
16 13/4 柴田善臣 55.0 1.37.5 36.6 -------8--8 7 12.6 エルコンドルパサー / スコールイ 美) 鈴木康弘 456 +4 9 5
単勝 3番 (6人) 11.4 枠連 2-7 (4人) 9.5 複勝 3番(7人)
14番(1人)
1番(14人)
4.0
2.0
9.4
ワイド 3-14(9人)
1-3(90人)
1-14(57人)
11.5
78.2
41.4
3連複 1-3-14 (197人) 548.8 馬連 3-14 (10人) 30.7
3連単 3-14-1 (958人) 2,667.3 馬単 3-14 (23人) 68.5
該当なし
レース後のコメント


東京9Rの葉山特別(4歳上1000万下・牝馬限定・芝1600m)は6番人気ヤマニンエマイユ(武豊騎手)が5番手追走から直線残り200mで抜け出し、1番人気パパラチアに3馬身差をつけて圧勝。勝ちタイムは1分35秒5(重)。3着に14番人気ホワイトヴェール。
ヤマニンエマイユは栗東・浅見秀一厩舎の5歳牝馬で、父ホワイトマズル、母ヤマニンザナドゥ(母の父トニービン)。通算26戦4勝。
~レース後のコメント~
1着 ヤマニンエマイユ(武豊騎手)
「強かったね。馬場も心配していたけどまったく問題なかったよ。スムースにいいレースが出来たね」
2着 パパラチア(安藤勝騎手)
「伸びて来てはいたよ。ただ、前にマイルで早めに動いて止まったし、あまり早く動きたくなかったから出来れば内枠が欲しかったね。最後に動くと止まるようなところを見ると、1400mくらいがベストかな」
3着 ホワイトヴェール(吉田豊騎手)
「ジワジワと伸びていたから、もう少し抜いて走ってくれればいいんだけどね。速い流れになると分からないけど、芝も問題ないと思いますよ。1600mでもあれだけ伸びていれば」
5着 グレースエポナ(蛯名騎手)
「切れる馬じゃないからああいう形になりました。よく頑張ってはいるんだけどね。でも勝った馬以外はあまり差はないから。馬体は絞れていましたね」
9着 ハギノルチェーレ(四位騎手)
「伸びているけど道悪がダメだね」題ですね」トがまだちょっとだね。ちゃんと立ってくれないんです。でも馬の具合は良くなっているよ」
7着 5番リアルコンコルド(福永祐一騎手)
「ノメってしまいました。3コーナーで倒れるかと思ったぐらいです。脚はあったし、あれがなければ……。輸送で馬体も減っていましたから。でも次は良くなってきますよ」[ビーは、NHKマイルCの勝ち方次第だと決めていたんです。今日はプラス6キロ。前走と同じぐらいかなと思ったんですが、中2週でも成長が見られたということでしょう。レースについては、四位君には何も言っていません。ですから、レースぶりもあれでいいんだろうと思って見ていました。さすがに直線では叫んでいましたね。ダービーを勝てて、なんだか夢の中にいるような、フワフワした感じです。ディープスカイの今後については、まだまったく未定です。でも、来年は海外へという気持ちはあります」
2着 7番スマイルジャック(小牧太騎手)
「今日は道中、向正面でハミが外れた。3回乗って初めてのこと。ためて、自分の勝ちパターンのレースができたが、ここまで来たら勝ちたかった。今日は馬も落ち着いていたし、ここまで仕上げてくれたスタッフのおかげ。大一番で最高のレースだったけど、勝ちたかっ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する