伊勢佐木特別(2008/05/24) のレース情報

基本情報
東京ダート・左2100M
第03回 東京 01日目
10 R
ダート・左2100M
曇  
2勝クラス特別   サ4上(混)[指] / ハンデ
伊勢佐木特別
16 頭
15:05発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 501 M
image
直線 501 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
2.12.0
前半5F:
1.02.6
後半3F:
37.9
ペース:平均
23 (9+14)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 内田博幸 54.0 2.12.0 37.2 -4--4--3--3 4 6.8 Barathea / ラクレジア 美) 国枝栄  506 -4 6 3
02 後藤浩輝 56.0 2.12.3 37.3 12--9--6--5 1 4.5 Touch Gold / Rift Valley 栗) 白井寿昭 460 -2 1 1
03 クビ 田中勝春 54.0 2.12.4 37.4 -5--5--6--5 3 5.4 チーフベアハート / アルファエスパー 美) 小島茂之 458 -2 8 4
04 3/4 藤田伸二 54.0 2.12.5 36.9 14-14-11-12 6 11.0 アグネスタキオン / リーガルジョイ 栗) 大久保龍 478 -10 9 5
05 3/4 武士沢友 52.0 2.12.6 37.3 -6--7--6--7 16 151.1 ダンツシアトル / トゥースフェアリー 美) 岩戸孝樹 482 -2 4 2
06 ハナ 吉田豊 55.0 2.12.6 36.8 12-11-13-13 10 31.3 ブラックタキシード / アズマエデン 美) 平井雄二 488 -4 10 5
07 クビ 増沢由貴 52.0 2.12.7 36.4 16-16-16-15 7 15.8 アフリート / シンシンフェミニン 美) 鈴木康弘 470 0 7 4
08 アタマ 柴田善臣 54.0 2.12.7 38.1 -3--2--2--2 13 53.4 Giant's Causeway / シータ 栗) 大久保龍 464 -6 3 2
09 アタマ 松岡正海 55.0 2.12.7 37.2 -6--9--9--9 8 19.0 ミシル / フェアサクセス 美) 田中剛  486 +6 15 8
10 クビ 横山典弘 56.0 2.12.7 37.2 10-11-11--9 2 4.7 Silver Charm / ライリスト 栗) 谷潔   470 -4 11 6
11 柴山雄一 53.0 2.13.2 38.4 -6--5--5--3 14 62.3 エルコンドルパサー / ゴッドコマンダー 美) 清水英克 448 +2 5 3
12 江田照男 53.0 2.13.7 39.6 -1--1--1--1 9 22.6 El Corredor / Insight to Hope 美) 武藤善則 494 +4 16 8
13 クビ 蛯名正義 54.0 2.13.7 38.2 -6--7--9--9 12 43.2 ブライアンズタイム / ブロードマラ 美) 田中清隆 492 +4 13 7
14 13/4 四位洋文 56.0 2.14.0 37.7 14-14-15-15 11 42.7 タイキシャトル / ムゲン 栗) 昆貢   506 -4 12 6
15 31/2 中谷雄太 51.0 2.14.6 38.6 10-11-13-14 15 114.1 ヤマニンゼファー / ヤマニンビバーチェ 美) 佐々木亜 452 +2 14 7
16 津村明秀 54.0 2.15.4 40.2 -2--2--3--7 5 8.8 タイキシャーロック / アルファジェット 美) 小島茂之 480 -2 2 1
単勝 6番 (4人) 6.8 枠連 1-3 (4人) 10.7 複勝 6番(3人)
1番(4人)
8番(2人)
1.9
2.0
1.8
ワイド 1-6(7人)
6-8(6人)
1-8(4人)
7.4
7.0
6.5
3連複 1-6-8 (7人) 35.5 馬連 1-6 (6人) 18.3
3連単 6-1-8 (49人) 227.2 馬単 6-1 (17人) 42.2
該当なし
レース後のコメント


東京10Rの伊勢佐木特別(4歳以上1000万下・ダート2100m)は、4番人気ソニックルーラー(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分12秒0。2馬身差の2着に1番人気マルブツセンターが、クビ差の3着に3番人気アルファオリオンがそれぞれ入線。
ソニックルーラーは美浦・国枝栄厩舎の5歳牡馬で、父Barathea、母ラクレジア(母の父Machiavellian)。通算成績は17戦3勝となった。
レース後のコメント
1着 ソニックルーラー 内田博幸騎手
「道中、本当にうまく流れに乗って、いい形でレースができました。ただモタれるところがあって、ムチを入れた途端、他にササってしまって迷惑をかけてしまいました。この馬は、ハミをかちっとかけて行った方がフラフラしないみたいですね」
2着 マルブツセンター 後藤浩輝騎手
「自分の競馬はできたように思います。ただ、直線で手応え十分に来ているんですが、追ってからの反応がもう一つだったのは1ハロン距離が長いのかも知れませんね」
3着 アルファオリオン 田中勝春騎手
「ズブい馬じゃないんだけど、追い出すと抜けてしまうね。攻め馬は良かったし、馬の走りもだいぶ変わってきているんだけどね…」
5着 ローランウェルズ 武士沢友治騎手
「ためて行ったのが良かったかな。今は行かせてしまうと良くないみたい」
8着 メインバンク 柴田善臣騎手
「速い脚がなくて、ジリジリとしか伸びない馬だからね。早めに気合をつけて行ったんだけど、そこで寄られたのが痛かった。あれがなければ掲示板は楽にあったね」j
「ノメってしまいました。3コーナーで倒れるかと思ったぐらいです。脚はあったし、あれがなければ……。輸送で馬体も減っていましたから。でも次は良くなってきますよ」[ビーは、NHKマイルCの勝ち方次第だと決めていたんです。今日はプラス6キロ。前走と同じぐらいかなと思ったんですが、中2週でも成長が見られたということでしょう。レースについては、四位君には何も言っていません。ですから、レースぶりもあれでいいんだろうと思って見ていました。さすがに直線では叫んでいましたね。ダービーを勝てて、なんだか夢の中にいるような、フワフワした感じです。ディープスカイの今後については、まだまったく未定です。でも、来年は海外へという気持ちはあります」
2着 7番スマイルジャック(小牧太騎手)
「今日は道中、向正面でハミが外れた。3回乗って初めてのこと。ためて、自分の勝ちパターンのレースができたが、ここまで来たら勝ちたかった。今日は馬も落ち着いていたし、ここまで仕上げてくれたスタッフのおかげ。大一番で最高のレースだったけど、勝ちたかったね。距離は延びても大丈夫です」
(小桧山悟調教師)
「『惜しかった!』のひと言ですね。皐月賞で負けて、却って凄く気が楽になり、松田博資調教師から『ダービーを勝とうとするな。長めの調教をやれ』という助言をいただいて、その通りにやりましたよ。馬を壊しちゃいけないけど、やれることは全部やってきま

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する