500万 (サ3才) 東京 6R 2008/05/24 のレース情報

基本情報
東京ダート・左1600M
開催
第03回 東京01日目
コース
東京ダート・左1600M
クラス
500万(馬齢
レースNO
6 R
天候馬場
曇 良
条件
サ3才[指]
頭数
14
発走時刻
12:50
本賞金(万
700 - 280 - 180 - 110 - 70
レース名
コース・ラップ
平均ペース
直線 501 M
勝ちタイム:1.37.4
平均ペース
-24 (15-39)
前半5F:
1.00.6
後半3F:
36.8
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 蛯名正義 56.0 1.37.4 36.6 -------2--2 2 3.5 タヤスツヨシ / ラストキッス 美) 藤原辰雄 476 -2 12 7
02 クビ 柴田善臣 56.0 1.37.5 36.5 -------4--4 3 3.9 Johannesburg / ポリーズフリート 美) 尾形充弘 464 -2 8 5
03 後藤浩輝 56.0 1.38.3 36.7 ------12-10 1 2.5 サクラチトセオー / サクラヴァウチ 美) 勢司和浩 456 -12 3 3
04 アタマ 吉田豊 56.0 1.38.3 37.7 -------1--1 6 21.2 フレンチデピュティ / メヤディーニ 美) 戸田博文 506 +2 6 4
05 1/2 松岡正海 56.0 1.38.4 37.1 -------6--6 4 12.2 ワイルドラッシュ / オイワケトモエ 美) 上原博之 486 0 13 8
06 13/4 横山典弘 56.0 1.38.7 37.9 -------2--2 5 16.4 シンボリクリスエス / マストビーラヴド 美) 藤沢和雄 456 -2 11 7
07 1/2 大庭和弥 56.0 1.38.8 36.8 ------12-12 10 52.6 キャプテンスティーヴ / シルクフレグランス 美) 成島英春 464 +2 9 6
08 クビ 柴山雄一 56.0 1.38.8 37.6 -------6--6 11 57.2 サウスヴィグラス / アメイジング 美) 栗田博憲 490 -2 10 6
09 21/2 田中勝春 56.0 1.39.2 37.8 -------9--9 7 41.8 ティンバーカントリー / トリップコロン 美) 矢野照正 454 +2 4 3
10 津村明秀 56.0 1.39.5 37.9 ------10-10 13 192.3 ウイングアロー / ホボスキー 美) 武市康男 476 +2 7 5
11 内田博幸 54.0 1.40.2 38.9 -------6--6 12 67.8 フサイチコンコルド / ヨシザマミー 美) 嶋田潤  426 +2 1 1
12 3/4 江田照男 56.0 1.40.3 38.4 ------11-12 14 227.5 アグネスフライト / ヒーリングガール 美) 水野貴広 498 +10 14 8
13 クビ 古川吉洋 54.0 1.40.4 39.4 -------4--4 8 43.2 スマートボーイ / アイビートユー 美) 清水英克 472 0 2 2
14 ハナ 田中博康 55.0 1.40.4 38.1 ------12-14 9 48.1 サクラローレル / ダウンバースト 美) 高橋祥泰 500 +14 5 4
~払い戻し~
単勝 12番 (2人) 3.5 枠連 5-7 (1人) 4.4 複勝 12番(2人)
8番(1人)
3番(3人)
1.3
1.2
1.3
ワイド 8-12(1人)
3-12(3人)
3-8(2人)
2.0
2.3
2.3
3連複 3-8-12 (1人) 5.4 馬連 8-12 (1人) 5.7
3連単 馬単 12-8 (3人) 11.9
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


東京6Rの3歳500万下(ダート1600m)は、2番人気グランシュヴァリエ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒4。クビ差の2着に3番人気ケイアイスイジンが、5馬身差の3着に1番人気サクラリーバポートがそれぞれ入線。
グランシュヴァリエは美浦・藤原辰雄厩舎の3歳牡馬で、父タヤスツヨシ、母ラストキッス(母の父マルゼンスキー)。通算成績は4戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 グランシュヴァリエ 大江原調教助手
「トモが弱くてだいぶ疲れも溜まっていたので、放牧して立て直したんですが、かなりしっかりしてきましたね。トモも一回り大きくなってきました。稽古の動きから今日は勝ってもらわなければ困るんですよ。ただ、前半ちょっと行きたがったり、直線で早目に抜けてしまったら、ソラを使ったりと、もう少し成長して欲しいところはあります」
2着 ケイアイスイジン 尾形充弘調教師
「直線では勝ち馬の手応えから、どれだけ離されてしまうのかと思っていましたが、差を詰めてあれだけ伸びているんですから、よく走っていますよ。メンバーも揃っていましたし。徐々によくなってきています」
3着 サクラリーバポート 後藤浩輝騎手
「現状では、体質的にまだ中身が伴ってきていませんね。いい馬なので、大事に育てていきたいですね。体がしっかりしてくれば連勝できる器だと思います」b騎手
「速い脚がなくて、ジリジリとしか伸びない馬だからね。早めに気合をつけて行ったんだけど、そこで寄られたのが痛かった。あれがなければ掲示板は楽にあったね」j
「ノメってしまいました。3コーナーで倒れるかと思ったぐらいです。脚はあったし、あれがなければ……。輸送で馬体も減っていましたから。でも次は良くなってきますよ」[ビーは、NHKマイルCの勝ち方次第だと決めていたんです。今日はプラス6キロ。前走と同じぐらいかなと思ったんですが、中2週でも成長が見られたということでしょう。レースについては、四位君には何も言っていません。ですから、レースぶりもあれでいいんだろうと思って見ていました。さすがに直線では叫んでいましたね。ダービーを勝てて、なんだか夢の中にいるような、フワフワした感じです。ディープスカイの今後については、まだまったく未定です。でも、来年は海外へという気持ちはあります」
2着 7番スマイルジャック(小牧太騎手)
「今日は道中、向正面でハミが外れた。3回乗って初めてのこと。ためて、自分の勝ちパターンのレースができたが、ここまで来たら勝ちたかった。今日は馬も落ち着いていたし、ここまで仕上げてくれたスタッフのおかげ。大一番で最高のレースだったけど、勝ちたかったね。距離は延びても大丈夫で

予想動画
関連記事
関連つぶやき