ヴィクトリアマイル(2008/05/18) のレース情報

基本情報
東京芝・左1600M
開催
第02回 東京08日目
コース
東京芝・左1600M
クラス
オープンGⅠ(定量
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ4上(国) 牝 (指)
頭数
18
発走時刻
15:40
回次
第 3 回
本賞金(万
9,000 - 3,600 - 2,300 - 1,400 - 900
レース名
ヴィクトリアマイル 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
スローペース
直線 525 M
勝ちタイム:1.33.7
スローペース
-61 (-77+16)
前半5F:
1.00.0
後半3F:
33.7
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 藤田伸二 55.0 1.33.7 33.4 -------6--7 5 13.4 フジキセキ / サクラサク2 栗) 藤原英昭 486 +2 6 3
02 3/4 武豊 55.0 1.33.8 33.2 ------10--9 1 2.1 タニノギムレット / タニノシスター 栗) 角居勝彦 478 9 5
03 ハナ 後藤浩輝 55.0 1.33.8 33.6 -------7--4 4 8.8 アドマイヤベガ / マイワイルドフラワー 栗) 石坂正  466 -2 2 1
04 31/2 柴山雄一 55.0 1.34.4 34.4 -------2--2 13 60.9 メジロマックイーン / ヤマニンアリーナ 美) 栗田博憲 474 +6 12 6
05 ハナ 吉田隼人 55.0 1.34.4 34.3 -------3--3 2 6.1 アグネスタキオン / ニシノフラワー 栗) 河内洋  456 +10 13 7
06 3/4 内田博幸 55.0 1.34.5 34.5 -------1--1 9 42.5 フレンチデピュティ / シルバーレーン 美) 国枝栄  476 +4 5 3
07 アタマ 安藤勝己 55.0 1.34.5 34.3 -------4--4 6 14.5 ダンスインザダーク / ピーターホフズパティア 美) 堀宣行  482 +6 4 2
08 クビ 秋山真一 55.0 1.34.6 34.2 -------7--7 3 7.6 ナリタトップロード / マリスター2 栗) 平田修  452 -8 17 8
09 クビ 横山典弘 55.0 1.34.6 33.7 ------17-15 8 34.0 トウカイテイオー / ブリリアントミスト 美) 後藤由之 456 0 11 6
10 3/4 的場勇人 55.0 1.34.7 34.0 ------12-11 14 103.2 クロフネ / インヴァイト 栗) 矢作芳人 458 +4 7 4
11 クビ 武幸四郎 55.0 1.34.8 34.6 -------4--4 10 43.3 ダンスインザダーク / レン2 栗) 宮徹   478 -12 18 8
12 北村友一 55.0 1.35.0 34.1 ------12-15 15 149.1 ブライアンズタイム / ウェルシュマフィン 栗) 松元茂樹 438 0 14 7
13 3/4 岩田康誠 55.0 1.35.1 33.9 ------17-18 11 45.6 アグネスタキオン / タカラカンナ 美) 国枝栄  424 -2 16 8
14 ハナ 福永祐一 55.0 1.35.1 34.6 -------7--9 7 19.7 Cozzene / Color of Gold 栗) 松元茂樹 462 -2 3 2
15 1/2 池添謙一 55.0 1.35.2 34.4 ------12-13 12 57.8 ステイゴールド / ユーワジョイナー 栗) 池江泰寿 436 -2 8 4
16 11/4 柄崎将寿 55.0 1.35.4 34.6 ------15-13 17 172.9 ラムタラ / ラッキーダイアリー 美) 柄崎孝  468 +4 1 1
17 クビ 小野次郎 55.0 1.35.4 34.7 ------10-11 16 154.1 アジュディケーティング / エスケイチャーミイ 栗) 川村禎彦 478 +2 15 7
18 クビ 田中勝春 55.0 1.35.5 34.6 ------15-15 18 184.5 ステイゴールド / サイレーン 美) 畠山重則 432 +4 10 5
~払い戻し~
単勝 6番 (5人) 13.4 枠連 3-5 (5人) 13.2 複勝 6番(6人)
9番(1人)
2番(3人)
3.0
1.3
2.1
ワイド 6-9(6人)
2-6(13人)
2-9(3人)
7.1
9.9
4.6
3連複 2-6-9 (7人) 32.4 馬連 6-9 (5人) 16.7
3連単 6-9-2 (60人) 230.0 馬単 6-9 (14人) 45.2
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


東京11Rのヴィクトリアマイル(JpnI・牝・芝1600m)は、5番人気エイジアンウインズ(藤田伸二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒7。3/4馬身差の2着に1番人気ウオッカが、ハナ差の3着に4番人気ブルーメンブラットがそれぞれ入線。
エイジアンウインズは栗東・藤原英昭厩舎の4歳牝馬で、父フジキセキ、母サクラサク2(母の父デインヒル)。通算成績は11戦6勝となった。
レース後のコメント
1着 エイジアンウインズ 藤田伸二騎手
「ハナには行きたくないと思っていました。府中のマイルを逃げ切るのは難しいですからね。馬込みからの競馬をしたかったのですが、思い通りの競馬が出来ました。4コーナーでも手応え十分で一瞬でも空いたところに突っ込めるような感じでした。折り合いもつくし上手に走ってます。スタッフがきっちりと仕上げてくれましたね」
2着 ウオッカ 武豊騎手
「残念でした。勝ったと思ったんですが…。追い出すのをギリギリまで我慢してそこからすごい脚を使ってくれたんですが、最後に伸びが止まってしまいました。ドバイでもそうだったんですが、最後に伸びがなくなってしまいましたね。このメンバーなら勝たなければいけなかったけど残念です」
3着 ブルーメンブラット 後藤浩輝騎手
「絶好の位置取りでいい手応えだったんだけど…勝った馬を褒めるべきかな。距離は1600メートルがギリギリという感じで坂上で止まってしまいました。ただ内容としてはいいレースでしたよ」
4着 ヤマニンメルベイユ 柴山雄一騎手
「他の馬が行かなければハナに行くことも考えていました。流れにもうまく乗れてすごい良いレースが出来ました。離されてもよく踏ん張っていましたよ。手前をもっと素直に替えてくれれば、もっと違ったかもしれません」
5着 ニシノマナムスメ 吉田隼人騎手
「ペースが遅くなると思っていたので、あの位置取りも考えていました。折り合いもスムーズについて、いい所を走れましたが、終いの勝負になってしまうと一線級相手ではまだ苦しいですね。それでも前に行ってよく粘っていました。勝った馬は強かったですね」
7着 ジョリーダンス 安藤勝己騎手
「パッと外に出られれば良かったんだけど、もたついているうちに外から入られてしまいました。終いが早くなりすぎると辛いし、もっと言えば行っちゃえば良かったかも」
10着 タニノハイクレア 的場勇人騎手
「スタートで少し寄られて下げざるをえませんでした。もう少し前で競馬をしたかったので、それが最後まで響きましたね」
11着 レインダンス 武幸四郎騎手
「この間よりずっと良くなっていたけど、まだ踏ん張れないね。考えていた通りのレースはできたけど…。この春では一番頑張っていたけどまだ先かな」キね。皐月賞で負けて、却って凄く気が楽になり、松田博資調教師から『ダービーを勝とうとするな。長めの調教をやれ』という助言をいただいて、その通りにやりましたよ。馬を壊しちゃいけないけど、やれることは全部やってきました。レースは小牧君が本当にうまく乗ってくれた。100点満点ではなく、120点ぐらいのレースでしたね。ゴール板があと40m手前にあったらなぁ……。でも、なんで(単勝)12番人気なんでしょうね? あそこまで人気がないとは思いませんでしたよ。まぁ、満足はしていないけど、今日のところは納得するしかないですね。相手が強かったということです。これまで、うちの厩舎は地方の交流戦が多かったのですけど、これからは表舞台に出て行きますよ。『脱・交流』です(笑)。ベンチャーナインとともに、2頭ともすぐ放牧に出して秋に備えます」
3着 3番ブラックシェル(武豊騎手)
「1コーナーで寄られて、それで引っかかって折り合いを欠いてしまいました。もう少し折り合いをつけたかったので残念です」
4着 9番マイネルチャールズ(松岡正海騎手)
「レース運びは理想通りでした。行けると思ったんですが、勝った馬が強かったですね。調子は良かったんですが、東京の長い直線がまだこの馬には堪える感じですね」
5着 10番レインボーペガサス(安藤勝己騎手)
「ちょっと流れが遅かったので、リズム良く走らせようと自分から仕掛けました。ただ、もうひと伸びあればという感じでしたね。でも、昔と比べたら馬がずいぶん落ち着いてきていましたよ」
8着 15番フローテーション(藤岡佑介騎手)
「今日は馬の状態も良く、出たなりで競馬をしました。もう少しリラックスして走れば、もっと切れたと思います」
10着 5番アグネススターチ(赤木高太郎騎手)
「逃げずに2~3番手で行くことも考えていました。それでも折り合いはつきましたし、この先力がついてくればもっとやれると思います」
12着 17番ショウナンアルバ(蛯名正義騎手)
「完璧なレースはできたけど、やっぱり距離だね。折り合いはつけられたけど、最後は泳いでしまいました。何とかもたせようとしたんだけど」
16着 6番モンテクリスエス(福永祐一騎手)
「落ち着いていたし、ゲートもうまく出られました。でも最後はいっぱいいっぱいになってしまいました。デキは良かったのですが、馬場も力がいる状態でしたし、まだ力をつけているところなのかもしれません」
【アラカルト】
■変則2冠
前走でNHKマ

予想動画
関連記事
関連つぶやき