京都新聞杯(2008/05/10) のレース情報

基本情報
京都芝・右外2200M
開催
第03回 京都05日目
コース
京都芝・右外2200M
クラス
オープンGⅡ(馬齢
レースNO
11 R
天候馬場
雨 稍
条件
サ3才(混)(指)
頭数
16
発走時刻
15:45
回次
第 56 回
本賞金(万
5,400 - 2,200 - 1,400 - 810 - 540
レース名
京都新聞杯 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 404 M
勝ちタイム:2.18.4
平均ペース
-27 (-75+48)
前半5F:
1.03.7
後半3F:
36.1
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 岩田康誠 56.0 2.18.4 35.8 -6--5--7--4 2 3.6 マンハッタンカフェ / アンノウンウォーターズ 栗) 西橋豊治 456 +2 11 6
02 アタマ 鮫島良太 56.0 2.18.4 35.9 -2--3--7--4 9 18.7 シンボリクリスエス / レディバラード 栗) 藤原英昭 494 +2 5 3
03 アタマ 藤岡佑介 56.0 2.18.4 36.1 -1--1--1--1 6 16.4 グラスワンダー / フラワーケープ 栗) 宮徹   492 0 4 2
04 11/2 田中学 56.0 2.18.6 35.6 11-11-13-13 11 29.8 クロフネ / オーバルカット 栗) 鮫島一歩 454 +4 3 2
05 3/4 武豊 56.0 2.18.7 36.4 -2--2--3--2 1 3.6 オペラハウス / カルメン 栗) 佐藤正雄 468 -2 8 4
06 21/2 佐藤哲三 56.0 2.19.1 35.9 14-15-15-13 4 10.2 アドマイヤベガ / アンデスレディー 栗) 佐々木晶 480 -4 13 7
07 ハナ 長谷川浩 56.0 2.19.1 36.3 -5--5-10--9 12 30.2 Kingmambo / Little Firefly 栗) 森秀行  480 -4 1 1
08 11/4 武幸四郎 56.0 2.19.3 37.0 -2--3--2--2 13 32.1 ファルブラヴ / サファイヤコースト 栗) 音無秀孝 494 -4 15 8
09 1/2 酒井学 56.0 2.19.4 36.6 11-11--9-10 15 238.9 ラムタラ / クリノマチルダ 栗) 武田博  424 +2 9 5
10 アタマ 角田晃一 56.0 2.19.4 36.8 -7--7--5--7 5 14.6 シーロ / エトアールピオン 栗) 須貝尚介 514 -2 7 4
11 11/4 川原正一 56.0 2.19.6 37.0 -9--7--5--7 7 16.4 シンボリクリスエス / プレイズポーラ 栗) 池江泰郎 484 +8 10 5
12 クビ 浜中俊 56.0 2.19.7 36.8 14-14-10-10 14 57.9 メイショウオウドウ / メイショウベルバラ 栗) 本田優  480 -2 16 8
13 アタマ 和田竜二 56.0 2.19.7 37.3 16-16--3--4 8 18.1 カリズマティック / イナズマクロス 栗) 松元茂樹 448 +2 14 7
14 小林徹弥 56.0 2.20.9 38.0 -7--7-13-10 16 257.2 メイショウドトウ / マリンパンサー 栗) 目野哲也 496 -2 6 3
15 四位洋文 56.0 2.21.6 38.5 11-11-10-15 3 7.1 キングヘイロー / ヘイセイレモン 栗) 昆貢   448 +12 12 6
16 21/2 上村洋行 56.0 2.22.0 38.5 -9-10-15-16 10 21.8 Seeking the Gold / シャイアーズエンデ 栗) 松田国英 524 0 2 1
~払い戻し~
単勝 11番 (2人) 3.6 枠連 3-6 (11人) 25.5 複勝 11番(2人)
5番(9人)
4番(6人)
1.7
4.7
3.9
ワイド 5-11(15人)
4-11(7人)
4-5(48人)
13.9
9.6
33.8
3連複 4-5-11 (50人) 158.4 馬連 5-11 (17人) 41.1
3連単 11-5-4 (236人) 795.9 馬単 11-5 (23人) 66.0
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


京都11Rの京都新聞杯(3歳GII・芝2200m)は、2番人気メイショウクオリア(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分18秒4。アタマ差の2着に9番人気ロードアリエスが、アタマ差の3着に6番人気マイネルローゼンがそれぞれ入線。
メイショウクオリアは栗東・西橋豊治厩舎の3歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母アンノウンウォーターズ(母の父Rahy)。通算成績は6戦3勝となった。
レース後のコメント
1着 メイショウクオリア 岩田康誠騎手
「返し馬から落ち着いていました。とにかく乗りやすい馬です。どんなレースでもできそうな感じです。いい脚を長く使えます。この馬場でも切れました。最後も並んで交わされそうななか、粘ってくれたように根性もありますね」
2着 ロードアリエス 鮫島良太騎手
「武豊騎手のブラストダッシュをマークしながらのレースだったのですが、最後は一度は先頭に立ったんですが…。馬ができていなくてもこれだけ走るんですからね。並んでも渋太いですし、走ってきそうです。でも、2着じゃ意味がないんですよ(1勝馬なので)」
3着 マイネルローゼン 藤岡佑介騎手
「悔しいです。こんな馬場なので早めに、と思いました。もう1ハロン遅く後続馬が動いてくると思ったのですが…。3コーナーの坂ももう少しゆっくりと行きたかったですね」
5着 ブラストダッシュ 武豊騎手
「2番手から楽にレースを進めましたが、最後は決め手の差で負けてしまいましたね」
15着 ヒルノラディアン 四位洋文騎手
「走りが軽い馬なので、下が緩いのが堪えましたね。3コーナーでいっぱいいっぱいでした」だった。b1(重)。3/4馬身差2着に1番人気ドラゴンファング、さらに3馬身差で3着に5番人気ネイチャーグロウが入った。
サンクスノートは美浦・二ノ宮敬厩舎の3歳牝馬で、父サクラバクシンオー、母スリーソウツ(母の父Halo)。通算2戦2勝。
~レース後のコメント~
1着 サンクスノート(松岡騎手)
「まだフラフラしてますが、反応もいいし、スピードもありますね。終いもしっかりしていました。距離もマイルくらいまでなら大丈夫でしょう。今後がとても楽しみです」
2着 ドラゴンファング(蛯名騎手)
「レースも上手で、いい感じで走ってました。距離も大丈夫です。ただ、馬場は道悪じゃない方がいいですね。勝ち馬にも一気に来られて、今日は仕方ないですね」
3着 ネイチャーグロウ(高山騎手)
「終い伸びてくれるので、位置取りはあれでよかったのですが、外へ出す時に前がかなり壁になってしまいましたね」
京都6Rの3歳500万下(ダート1200m)は4番人気アナモリ(川田将雅騎手)が道中最後方から直線一気の末脚で優勝。勝ちタイムは1分11秒4(重)。ハナ差2着に3番人気トーセンベルファム、さらにアタマ差で3着に2番人気ミッキーフォルテが入った。1番人気ファルネーゼは4着。
アナモリは栗東・吉田直弘厩舎の3歳牝馬で、父トワイニング、母エクシードワン(母の父ナリタブライアン)。通算8戦2勝。
~レース後のコメント~
1着 アナモ

予想動画
関連記事
関連つぶやき