上賀茂ステークス(2008/05/04) のレース情報

基本情報
京都ダート・右1800M
第03回 京都 04日目
10 R
ダート・右1800M
晴  
3勝クラス特別   サ4上(混)[指] / 定量
上賀茂ステークス
15 頭
15:00発走
本賞金) 1,830 - 730 - 460 - 270 - 183 (万
コース・ラップ
スローペース
直線 329 M
image
直線 329 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.51.1
前半5F:
1.02.2
後半3F:
36.2
ペース:スロー
-60 (-42-18)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 四位洋文 57.0 1.51.1 35.9 -8--7--5--4 2 3.8 Barathea / インターラプション 栗) 大久保龍 488 +10 7 4
02 13/4 岩田康誠 57.0 1.51.4 36.5 -2--2--2--1 3 6.9 サクラバクシンオー / ネクストタイム 栗) 大橋勇樹 498 -4 10 6
03 11/4 武豊 57.0 1.51.6 36.2 11-11--9--8 4 8.7 ホワイトマズル / モザーティアナ 栗) 音無秀孝 588 +2 11 6
04 アタマ 菊地昇吾 57.0 1.51.6 36.4 -4--4--5--6 6 12.1 ハンセル / オオシマピレネー 栗) 宮徹   566 +2 6 4
05 松岡正海 57.0 1.51.8 36.4 -9--9--9--8 7 20.2 ティンバーカントリー / スプリングアリウム 美) 相沢郁  476 -4 3 2
06 3/4 福永祐一 55.0 1.51.9 36.1 13-13-13-12 10 29.2 フジキセキ / エヴリウィスパー 栗) 松元茂樹 472 +18 8 5
07 クビ 武幸四郎 57.0 1.52.0 35.8 14-14-15-15 13 55.8 ホワイトマズル / クインオブウインク 美) 田村康仁 492 0 14 8
08 1/2 上村洋行 57.0 1.52.1 36.8 -6--7--8--8 14 92.8 ダンスインザダーク / ジアーダ 栗) 大久保龍 468 0 9 5
09 ハナ 和田竜二 57.0 1.52.1 37.1 -2--3--3--2 1 3.3 Real Quiet / Pretty Run 栗) 武宏平  504 0 15 8
10 11/4 小林徹弥 57.0 1.52.3 36.8 11-11--9-11 9 28.4 ジェニュイン / アナザーワールド 栗) 小野幸治 490 0 2 2
11 クビ 幸英明 57.0 1.52.3 36.5 15-15-13-12 15 142.8 スペシャルウィーク / ルーズブルーマーズ 美) 牧光二  488 0 12 7
12 クビ 吉田稔 57.0 1.52.4 36.8 -9--9--9-12 12 54.2 ジェイドロバリー / トーヨーシービー 栗) 領家政蔵 486 0 1 1
13 内田博幸 57.0 1.52.7 37.6 -4--4--3--4 8 23.9 サンデーサイレンス / サーモンタイム 美) 萩原清  486 -14 13 7
14 ハナ 田中克典 57.0 1.52.7 37.8 -1--1--1--2 5 8.9 ジェニュイン / ドリーミーアイ 栗) 中竹和也 526 -8 5 3
15 秋山真一 57.0 1.53.2 38.0 -6--6--5--6 11 34.5 アレアズマ / ヤマキヨリーフ 栗) 大橋勇樹 496 0 4 3
単勝 7番 (2人) 3.8 枠連 4-6 (2人) 5.8 複勝 7番(1人)
10番(4人)
11番(5人)
1.6
2.6
2.7
ワイド 7-10(6人)
7-11(7人)
10-11(11人)
6.2
6.3
10.1
3連複 7-10-11 (8人) 34.8 馬連 7-10 (5人) 15.0
3連単 7-10-11 (31人) 159.2 馬単 7-10 (8人) 24.9
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


京都10Rの上賀茂ステークス(4歳上1600万下・ダート1800m)は4角で外から先頭に並びかけた2番人気トーセンアーチャー(四位洋文騎手)が直線の追い比べから抜け出して優勝。勝ちタイムは1分51秒1(良)。1馬身3/4差2着に3番人気ナムラスピード、さらに1馬身1/4差で3着に4番人気クリーンが入った。1番人気サンワードランは9着。
トーセンアーチャーは栗東・大久保龍厩舎の4歳牡馬で、父Barathea、母インターラプション(母の父Zafonic)。通算15戦4勝。
~レース後のコメント~
1着 トーセンアーチャー(四位騎手)
「久々に乗りましたが力をつけています。今日はイメージ通りの楽なレースが出来ました」
2着 ナムラスピード(岩田騎手)
「素直な気性の馬で、調教通り走る馬です」
3着 クリーン(音無師)
「もう少し前がやり合うような流れになってくれればいいのですが…。この上がりの中、よく走っていますよ」
4着 プログレスエバー(菊地騎手)
「外枠が欲しいですね。外に速い馬がいたら被されて、ペースが落ち着いたら内のポケットに入ってしまいますから。外から早め早めのレースをしたいですね。力はあるのですが…」ど、もう一歩だったね」
8着 ステキシンスケクン(中舘騎手)
「折り合っていたんだけどね…。いつもはそこから弾けるんだけど、今日はまったく弾けることがなかったね。左回りはまったく関係ないでしょう」 />4着 ハイカックウ(後藤騎手)
「ずっと外を回らされましたからね。道中は力まずスムース。もうひと脚くらい使うのかと思いましたが、追ってからシュッと出て行きませんでした」塔gム 藤田伸二騎手
「もうノメりまくって、3~4コーナーで手応えがありませんでした」たがってしまいました。ただ、それでもそんなに止まってはいないし、もっと距離があれば違うと思います」たのが痛かったですね。他の馬が傍にいれば、もうひと粘りしてくれたでしょう。まだ、本気で走っていないのかも知れません」
7着 ザレマ 蛯名正義騎手
「ちょっと1400mは忙しいし、馬場の柔らかいところを気にしていました。じりじり伸びてはいるので、もう少し楽について行ければもっと良

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する