五泉特別(2008/05/03) のレース情報

基本情報
新潟芝・左外1600M
第01回 新潟 01日目
12 R
芝・左外1600M
晴  
1勝クラス特別   サ4上(混) / 定量
五泉特別
16 頭
16:05発走
本賞金) 1,050 - 420 - 260 - 160 - 105 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 659 M
image
直線 659 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.33.7
前半5F:
59.9
後半3F:
33.8
ペース:平均
-55 (-71+16)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 村田一誠 57.0 1.33.7 33.5 -------6--5 7 16.5 アグネスタキオン / アグネスチーアフル 栗) 藤岡健一 472 +2 4 2
02 1/2 中舘英二 55.0 1.33.8 33.8 -------3--3 1 3.6 フジキセキ / エグズマキー 美) 鹿戸雄一 494 -8 8 4
03 11/2 川島信二 57.0 1.34.0 34.0 -------3--3 2 5.5 ナリタトップロード / ローズサーカス 栗) 矢作芳人 502 +4 10 5
04 1/2 石橋脩 57.0 1.34.1 33.9 -------8--8 3 6.2 アグネスタキオン / アトムピット 美) 柴崎勇  502 0 2 1
05 アタマ 難波剛健 55.0 1.34.1 33.5 -------8--9 11 69.9 キャプテンスティーヴ / プレジャーホーク 栗) 高橋成忠 480 0 16 8
06 1/2 大野拓弥 57.0 1.34.2 33.4 ------15-14 6 9.9 マヤノトップガン / オークスピリッツ 美) 石毛善彦 446 +6 11 6
07 クビ 三浦皇成 55.0 1.34.2 33.6 ------11-11 5 7.3 ジャングルポケット / ロココスタイル 美) 栗田博憲 440 -6 3 2
08 1/2 浜中俊 57.0 1.34.3 34.3 -------2--2 4 6.6 スペシャルウィーク / パフィオ 栗) 西園正都 476 -10 15 8
09 太宰啓介 57.0 1.34.5 34.2 -------7--5 8 16.6 クロフネ / レディウィンダーメア 栗) 松永幹夫 442 +2 9 5
10 21/2 渡辺薫彦 57.0 1.34.9 35.0 -------1--1 10 31.5 グラスワンダー / パッシングピース 栗) 沖芳夫  490 +8 5 3
11 3/4 安藤光彰 55.0 1.35.0 34.2 ------11-11 9 22.3 スキャターザゴールド / サクラスイートキス 栗) 羽月友彦 446 -6 13 7
12 赤木高太 57.0 1.35.3 34.6 -------8--9 15 160.0 Pulpit / Arcadiana 栗) 森秀行  482 -6 7 4
13 1/2 田中博康 57.0 1.35.4 34.5 ------11-11 13 111.1 キャプテンスティーヴ / ルビーロワイヤル 美) 土田稔  482 +4 14 7
14 21/2 西田雄一 57.0 1.35.8 34.8 ------14-14 16 221.3 オジジアン / セルリアンハナ 美) 天間昭一 474 0 6 3
15 10 梶晃啓 57.0 1.37.4 36.9 -------5--5 14 141.8 サクラバクシンオー / メモラブルグリーン 美) 国枝栄  512 -2 12 6
16 芹沢純一 57.0 1.38.1 36.2 ------16-16 12 97.5 デザートキング / サカイヤレミー 栗) 作田誠二 486 -16 1 1
単勝 4番 (7人) 16.5 枠連 2-4 (3人) 10.9 複勝 4番(9人)
8番(1人)
10番(2人)
5.0
1.6
2.0
ワイド 4-8(19人)
4-10(21人)
8-10(1人)
13.1
15.8
4.1
3連複 4-8-10 (20人) 65.5 馬連 4-8 (17人) 36.4
3連単 4-8-10 (179人) 506.5 馬単 4-8 (42人) 87.2
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


新潟12Rの五泉特別(4歳上500万下・芝1600m)は7番人気アグネストカチ(村田一誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒7。半馬身差の2着に1番人気ダイワチャームが、1馬身半差の3着に2番人気ニキティスがそれぞれ入線。
アグネストカチは栗東・藤岡健一厩舎の4歳牡馬で、父アグネスタキオン、母アグネスチーアフル(母の父Mtoto)。通算成績は6戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 アグネストカチ 藤岡健一調教師
「このぐらいの距離がいいみたいだし、ジョッキーが内をすくってうまく乗ってくれたね。休み明けでこのレースぶりだし、やはり素質はありそうだよ」
2着 ダイワチャーム 中舘英二騎手
「好位でうまく溜めながらよく伸びているけど、外から早めに来られてしまいましたからね」
4着 ケイアイハイタイド 石橋脩騎手
「フワッとすることがあるので直線は我慢して追い出したのですが、思ったほど弾けませんでしたね。前が残る展開でしたしね。放牧を挟んで、状態は良くなっています」船曳騎手)
「スピードはこのクラスでも通用します。控えてもよかったのですが、勢いがついたので行きました。-14キロですが、体はふっくらしていましたよ」エじのレースが出来ました。使われつつよくなってくれれば…」サこから弾けるんだけど、今日はまったく弾けることがなかったね。左回りはまったく関係ないでしょう」 />4着 ハイカックウ(後藤騎手)
「ずっと外を回らされましたからね。道中は力まずスムース。もうひと脚くらい使うのかと思いましたが、追ってからシュッと出て行きませんでした」塔gム 藤田伸二騎手
「もうノメりまくって、3~4コーナーで手応えがありませんでした」たがってしまいました。ただ、それでもそんなに止まってはいないし、もっと距離があれば違うと思います」たのが痛かったですね。他の馬が傍にいれば、もうひと粘りしてくれたでしょう。まだ、本気で走っていないのかも知れません」
7着 ザレマ 蛯名正義騎手

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する