アンタレスステークス(2008/04/27) のレース情報

基本情報
京都ダート・右1800M
開催
第03回 京都02日目
コース
京都ダート・右1800M
クラス
オープンGⅢ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ4上(国)(指)
頭数
16
発走時刻
15:45
回次
第 13 回
本賞金(万
3,900 - 1,600 - 980 - 590 - 390
レース名
アンタレスステークス 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 329 M
勝ちタイム:1.50.5
平均ペース
-40 (-22-18)
前半5F:
1.02.0
後半3F:
36.4
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 小牧太 56.0 1.50.5 36.1 -2--2--3--3 7 19.2 キンググローリアス / ワンダーヘリテージ 栗) 羽月友彦 472 -6 15 8
02 11/4 福永祐一 57.0 1.50.7 36.0 -7--5--5--5 8 28.9 ブライアンズタイム / マジカルウーマン 美) 久保田貴 464 +2 11 6
03 1/2 安藤勝己 58.0 1.50.8 35.5 12-12-12-11 5 14.4 ヘネシー / リアルサファイヤ 栗) 音無秀孝 484 +6 13 7
04 1/2 岩田康誠 56.0 1.50.9 36.8 -1--1--1--1 1 2.6 Fusaichi Pegasus / Heraklia 栗) 安田隆行 492 +12 5 3
05 1/2 下原理 57.0 1.51.0 36.1 -7--5--7--7 13 50.8 ブラックタキシード / ダイタクプルクラ 地) 寺嶋正勝 520 0 12 6
06 ハナ 幸英明 56.0 1.51.0 36.8 -2--2--2--2 9 37.2 アフリート / シェーラザード 栗) 大根田裕 498 -6 9 5
07 武豊 57.0 1.51.2 36.1 13-13--9--7 2 4.6 サクラローレル / ムゲン 栗) 小野幸治 522 +6 3 2
08 3/4 村田一誠 56.0 1.51.3 36.8 -4--2--3--4 14 118.4 ウォーエンブレム / プリマ 栗) 松田博資 524 -2 7 4
09 11/2 藤岡佑介 56.0 1.51.5 36.9 -5--5--5--5 4 8.9 ブライアンズタイム / バロネッセ 栗) 池江泰郎 476 -2 16 8
10 11/4 渡辺薫彦 56.0 1.51.7 36.5 -9--9--9--9 16 296.3 アフリート / ケイエイローズ 栗) 南井克巳 456 -6 4 2
11 1/2 佐藤哲三 56.0 1.51.8 36.4 11-11-14-14 11 47.1 クロフネ / ビクトリアスズラン 美) 尾形充弘 482 -2 6 3
12 3/4 小原義之 57.0 1.51.9 36.2 15-16-16-14 6 15.3 エアジハード / ナナヨーウイング 栗) 小原伊佐 520 +8 1 1
13 21/2 川原正一 56.0 1.52.3 36.8 14-14-14-16 10 43.7 ティンバーカントリー / ホクトブルーバード 美) 武市康男 498 -10 10 5
14 武幸四郎 58.0 1.52.5 37.2 15-14-12-12 3 5.5 マヤノトップガン / ルナースフィア 栗) 武田博  460 -1 2 1
15 長谷川浩 57.0 1.53.0 38.1 -5--5--7--9 12 48.0 キングヘイロー / ヤシマローマン 栗) 吉田直弘 528 0 14 7
16 藤田伸二 56.0 1.53.3 38.1 -9-10--9-13 15 125.8 Pulpit / デアリングダンジグ 美) 加藤征弘 496 -2 8 4
~払い戻し~
単勝 15番 (7人) 19.2 枠連 6-8 (19人) 53.9 複勝 15番(7人)
11番(9人)
13番(6人)
6.1
10.0
5.5
ワイド 11-15(55人)
13-15(33人)
11-13(42人)
65.2
31.6
44.0
3連複 11-13-15 (126人) 550.5 馬連 11-15 (52人) 244.5
3連単 15-11-13 (912人) 5,264.6 馬単 15-11 (100人) 479.2
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


京都11Rのアンタレスステークス(4歳以上・GIII・ダート1800m)は、7番人気ワンダースピード (小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒5。1馬身1/4差の2着に9番人気ドラゴンファイヤーが、1/2馬身差の3着に5番人気サンスライズバッカスがそれぞれ入線。
ワンダースピードは栗東・羽月友彦厩舎の6歳牡馬で、父キンググローリアス、母ワンダーヘリテージ(母の父Pleasant Tap)。通算成績は30戦8勝となった。
レース後のコメント
1着 ワンダースピード 小牧太騎手
「早く先頭に立ちたくなかったので、ゆっくりとハナに立ちました。強かったですね。行く馬が少ないので積極的に行こうと思ってました。ただ先頭に立つと今日もソラを使ってましたね。厩舎スタッフがしっかりと仕上げてくれて良い状態で挑めました。この馬でGIを狙っていきたいと思ってましたが、力をつけてきてますね」
2着 ドラゴンファイヤー 福永祐一騎手
「流れに任せてスムーズに運ばそうと思ってましたが、スタートもうまく出てくれたし、流れにも乗れました。これくらい走っても不思議ない馬ですよ。秋が楽しみです」
3着 サンライズバッカス 安藤勝己騎手
「うまく仕上がっていましたね。ただ一度使ってればもうひと伸びがあったと思います。やはり能力がありますね」
4着 フィフティーワナー 岩田康誠騎手
「スピードがあるから、さーっと行けますし、道中も楽。わからないですね。馬体も良かったですよ」
14着 メイショウトウコン 武幸四郎騎手
「このダートはパサパサすぎますね。全く進んでいきませんでした」ワすが、そこそこには走ってくれますね。やはりダートの方がいいですね」た」たがってしまいました。ただ、それでもそんなに止まってはいないし、もっと距離があれば違うと思います」たのが痛かったですね。他の馬が傍にいれば、もうひと粘りしてくれたでしょう。まだ、本気で走っていないのかも知れません」
7着 ザレマ 蛯名正義騎手
「ちょっと1400mは忙しいし、馬場の柔らかいところを気にしていました。じりじり伸びてはいるので、もう少し楽について行ければもっと良かったですね」パッと外に出られれば良かったんだけど、もたついているうちに外から入られてしまいました。終いが早くなりすぎると辛いし、もっと言えば行っちゃえば良かったかも」
10着 タニノハイクレア 的場勇人騎手
「スタートで少し寄られて下げざるをえませんでした。もう少し前で競馬をしたかったので、それが最後まで響きましたね」
11着 レインダンス 武幸四郎騎手
「この間よりずっと良くなっていたけど、まだ踏ん張れないね。考えていた通りのレースはできたけど…。この春では一番頑張っていたけどまだ先かな」キね。皐月賞で負けて、却って凄く気が楽になり、松田博資調教師から『ダービーを勝とうとするな。長めの調教をやれ』という助言をいただいて、その通りにやりましたよ。馬を壊しちゃいけないけど、やれることは全部やってきました。レースは小牧君が本当にうまく乗ってくれた。100点満点ではなく、120点ぐらいのレースでしたね。

予想動画
関連記事
関連つぶやき