オーストラリアトロフィー(2008/04/26) のレース情報

基本情報
京都芝・右外1800M
第03回 京都 01日目
11 R
芝・右外1800M
曇  
オープン特別
サ4上(国)[指] / 別定
オーストラリアトロフィー
15 頭
15:45発走
本賞金) 2,400 - 960 - 600 - 360 - 240 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 404 M
ペース平均:
-2
内枠好走:
1
勝タイム:
1.47.4
前半5F:
1.00.9
後半3F:
34.2
ペース:平均
-50 (-80+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 武豊 56.0 1.47.4 33.4 -------7--8 1 3.1 マヤノトップガン / リターンキャスト 栗) 石坂正  476 0 6 4
02 ハナ 福永祐一 57.0 1.47.4 33.5 -------7--6 2 3.1 グラスワンダー / サクラメガ 栗) 友道康夫 482 -4 14 8
03 13/4 藤田伸二 56.0 1.47.7 33.6 -------9--8 3 7.1 ダンスインザダーク / ヒドゥンダンス 栗) 藤原英昭 490 -4 11 6
04 クビ 小牧太 56.0 1.47.8 33.4 ------13-11 10 48.2 サンデーサイレンス / マチカネベニザクラ 栗) 庄野靖志 472 +4 15 8
05 アタマ 藤岡佑介 56.0 1.47.8 34.3 -------3--3 4 9.4 サンデーサイレンス / ニキーヤ 栗) 池江泰郎 482 -2 10 6
06 3/4 佐藤哲三 56.0 1.47.9 33.5 ------15-11 12 67.7 ウォーエンブレム / アズサユミ 美) 手塚貴久 504 +10 13 7
07 アタマ 川田将雅 57.0 1.47.9 34.2 -------4--6 13 79.2 サンデーサイレンス / ボブズディレンマ 栗) 中村均  492 -2 1 1
08 1/2 鮫島良太 56.0 1.48.0 33.7 ------12-11 14 136.0 ペンタイア / スケアヘッドライン 美) 佐藤吉勝 452 -6 7 4
09 クビ 池添謙一 55.0 1.48.1 34.9 -------1--1 11 59.5 Sunday Silence / Phantom Creek 美) 松山将樹 504 -2 8 5
10 3/4 安藤勝己 56.0 1.48.2 34.2 -------9--8 6 14.3 マヤノトップガン / グリタリングフラワ 栗) 鮫島一歩 494 0 12 7
11 クビ 武幸四郎 54.0 1.48.2 34.6 -------4--3 5 9.9 ダンスインザダーク / レン2 栗) 宮徹   490 +10 5 3
12 クビ 上村洋行 55.0 1.48.3 33.9 -------9-14 9 45.7 ヘクタープロテクター / エアベリーニ 栗) 加用正  508 +4 2 2
13 3/4 幸英明 55.0 1.48.4 33.9 ------13-14 8 36.3 タニノギムレット / タッチオブゴールド 美) 戸田博文 478 0 9 5
14 岩田康誠 55.0 1.48.7 35.3 -------2--2 7 16.4 サンデーサイレンス / スカイロケット2 美) 萩原清  484 -6 4 3
15 長谷川浩 56.0 1.49.2 35.6 -------4--3 15 211.5 ジェニュイン / ユニバース 栗) 本田優  534 +12 3 2
単勝 6番 (1人) 3.1 枠連 4-8 (1人) 4.8 複勝 6番(2人)
14番(1人)
11番(3人)
1.4
1.3
1.9
ワイド 6-14(1人)
6-11(5人)
11-14(2人)
2.0
5.6
4.0
3連複 6-11-14 (2人) 13.1 馬連 6-14 (1人) 5.1
3連単 6-14-11 (4人) 50.0 馬単 6-14 (1人) 10.2
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


京都11Rのオーストラリアトロフィー(4歳以上オープン・芝1800m)は、1番人気オーシャンエイプス(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒4。ハナ差の2着に2番人気サクラメガワンダーが、1馬身3/4差の3着に3番人気トーホウアランがそれぞれ入線。
オーシャンエイプスは栗東・石坂正厩舎の4歳牡馬で、父マヤノトップガン、母リターンキャスト(母の父ノーザンテースト)。通算成績は10戦5勝となった。
レース後のコメント
1着 オーシャンエイプス 武豊騎手
「今日はある程度のポジションを取りたかったのでスタートには細心の注意を払いました。少し行きたがるところがありましたが、そこを抑えて直線は内を狙いました。久々にこの馬らしい伸びを見せてくれましたね」
2着 サクラメガワンダー 福永祐一騎手
「2完歩目で躓いて、思っていたより一頭分後ろのポジションになりました。でも、3コーナーはうまく下り坂を使って、最後も止まっていません。馬が金杯のときよりしっかりしています。今後も楽しみです」
4着 マチカネオーラ 小牧太騎手
「うまくためられた分、最後の伸びにつながりました。直線は内で詰まりましたが、それがなければ3着はあったと思います」
5着 ニルヴァーナ 藤岡佑介騎手
「スムースにレースが運べて、折り合いもしっかりついて、直線も真っ直ぐ走っていました。レースが上手くて崩れない馬ですね」にかわいそうな競馬をしてしまったかもしれませんね」ィモール 四位洋文騎手
「最後までしっかり伸びていました。トレーナーからもゲートを出た感じでいいと言われていたので終いを活かす形になりました。いい脚を使っていますし、競馬を覚えてきています。小さいけど利口な馬ですし、これからもっと良くなりますよ」
奥平雅士調教師
「トモの緩い馬なので、ゆっくり上がっていってもらうレースをしてもらいました。この馬はもっともっと力がついてくると思いますよ。大事に使っていこうと思っています」
5着 アルヴィス 川田将雅騎手
「3コーナーで不利があって馬の気持ちが切れてしまった。気持ちが一度つまづくと止めてしまう馬なので、あれが全てだね」
15着 ハーベストシーズン 田中勝春騎手
「手前がかえられなくて・・かえようとしてもかえられないって感じでした。その間に馬が嫌がってしまった」されているということを感じました。これからも頑張っていきたいですね」
8着 アグネスミヌエット 四位洋文騎手
「ちょっとイレ込んでいて、しかも思ったよりうまくゲートを出てしまいました。それで折り合いがつくまでに3コーナーくらいまでかかってしまいました」
10着 サワヤカラスカル 浜中俊騎手
「あま

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する