メルボルントロフィー(2008/04/26) のレース情報

基本情報
京都芝・右2000M
開催
第03回 京都01日目
コース
京都芝・右2000M
クラス
1600万特別(定量
レースNO
10 R
天候馬場
曇 良
条件
サ4上(混)[指]
頭数
14
発走時刻
15:10
本賞金(万
1,830 - 730 - 460 - 270 - 183
レース名
メルボルントロフィー 
コース・ラップ
平均ペース
直線 328 M
勝ちタイム:1.59.0
平均ペース
-14 (-43+29)
前半5F:
1.00.3
後半3F:
34.8
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 四位洋文 57.0 1.59.0 34.7 -3--3--2--2 4 6.8 マンハッタンカフェ / デック 栗) 浅見秀一 532 +6 4 3
02 3/4 安藤勝己 57.0 1.59.1 34.3 12-11--8--6 1 3.8 サンデーサイレンス / ベガ 栗) 松田博資 444 +2 3 3
03 クビ 藤田伸二 57.0 1.59.2 34.4 -9--9--8--6 8 20.8 サンデーサイレンス / クイーンモード 美) 藤沢和雄 534 -8 2 2
04 3/4 福永祐一 57.0 1.59.3 34.8 -6--6--4--4 12 69.1 マリエンバード / エナジートウショウ 栗) 中村均  502 -2 1 1
05 1/2 渡辺薫彦 57.0 1.59.4 34.7 -6--6--7--6 5 7.7 マヤノトップガン / ネスカベミューズ 栗) 村山明  484 -2 8 5
06 1/2 武豊 57.0 1.59.5 34.2 14-14-12-14 3 5.6 サンデーサイレンス / アグネスセレーネー 栗) 長浜博之 500 -2 5 4
07 クビ 田中剛 57.0 1.59.6 34.5 11-11-12-11 9 21.8 サンデーサイレンス / カーリング 美) 加藤征弘 520 -6 7 5
08 11/4 岩田康誠 55.0 1.59.8 35.6 -1--1--1--1 11 38.3 ステイゴールド / グレースマリヤ 栗) 宮徹   424 +6 9 6
09 11/4 藤岡佑介 57.0 2.00.0 35.5 -3--3--4--4 2 4.6 Swain / Absurde 栗) 藤岡健一 498 +2 6 4
10 アタマ 芹沢純一 57.0 2.00.0 34.8 -6--6-12-12 6 14.3 マンハッタンカフェ / バンディラス 栗) 新川恵  516 +2 10 6
11 11/2 石橋守 57.0 2.00.2 35.2 -9--9-10-10 14 92.5 サンデーサイレンス / フラワーパーク 栗) 野中賢二 486 -2 11 7
12 31/2 川田将雅 57.0 2.00.8 35.7 12-13-10-12 13 82.1 スターオブコジーン / イートンカラー 栗) 田中章博 510 +6 13 8
13 酒井学 55.0 2.01.0 36.4 -3--3--4--6 7 20.5 アドマイヤベガ / ニホンピロステージ 栗) 服部利之 474 +8 14 8
14 幸英明 57.0 2.01.8 37.5 -2--2--2--3 10 22.0 ダンスインザダーク / ブリーダーズフライト 美) 伊藤圭三 480 +8 12 7
~払い戻し~
単勝 4番 (4人) 6.8 枠連 3-3 (5人) 14.4 複勝 4番(5人)
3番(2人)
2番(10人)
2.4
1.9
5.9
ワイド 3-4(6人)
2-4(34人)
2-3(14人)
6.6
26.0
14.4
3連複 2-3-4 (39人) 119.2 馬連 3-4 (6人) 16.1
3連単 4-3-2 (202人) 639.6 馬単 4-3 (14人) 35.4
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


京都10Rのメルボルントロフィー(4歳以上1600万下・芝2000m)は、4番人気マンハッタンスカイ(四位洋文騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒0。3/4馬身差の2着に1番人気キャプテンベガが、クビ差の3着に8番人気キングアーサーがそれぞれ入線。
マンハッタンスカイは栗東・浅見秀一厩舎の4歳牡馬で、父マンハッタンカフェ、母デック(母の父Go for Gin)。通算成績は24戦4勝となった。
レース後のコメント
1着 マンハッタンスカイ 四位洋文騎手
「距離が長いかと思っていましたが、内枠で内回りのレースだったので、前目で積極的にレースを進めました。思い通りのレースができました。以前より馬はしっかりしていました」
2着 キャプテンベガ 安藤勝己騎手
「向正面でペースが落ち着いたとき、折り合いを欠いてしまいましたね」
4着 マイネルダイナモ 福永祐一騎手
「ロスなく内枠でレースができました。でも今日は休み明けで器用に動けませんでしたからね。絞れれば変わってくるでしょう」
5着 ホッコーパドゥシャ 渡辺薫彦騎手
「ズブいですね。その割にはよく来ています。もう少し前でレースを運びたかったのですが、ゲートで少し待たされたこともあったかも知れません」す」
6着 トウカイオスカー 後藤浩輝騎手
「ゲートに先に入っているときにファンファーレが鳴って、驚いて遅れてしまった。その後はよく差を詰めているだけに…」
10着 ダンスオールナイト 三浦皇成騎手
「3コーナーでペースが上がったときに、外を回る形になってしまいましたからね。それに小回りよりも広いコースの方がいいようです」
11着 ヴィクトリアアイ 赤木高太郎騎手
「折り合いをつけようと思ったが、位置取りが少し後ろすぎましたね。もう少し前でレースができればよかったのですが…」他の馬が傍にいれば、もうひと粘りしてくれたでしょう。まだ、本気で走っていないのかも知れません」
7着 ザレマ 蛯名正義騎手
「ちょっと1400mは忙しいし、馬場の柔らかいところを気にしていました。じりじり伸びてはいるので、もう少し楽について行ければもっと良かったですね」パッと外に出られれば良かったんだけど、もたついているうちに外から入られてしまいました。終いが早くなりすぎると辛いし、もっと言えば行っちゃえば良かったかも」
10着 タニノハイクレア

予想動画
関連記事
関連つぶやき