皐月賞(皐月)(2008/04/20) のレース情報

基本情報
中山芝・右2000M
開催
第03回 中山08日目
コース
中山芝・右2000M
クラス
オープンGⅠ(定量
レースNO
11 R
天候馬場
曇 良
条件
サ3才牡・牝 (指)
頭数
18
発走時刻
15:40
回次
第 68 回
本賞金(万
9,700 - 3,900 - 2,400 - 1,500 - 970
レース名
皐月賞 
呼び名・略称 →追加申請
皐月 
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
勝ちタイム:2.01.7
平均ペース
-33 (-62+29)
前半5F:
1.01.4
後半3F:
35.2
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 川田将雅 57.0 2.01.7 35.2 -1--1--1--1 7 17.1 アグネスタキオン / エアトゥーレ 栗) 森秀行  446 -18 6 3
02 21/2 柴田善臣 57.0 2.02.1 34.7 12-11-11--8 6 16.7 ゴールドアリュール / カズミハルコマ 美) 大江原哲 498 -6 1 1
03 ハナ 松岡正海 57.0 2.02.1 35.0 -9--9--8--6 1 3.1 ブライアンズタイム / マイネプリテンダー 美) 稲葉隆一 450 -2 9 5
04 クビ 安藤勝己 57.0 2.02.1 34.3 13-13-15-13 5 13.5 アグネスタキオン / ギャンブルローズ 栗) 鮫島一歩 480 -6 5 3
05 クビ 幸英明 57.0 2.02.2 35.5 -2--2--2--2 15 43.9 メジロライアン / マルシンアモン 美) 天間昭一 460 -2 16 8
06 ハナ 武豊 57.0 2.02.2 34.8 -9-11-11--8 2 5.6 クロフネ / オイスターチケット 栗) 松田国英 530 -2 10 5
07 13/4 藤岡佑介 57.0 2.02.5 35.5 -4--5--6--4 8 18.7 アグネスタキオン / ソニンク 栗) 橋口弘次 464 -6 14 7
08 3/4 横山典弘 57.0 2.02.6 35.4 -6--7--8--8 9 21.7 トワイニング / アーネストデザイア 美) 岩戸孝樹 430 -16 3 2
09 アタマ 小牧太 57.0 2.02.6 35.8 -2--3--2--3 4 11.4 タニノギムレット / シーセモア 美) 小桧山悟 472 +2 2 1
10 1/2 岩田康誠 57.0 2.02.7 35.8 -4--3--4--4 14 38.9 フジキセキ / アランセラ 栗) 池江泰郎 454 -6 15 7
11 11/4 内田博幸 57.0 2.02.9 35.2 16-16-15-15 11 25.2 スペシャルウィーク / ダイイチフローネ 栗) 橋口弘次 482 -6 17 8
12 クビ 池添謙一 57.0 2.02.9 35.4 13-15-14-13 10 22.7 コマンダーインチーフ / テーケーレディー 栗) 山内研二 514 -2 8 4
13 アタマ 武士沢友 57.0 2.02.9 34.9 18-18-17-15 16 61.8 エイシンサンディ / グラッドハンド 美) 小桧山悟 482 -2 12 6
14 11/4 蛯名正義 57.0 2.03.1 36.1 13-13--6--8 3 7.0 ウォーエンブレム / シャンラン 美) 二ノ宮敬 482 0 18 8
15 1/2 吉田隼人 57.0 2.03.2 36.0 -9--9--8-12 13 33.9 アグネスデジタル / ダイイチアピール 栗) 西園正都 464 +4 13 7
16 クビ 武幸四郎 57.0 2.03.2 35.3 17-16-17-15 18 79.5 マンハッタンカフェ / エンジェルインザモーニング 栗) 田所秀孝 476 -10 7 4
17 1/2 後藤浩輝 57.0 2.03.3 36.4 -6--6--4--6 12 33.5 タニノギムレット / ジュピターズジャズ 美) 高橋裕  464 -4 4 2
18 福永祐一 57.0 2.04.1 36.7 -6--7-11-15 17 66.6 ゴールドアリュール / ケイシュウハーブ 栗) 小崎憲  476 -4 11 6
~払い戻し~
単勝 6番 (7人) 17.1 枠連 1-3 (10人) 20.9 複勝 6番(7人)
1番(5人)
9番(1人)
4.3
3.8
1.5
ワイド 1-6(30人)
6-9(6人)
1-9(4人)
25.9
10.5
9.4
3連複 1-6-9 (25人) 112.3 馬連 1-6 (38人) 102.6
3連単 6-1-9 (193人) 827.5 馬単 6-1 (74人) 203.0
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


中山11Rの皐月賞(3歳GI・芝2000m)は、7番人気キャプテントゥーレ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒7。2馬身半差の2着に6番人気タケミカヅチが、ハナ差の3着に1番人気マイネルチャールズがそれぞれ入線。
スタート直後から押して先頭に立ったキャプテントゥーレ。ブラックシェルやショウナンアルバが控えたことでマイネルチャールズも中団からの競馬となった。平均的なペースでレースは流れたが3コーナー付近でショウナンアルバが外から一気に行ったことで中団に位置していた有力各馬が一気に動いた。しかし4コーナー手前でショウナンアルバの手応えが怪しくなると、間を割ってマイネルチャールズが進出。しかし、直線に向いたときにはすでにキャプテントゥーレのリードはセフティーリードだった。鞍上の川田将雅騎手はこれが初のGI勝利となった。川田騎手は初重賞制覇の際も逃げ切り勝ちだった(2006年小倉大賞典・メジロマイヤー)。
レース後のコメント
1着 キャプテントゥーレ 川田将雅騎手
「レースでは追い切りほど切れない馬ですし、内に行く馬もいなかったので、思い切って逃げました。道中はいいリズムでしたし、早めに差をひろげようと思って4コーナーで追い出して行きました。直線でターフビジョンを見たらあまりに差がついていて、場内もどよめいていたので、これは勝てるのではと思いましたね。初GI制覇、素直に嬉しいです。馬に『ありがとう』と言いたいです。ダービーでも頑張ってくれると思います」
森秀行調教師
「もともと完成度の高い馬で、賞金的にも十分足りていたので余裕を持って仕上げられました。ただ、馬体は思ったよりも減っていましたね。少しジリッぽい馬なので、こんな馬場も向いたのでしょう。自分から押し切るレースができました。久々のGIですし、縁の深いスキーパラダイスの血統で勝てたことも嬉しいですね。ダービーでも自分のレースをするだけです」
2着 タケミカヅチ 柴田善臣騎手
「今日は折り合いついて、いい感じだった。気持ちが入っていて出来も良かった。もう少し流れて欲しかったが、仕方ないね」
3着 マイネルチャールズ 松岡正海騎手
「ずいぶん折り合いもついて、もう少し流れてくれれば良かった。馬体は減っていたが、いい感じだった。ダービーに向けては距離延びても問題ないですよ」
4着 レインボーペガサス 安藤勝己騎手
「想定外の競馬になったね。外に出してマクるとは考えていなかった」
5着 レッツゴーキリシマ 幸英明騎手
「流れに乗って渋太く最後まで頑張ってくれました。一瞬だけ2着あるかと思ったが、折り合いつけばこれぐらいはやれる馬。今日も無理に引っ張らずにスムースな競馬をするようにしました。チークピーシズの効果もありましたね」
6着 ブラックシェル 武豊騎手
「馬群の真ん中で動けない位置。直線もう少し弾けるかと思ったけれど弾けなかった。こういう馬場は良くないね」
9着 スマイルジャック 小牧太騎手
「馬なりでいい位置を取って、絶好の手応え。3コーナーで『これは勝てるかも』と思ったぐらい。なのに直線の手前で手応えが急になくなってしまいました。あれっ?という感じでした」
11着 フローテーション 内田博幸騎手
「のめっていた。良の方がいいね」
14着 ショウナンアルバ 蛯名正義騎手
「今日は中団から進めたが、フットワークはバラバラ。コントロールがきかなかった。気性の問題だね」J川騎手)
「3コーナーで流れも落ち着いたし、楽な流れになったのですが、離れたところから来られてしまって踏ん張れなかったです。競り合う形ならまた違ったと思います」
4着 ファルネーゼ(佐藤哲騎手)
「ゲートが開いた時に馬が横を向いてしまって…。あとはスムースな競馬だったけど、あそこまでやれたのだから、そこが悔やまれます。でもすぐにチャンスは来るでしょう」向くまではいいところへ来ていると思ったんですが、あれだけ寄られては可愛そうですね。仕方ありません」
9着 マイネレーツェル(武豊騎手)
「直線でもの凄く切れてくれてひょっとしたらと思ったんですけどね。でも、そこで外から来られてしまいました。残念です」
13着 ハートオブクィーン(幸騎手)
「ちょっと距離が長かったかな。4コーナーまではいい感じだったけど…」
17着 エアパスカル(藤岡佑騎手)
「自分のペースでベストな形をつくって行けました。3コーナーまではリラックスして行けましたが、外から来られた時に反応がなくなってしまいました」Aグネスタキオン産駒
ディープスカイはアグネスタキオン産駒。先週行われたセントライト記念(ダイワワイルドボア)に続き、アグネスタキオン産駒が菊花賞トライアルを連勝した。br />■社台スタリオンステーション
ダイワスカーレットは社台スタリオンステーションに繋養されているアグネスタキオンの産駒。今年のJRAGI22競走は、すべて社台スタリオンステーションに繋養されている種牡馬(種付け当時)の産駒が優勝を果たした。
■5度目の有馬記念
コスモバルクは今年で5年連続の出走。有馬記念出走回数の最多タイ記録(4頭め)となった。また、JRAGI出走回数は18回となり、イーグルカフェと並ぶ歴代2位タイに躍り出た。なお、1位はステイゴールドで19回。

予想動画
関連記事
関連つぶやき