尾頭橋特別(2008/03/23) のレース情報

基本情報
中京芝・左1800M
第01回 中京 08日目
12 R
芝・左1800M
晴  
2勝クラス特別   サ4上(混) / ハンデ
尾頭橋特別
16 頭
16:00発走
本賞金) 1,430 - 570 - 360 - 210 - 143 (万
コース・ラップ
平均ペース
レース当日の降水強度(mm/h)
直線 412.5 M
勝タイム:
1.46.4
前半5F:
59.5
後半3F:
35.2
ペース:平均
17 (-13+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 津村明秀 56.0 1.46.4 34.6 -8--6--7--4 4 6.8 タニノギムレット / シルバーネックレス 栗) 松田博資 454 0 9 5
02 菊沢隆徳 54.0 1.46.7 35.5 -1--1--1--1 2 4.2 マンハッタンカフェ / エルソル 美) 武藤善則 474 -2 15 8
03 クビ 川島信二 51.0 1.46.7 34.6 10-11-11--9 8 31.8 ブライアンズタイム / キャットクイル 栗) 中竹和也 460 0 3 2
04 クビ 松田大作 53.0 1.46.8 34.4 16-15-15-12 13 53.1 サンデーサイレンス / エリモシック 栗) 沖芳夫  482 -4 5 3
05 クビ 安藤光彰 55.0 1.46.8 35.3 -2--2--4--2 5 8.0 タイキシャトル / サンタママ 栗) 松永幹夫 468 -2 1 1
06 11/4 太宰啓介 54.0 1.47.0 34.6 13-13-15-12 9 34.1 Smart Strike / アイシャパウエル 栗) 長浜博之 454 -4 8 4
07 梶晃啓 52.0 1.47.2 35.1 13-13-11--9 12 41.6 アグネスカミカゼ / ニットウコメット 栗) 梅田康雄 466 +6 4 2
08 3/4 石橋脩 53.0 1.47.3 35.6 -5--5--5--4 6 16.0 スペシャルウィーク / アマートベン 栗) 西園正都 424 -18 2 1
09 11/4 田中健 51.0 1.47.5 35.2 15-15-13-15 7 22.5 タバスコキャット / タケイチイチホース 栗) 福島信晴 474 -2 7 4
10 1/2 芹沢純一 54.0 1.47.6 36.2 -2--2--2--2 10 35.3 サンデーサイレンス / ビワプリムラ 栗) 橋田満  486 0 6 3
11 11/4 鮫島良太 56.0 1.47.8 36.0 10--9--7--8 3 5.9 ロドリゴデトリアーノ / スプリングマドンナ 栗) 野村彰彦 492 0 11 6
12 3/4 中村将之 51.0 1.47.9 36.2 -7--6--5--4 16 103.3 ラストタイクーン / シンコマンチラン 栗) 新川恵  472 -14 12 6
13 21/2 北村友一 52.0 1.48.3 36.3 12-11--9-12 14 91.3 ジェイドロバリー / ボンヌシャンス 栗) 庄野靖志 506 -4 13 7
14 1/2 生野賢一 54.0 1.48.4 36.5 -8--9--9-11 15 92.9 ダイナガリバー / ハドリセンプー 栗) 武宏平  508 +2 10 5
15 的場勇人 54.0 1.49.9 37.6 -5--6-13-16 11 38.5 ラムタラ / オオシマソフィー 栗) 田島良保 498 -2 16 8
16 3/4 中舘英二 57.0 1.50.0 38.6 -2--2--2--4 1 3.5 ジャングルポケット / アッサムヒル 栗) 池江泰寿 476 -8 14 7
単勝 9番 (4人) 6.8 枠連 5-8 (8人) 18.2 複勝 9番(4人)
15番(2人)
3番(10人)
2.1
1.8
7.7
ワイド 9-15(6人)
3-9(42人)
3-15(25人)
7.5
33.9
24.5
3連複 3-9-15 (62人) 206.0 馬連 9-15 (7人) 20.6
3連単 9-15-3 (304人) 1,088.2 馬単 9-15 (16人) 43.4
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


中京12Rの尾頭橋特別(1000万下・芝1800m)は、4番人気シルバーブレイズ(津村明秀騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒4。2馬身差の2着に2番人気セラフィックロンプが、クビ差の3着に8番人気ヴィクトリアアイがそれぞれ入線。
シルバーブレイズは栗東・松田博資厩舎の4歳牡馬で、父タニノギムレット、母シルバーネックレス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は10戦3勝となった。
レース後のコメント
1着 シルバーブレイズ 津村明秀騎手
「切れる脚がないと聞いていたので、おっつけて中団前の良い位置につけられました。流れにスムーズに乗れましたし、時計もまずまずでした。上のクラスでも通用しそうです」
2着 セラフィックロンプ 菊沢隆徳騎手
「決め手勝負にしたくなかったのでスローに落とさずに逃げました。力は出していますが勝った馬が強かったです」
3着 ヴィクトリアアイ 川島信二騎手
「芝でも問題なく走れますね。よく伸びてくれました。かかるのを心配して大事に乗りましたが、スムーズに行けました。軽ハンデだから来たという感じではありませんよ。このクラスでもやれそうです」
4着 サイレンスゴールド 松田大作騎手
「スタートで躓いて後方から。脚が溜まって結果的にはよかったのかもしれませんね。気難しそうですが、はまれば良い脚を使いそうです」まり使い込むと良くない馬なのかなぁ。休み明け初戦や2戦目のときと違ったよ」ションが上がってくれば、前に行くんでしょうが…」ス。道中はうまく捌いて伸びてくれましたよ。このクラスはすぐ勝てるんじゃないですかね」4コーナーで外から馬が来た時にハミを噛んで力んでしまった。展開も味方してくれたから。でも次がどうかとは言えない馬だよ」
7着 オーシャンエイプス(後藤騎手)
「ゲート入りで、周りでゴトゴトしてスタートのタイミングが合わなかった。ペースも遅く、動くに動けなかった。ペースと久々もあったね」
8着 マルカシェンク(福永騎手)
「先週のスズカフェニックスより酷かった。躓いて落馬寸前。スタートが全て」
14着 ピンクカメオ(内田博騎手)
「もう少し前で競馬をしたかったけれど、外から外から被せられて後ろになってしまった。ゲートをまともに出られたのは大きかった」ませんでしたが、ホッとしました。デキよく送り出せましたし、幸騎手もうまく乗ってくれました。距離が長いかなという気もしますが、折り合いもつきますから、この後はオークスに向かいたいと思います」
8着 トールポピー(池添騎手)
「ゲートもうまく出たし、仕掛けもしてなくて勝ち馬の後ろにつけら

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する