アクアマリンステークス(2008/03/22) のレース情報

基本情報
中山芝・右外1600M
第02回 中山 07日目
10 R
芝・右外1600M
晴  
3勝クラス特別   サ4上(混)[指] / ハンデ
アクアマリンステークス
16 頭
15:05発走
本賞金) 1,830 - 730 - 460 - 270 - 183 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
image
直線 310 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.34.3
前半5F:
58.3
後半3F:
36.0
ペース:平均
50 (34+16)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 内田博幸 55.0 1.34.3 35.5 ----8--7--6 7 15.3 アグネスタキオン / グレイトフルデイ 美) 大久保洋 530 -4 2 1
02 クビ 吉田隼人 55.0 1.34.3 35.4 ---14--7--6 1 4.1 オペラハウス / サンデーブレーヴ 美) 菅原泰夫 466 0 3 2
03 3/4 四位洋文 56.0 1.34.4 35.3 ----8-12--6 3 6.3 タヤスツヨシ / ラテルネ 栗) 鶴留明雄 464 -10 11 6
04 クビ 柴山雄一 55.0 1.34.5 35.5 ---16-10-12 10 30.5 スペシャルウィーク / アカンプリッシュ 美) 秋山雅一 476 -2 1 1
05 1/2 田中勝春 58.0 1.34.6 35.7 ----7--7--6 2 4.7 アグネスタキオン / ペトラ 美) 田中清隆 500 -4 12 6
06 1/2 小林淳一 56.0 1.34.7 35.6 ---13-12-12 13 43.1 サクラバクシンオー / ピュアティー 美) 小林常泰 534 -10 5 3
07 クビ 松岡正海 57.0 1.34.7 36.0 ----3--5--3 4 6.8 Fantastic Light / Rohita 栗) 山内研二 510 +2 7 4
08 11/2 勝浦正樹 54.0 1.34.9 35.7 ---14-15-15 14 56.6 アラジ / ナスターシャ 美) 松永康利 480 -2 10 5
09 アタマ 横山典弘 55.0 1.34.9 36.2 ----6--5--5 5 9.1 フレンチデピュティ / ケイティーズファースト 美) 田中清隆 500 +2 8 4
10 クビ 丹内祐次 54.0 1.35.0 35.9 ----8-12-12 8 19.4 マヤノトップガン / トウキュウアビー 美) 矢野照正 484 -4 15 8
11 3/4 吉田豊 53.0 1.35.1 36.7 ----3--2--2 12 40.8 トウカイテイオー / ダイイチアレキ 美) 菊川正達 484 +6 16 8
12 3/4 蛯名正義 56.0 1.35.2 36.6 ----3--4--3 6 13.9 グラスワンダー / ワルツダンサー 美) 久保田貴 478 -10 4 2
13 クビ 武士沢友 52.0 1.35.3 36.0 ----8-15-15 15 89.2 サンデーサイレンス / グランドクロス 美) 清水利章 468 -4 13 7
14 11/4 田中博康 54.0 1.35.5 36.5 ----8-10--6 9 20.4 フジキセキ / ブルーサヴァンナ 美) 秋山雅一 484 -4 6 3
15 13/4 江田照男 55.0 1.35.8 37.3 ----2--2--6 11 31.6 スキャン / ファーサイト 美) 堀井雅広 468 -10 14 7
16 大差 木幡初広 52.0 1.37.5 39.2 ----1--1--1 16 107.5 Grand Slam / Laguna Seca 美) 二ノ宮敬 496 +4 9 5
単勝 2番 (7人) 15.3 枠連 1-2 (5人) 15.6 複勝 2番(6人)
3番(1人)
11番(4人)
4.2
1.8
2.4
ワイド 2-3(11人)
2-11(27人)
3-11(6人)
11.6
20.5
7.8
3連複 2-3-11 (20人) 87.5 馬連 2-3 (11人) 30.9
3連単 2-3-11 (176人) 635.2 馬単 2-3 (25人) 76.0
該当なし
レース後のコメント


中山10RのアクアマリンS(4歳以上1600万下・芝1600m)は、7番人気グレイトフルタイム(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒3。クビ差の2着に1番人気トーセンクラウンが、3/4馬身差の3着に3番人気トップオブツヨシがそれぞれ入線。
グレイトフルタイムは美浦・大久保洋厩舎の4歳牡馬で、父アグネスタキオン、母グレイトフルデイ(母の父Seeking the Gold)。通算成績は12戦4勝となった。
レース後のコメント
1着 グレイトフルタイム 内田博幸騎手
「いい位置で手応え十分でしたからね。前が開いてスンナリ抜けることができました。力ありますね」
2着 トーセンクラウン 吉田隼人騎手
「スタートで少し下がってしまって、前がバラけて楽な感じだったので早目に外に出したんですが。この馬が一番強いレースをしているんですけどね」
3着 トップオブツヨシ 四位洋文騎手
「ゲートを潜ろうとしたときにゲートが開いて、後ろからになったけど、こんな追い込むレースもできるんだから具合がいいんだろうね。あの位置から伸びるんだから力はあるよ」は2分04秒7。3/4馬身差の2着に3番人気エクスプレスワンが、1馬身1/4差の3着に2番人気サクラデイブレイクがそれぞれ入線。
ヒシクローザーは美浦・加藤和宏厩舎の3歳牡馬で、父マーベラスサンデー、母イチヨシエーコー(母の父マークオブディスティンクション)。通算成績は6戦1勝となった。
レース後のコメント
1着 ヒシクローザー 加藤士津八騎手
「まだ弱い所があったのでダートを使ってきましたが、やはり芝の方が良いですね。行きっぷりが違いました。内で脚を溜められたし、前の馬がフラフラしていたので必ず開くと思っていたら、その通りに開いてくれて上手く抜け出すことができました」なってしまった。もう少し早めから追いたかったので残念です」
5着 アルカザン 池添謙一騎手
「権利を取るために前に行ったが結果的にはもう少し抑えていけばよかったかな。道中手応えがなくなってから、またしぶとく伸びているだけに残念です」
6着 ドリームシグナ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する