1勝 (サ3才) 中山 7R 2008/03/16 のレース情報

基本情報
中山ダート・右1200M
第02回 中山 06日目
7 R
ダート・右1200M
晴   稍重
1勝クラス   サ3才[指] / 馬齢
16 頭
13:20発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 308 M
image
直線 308 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.12.2
前半5F:
59.6
後半3F:
37.3
ペース:平均
-13 (80-93)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 柴田善臣 56.0 1.12.2 37.1 -------3--3 1 1.6 アグネスタキオン / エビスファミリー 美) 大江原哲 480 0 15 8
02 11/2 吉田豊 56.0 1.12.4 36.1 ------15-12 8 43.2 アグネスデジタル / ハルカゼ 美) 奥平雅士 460 -4 5 3
03 11/4 幸英明 56.0 1.12.6 37.0 -------9--7 4 13.4 Johannesburg / ポリーズフリート 美) 尾形充弘 466 +14 6 3
04 鷹野宏史 56.0 1.13.3 38.0 -------5--4 14 307.0 マルターズライオン / ウディバードソング 美) 萱野浩二 484 0 16 8
05 11/4 内田博幸 56.0 1.13.5 38.6 -------1--1 5 15.0 マイネルラヴ / ミサトスパーロング 美) 柴崎勇  484 -4 13 7
06 1/2 三浦皇成 51.0 1.13.6 38.3 -------5--6 11 99.2 スクワートルスクワート / ゴールドラッシュギャル 美) 河野通文 492 -6 12 6
07 3/4 武士沢友 56.0 1.13.7 37.7 ------13-12 13 179.5 オース / トーワパディー 美) 田島俊明 464 -6 1 1
08 3/4 武豊 54.0 1.13.8 38.5 -------5--8 2 5.6 タイキシャトル / ペリウィンクル 美) 堀宣行  462 0 10 5
09 クビ 田中勝春 56.0 1.13.8 37.4 ------15-16 9 62.4 ヘクタープロテクター / ハレルヤ 栗) 浅見秀一 464 -6 9 5
10 クビ 郷原洋司 54.0 1.13.9 38.3 -------9-10 16 571.5 スキャターザゴールド / ノーノーネヴアー 美) 本郷一彦 478 +5 3 2
11 11/2 江田照男 54.0 1.14.1 39.2 -------2--2 6 39.7 ヘクタープロテクター / ロッキーバッハ 美) 清水英克 424 -2 14 7
12 1/2 吉田隼人 56.0 1.14.2 39.1 -------3--4 10 90.8 バチアー / クラシックブルー 美) 二ノ宮敬 450 -18 11 6
13 後藤浩輝 56.0 1.14.7 39.3 -------8--8 3 5.8 スピードワールド / スピードデクタス 美) 和田正一 490 -8 8 4
14 クビ 田中博康 53.0 1.14.8 38.6 ------14-15 7 40.0 アグネスデジタル / エルプラティーノ 美) 松山将樹 464 -12 7 4
15 北村宏司 54.0 1.15.5 39.9 -------9-14 12 115.6 ワカオライデン / デルマローズ 美) 武藤善則 434 0 2 1
16 津村明秀 54.0 1.15.8 40.2 -------9-10 15 382.2 ニューイングランド / コルコバード 美) 斎藤誠  412 -4 4 2
単勝 15番 (1人) 1.6 枠連 3-8 (4人) 6.4 複勝 15番(1人)
5番(6人)
6番(5人)
1.1
5.4
2.8
ワイド 5-15(8人)
6-15(4人)
5-6(24人)
8.8
4.2
26.8
3連複 5-6-15 (19人) 63.6 馬連 5-15 (6人) 21.5
3連単 馬単 15-5 (7人) 26.7
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


中山7Rの3歳500万下(ダート1200m)は1番人気リーサムクラウン(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分12秒2。2着に8番人気メジロオマリーが、3着に4番人気ケイアイスイジンがそれぞれ入線。
リーサムクラウンは美浦・大江原哲厩舎の3歳牡馬で、父アグネスタキオン、母エビスファミリー(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は5戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 リーサムクラウン 柴田善臣騎手
「スタートは本当にドキっとしましたよ。よく落ちずに勝ってくれました。体自体とりたてて成長したとかはないんですが、レース慣れしたのと、なんといってもダートに変わったことで良さが出てきたのでしょう。血統から1600メートルぐらいかと思っているんですが、折り合いがつきますし、距離はこれから確かめていくことになるでしょう。この後使うところがないので、ニュージーランドトロフィーに挑戦するかもしれません」
2着 メジロオマリー 吉田豊騎手
「スタートで挟まれて最後方に下がってしまいました。仕方がないのでそのまま進みましたが、途中から自分でハミをとって行ってくれました。よく伸びましたね。短いところなら走りますね」
3着 ケイアイスイジン 幸英明騎手
「スタートで遅れたのでそこでじっとしていました。その分終いは伸びてくれました。どんな競馬でも出来そうですね」マークオブディスティンクション)。通算成績は6戦1勝となった。
レース後のコメント
1着 ヒシクローザー 加藤士津八騎手
「まだ弱い所があったのでダートを使ってきましたが、やはり芝の方が良いですね。行きっぷりが違いました。内で脚を溜められたし、前の馬がフラフラしていたので必ず開くと思っていたら、その通りに開いてくれて上手く抜け出すことができました」なってしまった。もう少し早めから追いたかったので残念です」
5着 アルカザン 池添謙一騎手
「権利を取るために前に行ったが結果的にはもう少し抑えていけばよかったかな。道中手応えがなくなってから、またしぶとく伸びているだけに残念です」
6着 ドリームシグナル 吉田隼人騎手
「理想通りの位置で進められたが距離が少し長いのかな。4コーナーで手応えは良かったが直線伸びなかった」
7着 レインボーペガサス 内田博幸騎手
「前残りの競馬になってしまったね。折り合いに注意してスムーズにレースができたが結果的に早めに動いた方が良かったのかな」
12着 サダムイダテン 安藤勝己騎手
「この前より馬の状態は良かった。ゲートに不安もあったがひと脚使ってくれる馬なので心配はなかった。道中上に飛んで窮屈

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する