ラジオ関西賞仲春特別(2008/03/09) のレース情報

基本情報
阪神芝・右1400M
第01回 阪神 04日目
10 R
芝・右1400M
晴  
2勝クラス特別   サ4上(混)[指] / 定量
ラジオ関西賞仲春特別
16 頭
15:10発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
平均ペース
レース当日の降水強度(mm/h)
直線 356.5 M
ペース平均:
29
内枠好走:
1
勝タイム:
1.21.8
前半5F:
57.9
後半3F:
36.0
ペース:平均
46 (55-9)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 佐藤哲三 57.0 1.21.8 35.1 -------8--8 3 5.9 マイネルラヴ / ボディラブ 美) 斎藤誠  486 0 4 2
02 1/2 芹沢純一 57.0 1.21.9 35.5 -------3--5 1 3.4 Diktat / With Fervour 栗) 矢作芳人 486 +2 3 2
03 アタマ 吉田隼人 55.0 1.21.9 35.8 -------2--2 5 10.1 アドマイヤコジーン / スプリングハーレー 栗) 中尾秀正 460 +2 5 3
04 クビ 上村洋行 57.0 1.21.9 35.2 -------8--8 4 6.7 サンデーサイレンス / ガゼルロワイヤル 栗) 友道康夫 496 -8 10 5
05 13/4 渡辺薫彦 57.0 1.22.2 35.7 -------6--5 2 4.3 キングヘイロー / フミノセレッソ 栗) 沖芳夫  490 0 16 8
06 1/2 鮫島良太 57.0 1.22.3 35.3 ------10-11 10 31.5 サンデーサイレンス / デアリングダンジグ 栗) 大久保龍 476 +8 2 1
07 アタマ 小林徹弥 55.0 1.22.3 35.2 ------12-11 14 105.8 ダンスインザダーク / ミュゲルージュ 栗) 橋口弘次 472 +8 8 4
08 1/2 石橋守 57.0 1.22.4 36.6 -------1--1 12 90.2 クロコルージュ / シャコージュノー 栗) 湯窪幸雄 426 -2 11 6
09 太宰啓介 57.0 1.22.6 35.4 ------12-13 16 347.3 ジョリーズヘイロー / シーフリージア 栗) 野村彰彦 510 0 1 1
10 クビ 幸英明 57.0 1.22.6 35.2 ------15-13 13 103.8 フサイチソニック / エレガンス 美) 谷原義明 460 +6 14 7
11 11/4 長谷川浩 55.0 1.22.8 36.4 -------3--3 6 11.8 フジキセキ / ロビースレインボウ 栗) 中尾秀正 456 -2 13 7
12 ハナ 熊沢重文 55.0 1.22.8 36.2 -------6--7 8 25.6 コマンダーインチーフ / ミスズアロイ 栗) 加藤敬二 472 +12 9 5
13 クビ 安藤勝己 55.0 1.22.9 35.5 ------14-13 7 14.7 マーベラスサンデー / セイントセーラ 栗) 本田優  464 -4 12 6
14 1/2 川原正一 57.0 1.23.0 35.6 ------15-13 11 58.8 スキャン / チャリタブル 栗) 増本豊  460 0 15 8
15 武英智 57.0 1.23.7 36.7 ------10-10 15 207.0 クロコルージュ / ドリーバード 栗) 山内研二 462 -4 6 3
16 池添謙一 57.0 1.24.0 37.6 -------3--3 9 29.2 アフリート / イージーマインド 栗) 梅田智之 510 -10 7 4
単勝 4番 (3人) 5.9 枠連 2-2 (4人) 11.3 複勝 4番(3人)
3番(1人)
5番(5人)
1.9
1.7
2.9
ワイド 3-4(2人)
4-5(12人)
3-5(10人)
4.7
10.7
9.4
3連複 3-4-5 (8人) 42.2 馬連 3-4 (3人) 12.2
3連単 4-3-5 (54人) 255.6 馬単 4-3 (8人) 30.1
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


阪神10Rの仲春特別(4歳上1000万下・芝1400m)は中団の内々を進んだ3番人気コスモラヴアゲイン(佐藤哲三騎手)が直線内から徐々に追い上げ、ゴール前の追い比べから1/2馬身抜け出して勝利を飾った。勝ちタイムは1分21秒8(良)。2着に1番人気ウィズディクタット、さらにアタマ差で3着に5番人気アドマイヤプルートが入った。
コスモラヴアゲインは栗東・佐々木晶厩舎の6歳牡馬で、父マイネルラヴ、母ボディラブ(母の父キャロルハウス)。通算24戦3勝。
-レース後のコメント-
1着 コスモラヴアゲイン(佐藤哲騎手)
「道中1回必ずどこかでカーッとなってしまうところがあって、今日は3コーナー手前でしたが、早めに起きた方がいいようです。上のクラスなら終いも伸びると思います。以前より自分で気持ちを抑えられるようになってますよ」
2着 ウィズディクタット(芹沢騎手)
「能力は上ですよ。やっぱり走りますね。そのうち勝てると思います」
3着 アドマイヤプルート(吉田隼騎手)
「自分のペースで思い通りに行けました。直線の反応もよかったですよ。ただ残り100mでフワッとしてしまって、惜しかったですね。頑張ってるんですが…」マわらないタイムで、これなら走れるはずですが、前半にハミを噛んだのと斤量を背負っている分でしょうか? 4コーナーはそれでも手応えありましたが、去年ほどグンと来るものはありませんでした」
9着 トーホウアラン(小牧騎手)
「4コーナーでは手応えありましたが、2走目のポカでしょうか?」
10着 ダイレクトキャッチ(的場騎手)
「ポジションは思い通りでしたがペースが落ち着きすぎましたね。馬の雰囲気は悪くなかったのでペースがもっと速くなってほしかったですね」
11着 ニルヴァーナ(角田騎手)
「乗りやすい馬でスッと好位につけられましたが、ペースが遅くて後ろからどんどん来られましたからね」
14着 トウショウパワーズ(安藤光騎手)
「スローペースで外、外を回らされて何も出来ませんでした」なった。
レース後のコメント
1着 グローリーシーズ 福永祐一騎手
「まだ腰に力が付き切ってない感じで一瞬しか脚は使えないと

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する