アメジストステークス(2008/02/24) のレース情報

基本情報
東京芝・左2000M
第01回 東京 08日目
10 R
芝・左2000M
晴  
3勝クラス特別   サ4上(混)[指] / ハンデ
アメジストステークス
14 頭
15:00発走
本賞金) 1,830 - 730 - 460 - 270 - 183 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
image
直線 525 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
2.00.0
前半5F:
1.00.2
後半3F:
35.1
ペース:平均
-14 (-43+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 中舘英二 56.0 2.00.0 35.1 ----2--2--2 6 15.5 エルコンドルパサー / ファイトガリバー 栗) 長浜博之 518 0 6 4
02 クビ 田中勝春 57.5 2.00.0 34.9 ----3--3--3 3 5.7 アグネスタキオン / ペトラ 美) 田中清隆 504 +4 11 7
03 クビ 安藤勝己 58.0 2.00.1 34.4 ----8--7--8 1 2.6 スペシャルウィーク / グロリオーサ 美) 矢野英一 464 -10 1 1
04 クビ 吉田隼人 54.0 2.00.1 34.8 ----5--5--5 2 4.9 オペラハウス / サンデーブレーヴ 美) 菅原泰夫 466 +2 7 5
05 岩田康誠 55.0 2.00.3 35.4 ----1--1--1 4 9.0 ダンスインザダーク / ブリーダーズフライト 美) 伊藤圭三 472 -4 5 4
06 丹内祐次 54.0 2.00.5 34.7 ----9-10--9 9 29.8 マヤノトップガン / トウキュウアビー 美) 矢野照正 488 -8 12 7
07 1/2 ペリエ 57.0 2.00.6 35.3 ----6--5--5 7 16.9 アドマイヤベガ / ボンヌシャンス 美) 萩原清  482 +4 8 5
08 1/2 柴田善臣 54.0 2.00.7 35.5 ----3--3--3 12 66.3 スターオブコジーン / ドクターベローナ 美) 根本康広 476 0 4 3
09 1/2 幸英明 54.0 2.00.8 34.6 ---14-14-14 10 36.9 サンデーサイレンス / アイドリームドアドリーム 栗) 庄野靖志 522 -18 13 8
10 3/4 今野忠成 53.0 2.00.9 34.8 ---12-11-12 14 120.1 ダンスインザダーク / バトルハート 栗) 本田優  494 +4 14 8
11 13/4 石橋脩 54.0 2.01.2 35.3 ----6--8--9 8 19.9 チーフベアハート / コウシュンヒメ 美) 平井雄二 484 +4 3 3
12 11/2 吉田豊 54.0 2.01.4 35.8 ---10--8--7 13 89.7 ドリームウェル / サフィーロ 美) 阿部新生 454 -4 9 6
13 アタマ 菊沢隆徳 56.0 2.01.4 35.3 ---13-11-12 11 55.9 Stormin Fever / Roses n Silks 美) 戸田博文 510 +14 10 6
14 11/2 福永祐一 55.0 2.01.6 35.7 ---10-11--9 5 11.3 スペシャルウィーク / ビューティフルベーシック 栗) 池江泰寿 482 -6 2 2
単勝 6番 (6人) 15.5 枠連 4-7 (7人) 14.0 複勝 6番(6人)
11番(3人)
1番(1人)
3.5
1.8
1.4
ワイド 6-11(18人)
1-6(6人)
1-11(2人)
14.5
7.1
3.5
3連複 1-6-11 (7人) 34.2 馬連 6-11 (16人) 40.8
3連単 6-11-1 (124人) 393.9 馬単 6-11 (39人) 108.6
該当なし
レース後のコメント


東京10Rのアメジストステークス(4歳上1600万下ハンデ・芝2000m)は道中2番手を追走した6番人気ペガサスファイト(中舘英二騎手)が4番手を進んだカイシュウタキオンとの直線の追い比べを制して優勝。一旦前に出られたがゴール前差し返した。勝ちタイムは2分0秒0(良)。クビ差2着に3番人気カイシュウタキオン。さらにクビ差でゴール前外から脚を伸ばした1番人気グロリアスウィークが入った。
ペガサスファイトは栗東・長浜博之厩舎の6歳牡馬で、父エルコンドルパサー、母ファイトガリバー(母の父ダイナガリバー)。通算30戦5勝。
-レース後のコメント-
1着 ペガサスファイト(中舘騎手)
「強かったですね。ケイアイケイマンを目標に2番手からのレースは思っていた通りのレース。しぶとさを生かすレースをしようと思ってそれが出来ましたね。能力の高い馬ですよ」
2着 カイシュウタキオン(田中勝騎手)
「少しノドの鳴る馬で、この距離で乾いた中でよく頑張っている。1度交わしたんだけど、自分が追えないのかなぁ…。乗りやすい馬だし、しっかり走っているんだけど」
3着 グロリアスウィーク(安藤勝騎手)
「ゲート内でモタついて後ろからのレースになった。流れはよかったんだけど、斤量を背負っているせいか、いざ追い出すとモタモタしてスムースに動けなかった」
4着 トーセンクラウン(吉田隼騎手)
「いい感じで直線では内を突こうと思ったんですが、先に入られてしまって少しモタつきました。もったいなかったですね。でも今日のようなレースが出来ればこれから楽しみですよ」
5着 ケイアイケイマン(岩田騎手)
「勝った馬を前にやって2番手からのレースを考えていたのにポンとスタートで出てしまって…何も行かないからね。今日は目標にされてしまったね」
7着 インテレット(ペリエ騎手)
「向正面で引っ掛かって、その分伸び切れなかった。思い切って馬の後ろにつけて行くか、短い距離で先行するとか、そんなレースが合ってるかもしれない」覧」は忙しすぎるね。でも2000mなら上のメンバーとも互角にやれる力はあると思う」
7着 デアリングハート(藤田騎手)
「いい感じでスタートを切ってハナも考えていたけど、ヴィクトリーが来ていたので無理せずに。左回りの行きっぷりはいいし、最後のレース、ハナに行ってもよかったんだけど…。牝馬でこの先もあるので無事で何よりかな」
8着 メイショウトウコン(武幸騎手)
「中京では勝っているとはいえ、左回りはスムースじゃないね。1600mのレースをさせたんだけど、ずっと左手前のままだった」
競走中止 フィールドルージュ(横山典騎手)
「スタートは悪くなかったけど、その後の動きに違和感を感じたので自分から止めました。何もなければいいけど」すね。良くなってくればもっと切れるはずです」
7着 ニューヨーカー 蛯名正義騎手
「体が重かったね。自分の形でレースはできたのに、動きがモタモタしていて3,4コーナーでスッと動けず。反応しなかったね」r />「馬なりでいい位置を取って、絶好の手応え。3コーナーで『これは勝てるかも』と思ったぐらい。なのに直線の手前で手応えが急になくなってしまいました。あれっ?という感じでした」
11着 フローテーション 内田博幸騎手
「のめっていた。良の方がいいね」
14着 ショウナンアルバ 蛯名正義騎手
「今日は中団から進めたが、フットワークはバラバラ。コントロールがきかなかった。気性の問題だね」J川騎手)
「3コーナーで流れも落ち着いたし、楽な流れになったのですが、離れたところから来られてしまって踏ん張れなかったです。競り合う形ならまた違ったと思います」
4着 ファルネーゼ(佐藤哲騎手)
「ゲートが開いた時

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する