シルクロードステークス(2008/02/10) のレース情報

基本情報
京都芝・右1200M
芝・右1200M
晴   稍重
GⅢ   サ4上(国)[指] / ハンデ
第13 回 シルクロードステークス
16 頭
15:45発走
本賞金) 4,100 - 1,600 - 1,000 - 620 - 410 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧予想
コース・ラップ
平均ペース
直線 328 M
image
直線 328 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.09.1
前半5F:
56.8
後半3F:
35.4
ペース:平均
5 (57-52)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 幸英明 56.0 1.09.1 34.0 ------15-12 3 6.5 フジキセキ / ミルグレイン 栗) 長浜博之 500 +6 1 1
02 11/4 藤岡佑介 54.0 1.09.3 34.7 -------8--9 11 65.4 ヘネシー / ウェディングベリー 栗) 宮徹   476 +4 13 7
03 ハナ 岩田康誠 56.0 1.09.3 34.6 ------10-10 5 11.2 Danzig / Autumn Moon 栗) 森秀行  470 +2 15 8
04 池添謙一 53.0 1.09.5 34.4 ------13-15 12 68.1 アフリート / ノーノーネヴアー 美) 阿部新生 510 +8 5 3
05 クビ 四位洋文 54.0 1.09.5 34.3 ------15-15 9 23.6 パントレセレブル / サイキョウザクラ 栗) 坂口正大 472 +4 14 7
06 1/2 川田将雅 52.0 1.09.6 35.2 -------7--7 8 17.8 サンデーサイレンス / プリンセスリーマ 栗) 松田国英 456 +2 10 5
07 クビ 橋本美純 55.0 1.09.6 34.9 ------10-10 14 118.1 フジキセキ / フリートスティード 栗) 岩元市三 520 +24 16 8
08 1/2 福永祐一 56.0 1.09.7 34.8 ------13-12 13 81.8 フジキセキ / フライングカラーズ 栗) 増本豊  512 -2 8 4
09 3/4 ルメール 57.5 1.09.8 35.6 -------4--3 4 9.1 サンデーサイレンス / ツィンクルブライド 栗) 橋口弘次 526 0 6 3
10 3/4 武豊 56.0 1.10.0 36.3 -------1--1 1 2.5 アドマイヤコジーン / ラスリングカプス 栗) 石坂正  484 +2 12 6
11 1/2 長谷川浩 53.0 1.10.1 35.9 -------4--3 6 11.6 キングヘイロー / レディピーチ 栗) 目野哲也 492 -4 4 2
12 クビ 武幸四郎 54.0 1.10.2 36.3 -------2--2 7 16.7 タバスコキャット / サムスイート 栗) 新川恵  516 0 7 4
13 3/4 角田晃一 54.0 1.10.3 35.4 ------10-12 10 24.6 エアジハード / アグネスミネルバ 栗) 西浦勝一 518 +12 2 1
14 ハナ 秋山真一 53.0 1.10.3 36.2 -------3--3 15 154.2 ウォーニング / インパクト 美) 増沢末夫 496 -10 11 6
15 ハナ 松岡正海 57.0 1.10.3 36.1 -------4--3 2 6.2 エルコンドルパサー / トキオリアリティー 美) 手塚貴久 514 -4 9 5
16 3/4 田中克典 51.0 1.10.4 36.0 -------8--7 16 202.5 サンデーサイレンス / ミヤビサクラコ 栗) 森秀行  480 +32 3 2
単勝 1番 (3人) 6.5 枠連 1-7 (24人) 50.8 複勝 1番(3人)
13番(11人)
15番(6人)
2.6
11.9
3.5
ワイド 1-13(57人)
1-15(14人)
13-15(56人)
78.5
11.8
77.1
3連複 1-13-15 (179人) 946.5 馬連 1-13 (55人) 314.7
3連単 1-13-15 (1037人) 6,457.1 馬単 1-13 (100人) 516.0
該当なし
レース後のコメント


1着 1番ファイングレイン(幸英明騎手)
「4コーナーで追い上げて行く時、他の馬とは脚が違っていて一瞬で追いつける感じでしたし、終いも本当にいい脚を使ってくれました。1200mは文句なくこの馬に合っていると思います。今日が試金石だと思っていましたから、この勝利でGIが見えてきましたね」
2着 13番コパノフウジン(藤岡佑介騎手)
「一瞬、勝ったと思ったんですけどね。返し馬の雰囲気も良かったし、今日は馬の気持ちが最後まで続きました。走る気にさえなれば、これぐらいはやれる力のある馬ですよ」
3着 15番ステキシンスケクン(岩田康誠騎手)
「折り合いも凄くついたし、理想的な競馬ができました。この馬にはこういう競馬がいいと思います」
6着 10番プリンセスルシータ(川田将雅騎手)
「前走の内容も良かったし、今日も最後までよく頑張ってくれました」
9着 6番ペールギュント(C.ルメール騎手)
「いい感じで競馬はできましたが、ラスト100mで止まってしまいました。息遣いも少し良くなかったし、今日みたいな馬場は良くないのかもしれません」
10着 12番アストンマーチャン(武豊騎手)
「仕上がりは良かったとおもいます。でも止まってしまいました。息を入れずに走ってしまって……。この馬は速過ぎて、逆に難しいですね」
15着 9番アイルラヴァゲイン(松岡正海騎手)
「調教は抜群に良かったんですけど、どうしてなんでしょうか? まったくわかりません」Xラットがそれぞれ入線。
ダノンゴーゴーは栗東・橋口弘次厩舎の3歳牡馬で、父Aldebaran、母Potrinner(母の父Potrillazo)。通算成績は5戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 ダノンゴーゴー 安藤勝己騎手
「ここ2戦スタートは良くなっていますし、今日はだいぶ出た方だと思います。ただ押して行くと良くないタイプ。最後は凄い脚を使ってくれました」
橋口弘次郎調教師
「これで胸を張ってファルコンSに向かえます。春は最終的にNHKマイルCを目標にしています」
2着 メスナー 鮫島良太騎手
「1200mはペースが速いので、折り合いもついて楽に運べました。うまく立ち回れたし、この馬も最後まで伸びているんですよ。勝ち馬の脚が違い過ぎました。この上がりを差し切ってしまうんですから」フ問題だと思います」事で何よりかな」
8着 メイショウトウコン(武幸騎手)
「中京では勝っているとはいえ、左回りはスムースじゃないね。1600mのレースをさせたんだけど、ずっと左手前のままだった」
競走中止 フィールドルージュ(横山典騎手)
「スタートは悪くなかったけど、その後の動きに違和感を感じたので自分から止めました。何もなければいいけど」すね。良くなってくればもっと切れるはずです」

ギャラリー
予想動画
関連記事
関連つぶやき
過去のレース一覧
外資系FXトレーダーが公開!本物の実力を伝授します 注文、決済、損切に迷うこと無し!経済的自由を目指して下さい!
当ページを共有する