未勝利 (サ3才) 小倉 1R 2008/02/03 のレース情報

基本情報
小倉ダート・右1700M
開催
第01回 小倉06日目
コース
小倉ダート・右1700M
クラス
未勝利(馬齢
レースNO
1 R
天候馬場
曇 不
条件
サ3才(混)
頭数
14
発走時刻
09:50
本賞金(万
500 - 200 - 130 - 75 - 50
レース名
コース・ラップ
平均ペース
直線 291 M
勝ちタイム:1.47.4
平均ペース
34 (72-38)
前半5F:
1.01.7
後半3F:
39.3
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 芹沢純一 56.0 1.47.4 39.1 -6--5--3--1 1 3.4 クロフネ / スターバイオレット 栗) 野中賢二 486 +6 4 3
02 菊沢隆徳 56.0 1.47.9 39.6 -6--7--3--2 2 3.4 Street Cry / Rose des Pres 栗) 藤岡範士 480 +2 9 6
03 11/2 荻野琢真 53.0 1.48.1 39.5 10--9--7--5 3 6.1 Dubai Destination / Kanzina 栗) 大久保龍 442 -6 3 3
04 田辺裕信 56.0 1.48.6 40.1 -8--7--6--5 5 8.8 Cat Thief / Montana Girl 美) 久保田貴 494 +6 7 5
05 クビ 中村将之 55.0 1.48.6 39.8 11-11--8--8 6 10.2 アグネスタキオン / ビヨンザレルム 栗) 谷潔   484 +2 2 2
06 31/2 橋本美純 56.0 1.49.2 40.3 11-11--8--9 7 17.6 タガノサイレンス / スキャナ 栗) 小原伊佐 510 +4 11 7
07 クビ 田嶋翔 56.0 1.49.3 41.0 -2--2--3--5 8 40.8 キングヘイロー / ドミナスジェンヌ 栗) 小島貞博 460 +12 10 6
08 クビ 川島信二 56.0 1.49.3 40.3 11-11-10-11 9 59.7 スキャターザゴールド / ノースプロムナード 栗) 荒川義之 442 +7 6 4
09 内田浩一 56.0 1.50.0 40.8 14-14-11--9 10 63.7 オース / バトルグレイシー 栗) 安達昭夫 476 +2 12 7
10 11/4 長谷川浩 56.0 1.50.2 42.0 -2--2--2--3 13 103.9 サウスヴィグラス / ゴッドコマンダー 栗) 川村禎彦 480 +4 5 4
11 クビ 浜中俊 53.0 1.50.2 42.1 -1--1--1--3 4 7.5 マヤノトップガン / クラッシードレス 栗) 坂口正大 458 -8 1 1
12 10 太宰啓介 56.0 1.51.8 42.1 -9--9-13-12 14 132.5 ティンバーカントリー / スタールビー 栗) 庄野靖志 494 0 8 5
13 田中健 53.0 1.52.7 43.5 -4--4-11-13 11 76.9 アドマイヤベガ / ヒシピナクル 栗) 佐山優  492 +4 13 8
14 11/2 古川吉洋 56.0 1.52.9 43.3 -4--5-13-13 12 87.9 タヤスツヨシ / ケイウンクィーン 栗) 武田博  492 +22 14 8
~払い戻し~
単勝 4番 (1人) 3.4 枠連 3-6 (1人) 3.0 複勝 4番(2人)
9番(1人)
3番(4人)
1.5
1.3
1.8
ワイド 4-9(1人)
3-4(3人)
3-9(2人)
2.4
3.9
3.7
3連複 3-4-9 (1人) 10.8 馬連 4-9 (1人) 5.7
3連単 馬単 4-9 (2人) 12.6
レース後のコメント

レース後のコメント-
1着 バイオスフィア(芹沢騎手)
「メンバーに恵まれたこともありますが、一旦並ばれながら差し返したように力もあります。3コーナーで外の馬に閉じ込められそうになったので、咄嗟に外に持ち出せたのもよかったですね」
3着 チュウワキング(菊沢騎手)
「力はあるのですが、スピードに乗るのが遅く、速いペースについて行くのが大変でした。能力で3着まで来てくれましたが、良馬場ならもっとやれたと思います。前に乗った時より馬がよくなっていますし、次走も楽しみです」
4着 エーシンカメンシズ(田辺騎手)
「前の2頭が強かったですね。それでも自分のペースを守って行けばしぶとく走ってくれます。広いコースが合いそうですし、東京や中山ならさらにやれそうですよ」
小倉2Rの3歳未勝利戦(芝2000m)は1番人気アドマイヤナサ(上村洋行騎手)が8番人気シャインモーメントをアタマ差抑えて優勝。勝ちタイムは2分3秒6(稍重)。
アドマイヤナサは栗東・橋田満厩舎の3歳牡馬で、父アドマイヤベガ、母ルネッサンスファウンド(母の父Silver Deputy)。通算4戦1勝。
-与えながらのレースの方がいいかもしれませんね」っているよ」
3着 タガノファントム(小原騎手)
「直線を向いた時は勝ったと思ったほどの手応え。そこでソラを使ってしまって…。道悪を気にしたところもあるのかもしれないな。良馬場なら勝ってたよ」
4着 パッシングマーク(熊沢騎手)
「出入りの激しいレースで、いいポジションはキープ出来たんだけど。こういう馬場であとひと踏ん張りが足りなかった」
9着 アヴェンティーノ(長谷川騎手)
「ポジションはよかったんですが、ずっと下を気にしながら走ってましたからね。良馬場なら勝ってたと思いますよ」塔Xトリーム(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分30秒1。1馬身半差の2着に6番人気コスモハクウが、3/4馬身差の3着に10番人気ホシノサプライズがそれぞれ入線。
メインストリームは栗東・角居勝彦厩舎の3歳牡馬で、父アグネスタキオン、母チェイスザウインド(母の父トニー

予想動画
関連記事
関連つぶやき