京都牝馬ステークス(2008/02/03) のレース情報

基本情報
京都芝・右外1600M
開催
第02回 京都02日目
コース
京都芝・右外1600M
クラス
オープンGⅢ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
曇 重
条件
サ4上(国) 牝 [指]
頭数
14
発走時刻
15:45
回次
第 43 回
本賞金(万
3,900 - 1,600 - 980 - 590 - 390
レース名
京都牝馬ステークス 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 404 M
勝ちタイム:1.36.0
平均ペース
-5 (-21+16)
前半5F:
1.00.4
後半3F:
35.6
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 安藤勝己 56.0 1.36.0 34.6 -------4--4 2 3.4 サンデーサイレンス / キッスパシオン 栗) 松田博資 460 +4 3 3
02 クビ 和田竜二 54.0 1.36.1 35.2 -------2--2 9 19.9 ダンスインザダーク / シェンク 栗) 音無秀孝 534 +12 5 4
03 11/2 幸英明 55.0 1.36.3 34.6 -------8--7 6 17.6 アドマイヤベガ / ロングバージン 美) 戸田博文 428 -4 6 4
04 ルメール 55.0 1.36.6 34.8 -------8--7 1 2.6 アドマイヤベガ / マイワイルドフラワー 栗) 石坂正  470 0 14 8
05 クビ 福永祐一 58.0 1.36.7 34.7 ------11-11 11 24.1 Cozzene / Color of Gold 栗) 松元茂樹 464 +2 4 3
06 1/2 小牧太 54.0 1.36.8 35.4 -------4--6 12 45.5 フレンチデピュティ / ゴールデンページ 栗) 岡田稲男 478 +2 8 5
07 3/4 四位洋文 57.0 1.36.9 35.4 -------6--4 8 18.7 フジキセキ / ロモーラ 栗) 中村均  456 +8 13 8
08 クビ 藤岡佑介 54.0 1.37.0 35.9 -------3--3 7 18.6 アグネスタキオン / スマラ 栗) 松田国英 458 -6 10 6
09 13/4 佐藤哲三 55.0 1.37.3 35.3 ------11-11 10 23.0 ステイゴールド / ユーワジョイナー 栗) 池江泰寿 438 0 11 7
10 1/2 秋山真一 56.0 1.37.4 35.4 ------13-11 4 12.2 フレンチデピュティ / フサイチミニヨン 栗) 平田修  490 +2 7 5
11 ハナ 藤田伸二 54.0 1.37.4 35.6 -------8--7 3 9.8 ダンスインザダーク / タヤスブルーム 美) 加藤征弘 478 -2 9 6
12 クビ 吉田稔 54.0 1.37.5 35.8 -------7--7 13 165.5 アフリート / ミストラルアゲン 美) 伊藤正徳 508 -6 12 7
13 クビ 川田将雅 54.0 1.37.5 37.1 -------1--1 5 15.6 クロフネ / オイスターチケット 栗) 松田国英 480 -4 2 2
田中学 54.0 - - ----------- - - ステイゴールド / リザーブシート 栗) 田中章博 000 1 1
~払い戻し~
単勝 3番 (2人) 3.4 枠連 3-4 (7人) 13.5 複勝 3番(2人)
5番(9人)
6番(7人)
1.6
4.9
4.7
ワイド 3-5(11人)
3-6(8人)
5-6(44人)
10.7
9.4
36.5
3連複 3-5-6 (49人) 135.5 馬連 3-5 (11人) 30.6
3連単 3-5-6 (225人) 682.8 馬単 3-5 (15人) 45.7
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 アドマイヤキッス(安藤勝騎手)
「今日は集中して走ってくれました。だからもっと楽に交わせると思ったのですが、まだモタモタするところは残っていますね。今日は返し馬から気合も乗って、気持ちも前向きでしたからね」
2着 ザレマ(和田騎手)
「いいペースでうまく走ってくれました。折り合いも問題ありません。馬場はうまくありませんがよく踏ん張りましたね。勝ち馬によく食い下がりましたよ」
3着 キストゥヘヴン(幸騎手)
「ラストはよく詰めてくれました。ゲートが速いので折り合いだけは注意しました。下は気にしませんでした。エリザベス女王杯の時に乗りましたが、マイルの今回の方が乗りやすかったですね」
4着 ブルーメンブラット(ルメール騎手)
「外枠でうまく前に壁を作ることが出来ず、脚をためることが出来ませんでした」
6着 ショウナンアクト(小牧騎手)
「掲示板が惜しかったですね。芝の走りは悪くありませんでした。折り合いも問題ありません」
7着 コスモマーベラス(四位騎手)
「乗りやすい馬ですね。思ったところを通ってレースが出来ましたが、出来ればいい馬場でレースをしたかったですね」うんです。ですから、今日はメンコをつけて先に馬場に入れたんです。そのせいか落ち着いていましたね。レースぶりも良かったのですが、直線なんの不利もなくて3着でしたからね。でも、こういうレースをしていればチャンスはあるでしょう。」
(取材:白川次郎)チたですね。何があったということではないんですが、流れの中で起こったことですから、しょうがないですね。でも最後にあれだけ伸びているだけに残念ですね。相手の3キロ減というのも効いていますね」
東京4Rの3歳未勝利(芝2400m)は、2番人気メインストリーム(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分30秒1。1馬身半差の2着に6番人気コスモハクウが、3/4馬身差の3着に10番人気ホシノサプライズがそれぞれ入線。
メインストリームは栗東・角居勝彦厩舎の3歳牡馬で、父アグネスタキオン、母チェイスザウインド(母の父トニービン)。通算成績は3戦1勝となった。
レース後のコメント
1着 メインストリーム 岩田康誠騎手
「おとなしくて素直な馬なんで

予想動画
関連記事
関連つぶやき