水路閣特別(2008/02/02) のレース情報

基本情報
京都芝・右1200M
開催
第02回 京都01日目
コース
京都芝・右1200M
クラス
1000万特別(定量
レースNO
10 R
天候馬場
曇 良
条件
サ4上(混)[指]
頭数
16
発走時刻
15:10
本賞金(万
1,480 - 590 - 370 - 220 - 148
レース名
水路閣特別 
コース・ラップ
平均ペース
直線 328 M
勝ちタイム:1.09.4
平均ペース
-32 (20-52)
前半5F:
57.2
後半3F:
35.0
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 川田将雅 57.0 1.09.4 34.9 -------2--2 9 23.4 パラダイスクリーク / タカラヴィーナス 美) 田村康仁 480 +8 6 3
02 1/2 佐藤哲三 57.0 1.09.5 34.6 -------6--6 10 28.5 グラスワンダー / フラッシュメモリー 栗) 西園正都 460 -2 16 8
03 3/4 池添謙一 57.0 1.09.6 34.4 -------9--9 6 10.4 サクラバクシンオー / メイトウショウ 美) 武井亮  470 0 5 3
04 クビ 小牧太 57.0 1.09.7 34.0 ------13-12 2 5.0 Orientate / Haleys Fury 栗) 森秀行  486 +4 10 5
05 ハナ 和田竜二 57.0 1.09.7 35.0 -------3--3 4 8.5 キングヘイロー / ヒシスイフト 栗) 岩元市三 510 -2 9 5
06 1/2 幸英明 57.0 1.09.8 34.8 -------7--6 3 7.8 ロイヤルタッチ / オーゴンルーキー 栗) 藤岡範士 526 -2 11 6
07 ハナ 南井大志 57.0 1.09.8 34.2 ------11-10 13 61.6 ダンスインザダーク / タイキカレン 栗) 南井克巳 480 -2 14 7
08 アタマ 安藤勝己 57.0 1.09.8 33.8 ------15-15 1 3.6 フレンチデピュティ / アドマイヤセラヴィ 栗) 松田博資 488 +2 8 4
09 11/2 小林徹弥 57.0 1.10.0 35.3 -------3--3 14 72.3 More Than Ready / Jolly Ginny 栗) 鈴木孝志 492 -16 7 4
10 ハナ 石橋守 57.0 1.10.0 34.9 -------7--6 8 14.2 Touch Gold / Vermont Girl 栗) 松永昌博 482 -4 2 1
11 3/4 武幸四郎 57.0 1.10.1 34.7 ------10-10 11 37.6 ダンスインザダーク / カーリムフエザー 美) 小島太  488 0 4 2
12 クビ 田中克典 55.0 1.10.2 34.5 ------13-12 15 79.5 ジェニュイン / タケデンゴージャス 美) 高橋義博 462 -12 12 6
13 クビ 角田晃一 57.0 1.10.2 35.8 -------1--1 5 9.5 タバスコキャット / ベラミスキー 栗) 柴田政見 490 0 1 1
14 21/2 安部幸夫 57.0 1.10.6 35.1 ------11-12 12 55.8 ウォーニング / シーヴィーナス 栗) 北出成人 500 +12 15 8
15 白坂聡 57.0 1.10.9 36.3 -------3--3 16 112.3 サクラバクシンオー / ビリーヴィンユー 栗) 須貝彦三 526 -4 13 7
16 21/2 四位洋文 57.0 1.11.3 35.3 ------15-15 7 11.4 サクラバクシンオー / ルビディアム 栗) 藤沢則雄 520 -4 3 2
~払い戻し~
単勝 6番 (9人) 23.4 枠連 3-8 (21人) 61.1 複勝 6番(9人)
16番(10人)
5番(6人)
7.2
7.4
3.9
ワイド 6-16(64人)
5-6(35人)
5-16(45人)
65.6
28.6
36.1
3連複 5-6-16 (247人) 1,189.0 馬連 6-16 (67人) 313.8
3連単 6-16-5 (1435人) 7,131.3 馬単 6-16 (123人) 536.1
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


京都10Rの水路閣特別(4歳以上1000万下・芝1200m)は、9番人気タカラタロウ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒4。半馬身差の2着に10番人気タムロスターディが、3/4馬身差の3着に6番人気トウショウブリッツがそれぞれ入線。
タカラタロウは美浦・田村康仁厩舎の4歳牡馬で、父パラダイスクリーク、母タカラヴィーナス(母の父シェリフズスター)。通算成績は20戦5勝となった。
レース後のコメント
1着 タカラタロウ 川田将雅騎手
「スタートを決めてスッと好位置を取れたことが大きかったですね。最後の直線でも久々ながら思った以上に伸びてくれましたよ」
2着 タムロスターディ 佐藤哲三騎手
「今日は外枠でうまく流れに乗れたね。調子は悪くないようだね。ただ、この馬は気分次第だね。レースの途中でやめようとするからね。難しい馬だよ。今日ぐらいの時計のかかる馬場も良かったようだね」
4着 アルシラート 小牧太騎手
「今日はうまくゲートを出た方でしょう。最後はもう少し切れるかなと思ったけどジリっぽかったね」ができたのは収穫ですね」
3着 フェイムロバリー 藤岡佑介騎手
「注文のつく馬ではないので、前半は脚をためることに専念しました。直線は行くところがなくて、内に飛び込んだんですが、よく伸びてくれました。結構、狭かったんですけれどね…。まだ子供なんですが、見通しが立ちました。軽い走りをするので、馬場は乾いた方がいいですね」アろは証明できましたね」
4着 カンパニー 音無秀孝調教師
「今のままではGIに使えないので使わざるを得ないんですが、案外スローになってしまいましたね。あの位置取りになってしまうと届かないですね。せめて2着が欲しかったんですが、これでは馬の状態次第ですが、また使わなければなりませんね」
5着 ハイアーゲーム 藤岡佑介騎手
「スムースに出たんですが、少しハミを噛んでしまいました。それに向正面でまた少しかかってしまいましたが、それでも最後はキツい場面でしっかり伸びています。折り合い一つで切れる馬ですね。マイルも問題ないで

予想動画
関連記事
関連つぶやき