新馬 (サ3才) 小倉 4R 2008/01/27 のレース情報

基本情報
小倉芝・右2000M
芝・右2000M
晴  
新馬   サ3才(混) / 馬齢
18 頭
11:20発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
予想
コース・ラップ
平均ペース
直線 293 M
image
直線 293 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
2.03.0
前半5F:
1.01.6
後半3F:
36.2
ペース:平均
-4 (-33+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 中舘英二 54.0 2.03.0 35.8 -6--6--6--3 1 2.5 アグネスタキオン / アドマイス 栗) 大久保龍 504 16 8
02 13/4 田嶋翔 56.0 2.03.3 36.3 -4--4--3--2 10 47.9 アドマイヤベガ / メイケイビビッド 栗) 小島貞博 478 18 8
03 熊沢重文 56.0 2.03.6 36.3 10--9--6--8 3 6.2 Silver Deputy / トロピカルブラッサム 栗) 吉田直弘 466 2 1
04 1/2 中村将之 55.0 2.03.7 36.2 -8--9--9--8 4 7.3 Barathea / Salviostra 栗) 鮫島一歩 528 12 6
05 ハナ 古川吉洋 56.0 2.03.7 36.4 -6--6--6--6 12 78.3 アグネスタキオン / ペイミーキャッシュ 栗) 南井克巳 524 7 4
06 11/2 長谷川浩 56.0 2.03.9 36.8 -4--4--3--5 8 45.2 スクワートルスクワート / アクアフレスカ 栗) 西浦勝一 496 15 7
07 藤岡康太 53.0 2.04.1 37.1 -3--3--3--3 2 4.4 マンハッタンカフェ / ムゲン 栗) 藤岡健一 526 9 5
08 クビ 野元昭嘉 56.0 2.04.1 37.3 -1--1--1--1 9 47.6 アラムシャー / ワンダーマッスル 栗) 牧田和弥 488 3 2
09 31/2 上村洋行 56.0 2.04.7 36.9 15-14-12-10 5 9.9 ダンスインザダーク / ゴーンプロフェッショナル 美) 松山将樹 478 4 2
10 31/2 菊沢隆徳 56.0 2.05.3 37.0 15-16-16-13 7 35.0 マリエンバード / エリモメロディー 栗) 沖芳夫  554 1 1
11 11/4 赤木高太 56.0 2.05.5 37.8 15-16-12-11 11 64.0 アグネスタキオン / ホダイダ 栗) 田所秀孝 512 10 5
12 1/2 柴原央明 54.0 2.05.6 38.7 -2--2--2--6 13 86.9 コマンダーインチーフ / シネマライフ 美) 鈴木勝美 500 6 3
13 クビ 太宰啓介 54.0 2.05.7 38.1 10--9--9-11 16 110.0 ヤマニンリスペクト / ヤマニンチアフル 栗) 柴田政見 470 8 4
14 1/2 芹沢純一 56.0 2.05.8 37.7 14-12-15-16 14 93.8 メジロライアン / レディプロムナード 栗) 梅田康雄 506 14 7
15 鮫島良太 54.0 2.06.6 38.7 12-12-14-14 6 18.9 マンハッタンカフェ / ジョーディシラオキ 美) 石栗龍彦 460 5 3
16 21/2 上野翔 54.0 2.07.0 39.4 -8--6--9-14 18 216.7 マーベラスサンデー / ウエディングシチー 栗) 須貝彦三 426 13 7
17 クビ 浜中俊 51.0 2.07.1 38.0 18-18-17-17 17 150.2 ナリタトップロード / ウォーターリボーン 栗) 鹿戸明  388 17 8
18 大差 田中健 53.0 2.09.0 39.9 12-14-17-18 15 105.9 ナリタトップロード / チャーミングイヴ 栗) 沖芳夫  530 11 6
単勝 16番 (1人) 2.5 枠連 8-8 (13人) 31.1 複勝 16番(1人)
18番(10人)
2番(4人)
1.4
9.6
2.6
ワイド 16-18(15人)
2-16(4人)
2-18(41人)
16.0
5.4
46.2
3連複 2-16-18 (47人) 172.2 馬連 16-18 (16人) 46.6
3連単 馬単 16-18 (20人) 67.1
該当なし
レース後のコメント


1着 16番ハイエストホワイト(中舘英二騎手)
「ゲートで出遅れて、馬ごみの中でレースをすることになったけど、折り合いもついたし、結果的には良かった。今日は軽く追っただけ。瞬発力もあるし、モノが違うよ」
2着 18番メイケイパッション(田嶋翔騎手)
「キレる脚がないので、ある程度前でレースをしました。まだフラフラと走っているし、幼いね。使って良くなってくれば……」
3着 2番ピイラニハイウェイ(熊沢重文騎手)
「前半はまったく自分から行ってくれなかったね。少しおっとりしている」
「1コーナーでナリタシェナーにかわされても、ペースは速くならなかったからね。自分からもっと行けば良かったかもしれませんね」
中山3Rの3歳未勝利戦(ダート1200m)は、終始先頭を進んだ4番人気ジョーレオーネ(後藤浩輝騎手)がそのまま逃げ切り優勝した。勝ちタイム1分12秒8。
ジョーレオーネは美浦・萩原清厩舎の3歳牡馬で、父ディアブロ、母フリーダムダンス(母の父トウシヨウボーイ)。通算成績は2戦1勝となった。
【レース後のコメ

ギャラリー
予想動画
関連記事
関連つぶやき
外資系FXトレーダーが公開!本物の実力を伝授します 注文、決済、損切に迷うこと無し!経済的自由を目指して下さい!
当ページを共有する