アレキサンドライトステークス(2008/01/26) のレース情報

基本情報
中山ダート・右1800M
開催
第01回 中山07日目
コース
中山ダート・右1800M
クラス
1600万特別(定量
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ4上(混)[指]
頭数
16
発走時刻
15:40
本賞金(万
1,830 - 730 - 460 - 270 - 183
レース名
アレキサンドライトステークス 
コース・ラップ
平均ペース
直線 308 M
勝ちタイム:1.53.5
平均ペース
-20 (-2-18)
前半5F:
1.03.3
後半3F:
37.8
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 内田博幸 57.0 1.53.5 37.6 11-11--3--2 1 3.1 クロフネ / ビクトリアスズラン 美) 尾形充弘 482 +4 14 7
02 11/2 津村明秀 56.0 1.53.7 37.6 13-13--7--4 10 25.9 ティンバーカントリー / スプリングアリウム 美) 相沢郁  482 +4 15 8
03 松岡正海 57.0 1.54.2 37.7 10--9-13-10 2 4.6 チーフベアハート / エジンバラシチー 美) 相沢郁  434 +6 11 6
04 1/2 石橋脩 56.0 1.54.3 38.6 -3--2--2--2 11 29.4 ジェニュイン / ドリーミーアイ 栗) 中竹和也 530 -4 12 6
05 1/2 蛯名正義 57.0 1.54.4 38.1 13-13-11--7 7 19.3 ジェイドロバリー / トーヨーシービー 栗) 領家政蔵 502 +12 9 5
06 3/4 橋本美純 57.0 1.54.5 38.5 -3--4--6--4 3 5.4 クリプティックラスカル / デューティエコー 栗) 大根田裕 556 +2 1 1
07 クビ 横山義行 57.0 1.54.6 38.4 -9--9--7--7 13 52.0 エルコンドルパサー / シングライクトーク 美) 鈴木康弘 502 +12 10 5
08 1/2 丹内祐次 56.0 1.54.7 38.1 15-13-13-14 5 13.3 オペラハウス / サンデーブレーヴ 美) 菅原泰夫 464 +2 3 2
09 11/2 中谷雄太 57.0 1.54.9 38.8 -7--7--7--9 16 223.5 パラダイスクリーク / アーチェリー 美) 田村康仁 510 +2 6 3
10 1/2 小野次郎 56.0 1.55.0 39.1 -5--4--3--6 8 22.3 クロフネ / クイーンソネット 美) 萱野浩二 566 0 5 3
11 アタマ 横山典弘 57.0 1.55.0 38.6 11-11-11-12 4 8.5 アサティス / サマーアフタヌーン 美) 萱野浩二 488 +10 8 4
12 田中勝春 57.0 1.55.3 38.8 16-16-13-14 14 66.8 ブライアンズタイム / レースカム 栗) 作田誠二 534 +2 13 7
13 クビ 吉田隼人 57.0 1.55.4 39.7 -2--2--1--1 9 22.9 ブライアンズタイム / グリークシアター 栗) 中村均  462 +12 16 8
14 勝浦正樹 55.0 1.56.2 40.1 -5--4--7-12 12 49.3 ブライアンズタイム / シンメイミネルバ 美) 松山康久 478 +6 4 2
15 13/4 内田浩一 55.0 1.56.5 40.7 -1--1--3-10 15 130.2 タバスコキャット / ラックムゲン 栗) 西園正都 480 +4 7 4
16 31/2 村田一誠 56.0 1.57.1 40.6 -7--7-13-14 6 18.0 ダンスインザダーク / ハナノメガミ 美) 国枝栄  490 +8 2 1
~払い戻し~
単勝 14番 (1人) 3.1 枠連 7-8 (5人) 13.9 複勝 14番(1人)
15番(8人)
11番(2人)
1.4
5.4
1.6
ワイド 14-15(14人)
11-14(1人)
11-15(10人)
13.0
2.7
12.4
3連複 11-14-15 (5人) 34.5 馬連 14-15 (10人) 36.1
3連単 14-15-11 (40人) 218.8 馬単 14-15 (17人) 59.8
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


中山11Rのアレキサンドライトステークス(4歳以上1600万下・ダート1800m)は、1番人気ブラックランナー(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒5。1馬身半差の2着に10番人気スプリングヘッドが、3馬身差の3着に2番人気パピヨンシチーがそれぞれ入線。
ブラックランナーは美浦・尾形充弘厩舎の5歳牡馬で、父クロフネ、母ビクトリアスズラン(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は20戦5勝となった。
レース後のコメント
1着 ブラックランナー 内田博幸騎手
「ペースが遅くなりそうで馬群に押し込められないように気をつけました。勝負どころで馬のリズムで動いて行けましたし、そのぶん楽に突き放してくれました。強いレースでした」
2着 スプリングヘッド 津村明秀騎手
「うまくタメが利いて4コーナーでもいい感じで、差せそうな手応えでもありましたが離されましたね。それでも馬がぐんぐん成長してきていますし、これならすぐにチャンスは来るような気がします」
3着 パピヨンシチー 松岡正海騎手
「ゲートを蹴っていたし押っつけると反抗するし、馬がヘソを曲げてしまったみたい。それでもよく来てはいますが…」
4着 タマモグレアー 石橋脩騎手
「昇級戦でしたし、スムースなレースを心がけました。そうしたら楽に3番手につけられました。まだ数を使っていないし、これからよくなりますよ」
5着 ゴッドセンド 蛯名正義騎手
「出遅れてしまいましたが、急かさずにソロッと行ければ脚を使ってくれそうな雰囲気はありました。ゲートを出て馬なりで行けるようになれば理想的なのですが」ウナイトにこすられて、そこでハミを取って行ってしまいました。これが敗因というか、誤算でした。もっと我慢して行ければ……。体は問題なかったし、実戦でもいい馬だと感じましたが、勝たせてあげることができず残念です」
6着 13番サンバレンティン(石橋脩騎手)
「レース途中からハミを噛んでしまうと聞いていたし、初めての距離ということもあって、折り合いをつけて終いに徹しました。そうしたらいい脚を使ってくれましたね。この内容なら距離も大丈夫そうです」
7着 1番トウカイトリック(蛯名正義騎手)
「ズブいですね。もっと距離があった方がいいです。動きたいときに動けませんから。最後はジリジリと来てくれていますが……」
8着 9番シルクネクサス(O.ペリエ騎手)
「前に馬を置いても嫌がることなく、レース前の考え通りに乗れましたが、前の馬の仕掛けについていくのが少し早かったかもしれません。直線ではもう持続力がなくなってしまいました。残念です」
12着 7番アドマイヤメイン(田中勝春騎手)
「スタートがいまひとつでしたし、道中も後続が来たときに反応しきれませんでした」」
7着 ニューヨーカー 蛯名正義騎手
「体が重かったね。自分の形でレースはできたのに、動きがモタモタしていて3,4コーナーでスッと動けず。反応しなかったね」r />「馬なりでいい位置を取って、絶好の手応え。3コーナーで『これは勝てるかも』と思ったぐらい。なのに直線の手前で手

予想動画
関連記事
関連つぶやき