500万 (サ3才) 京都 6R 2008/01/19 のレース情報

基本情報
京都芝・右1600M
開催
第01回 京都05日目
コース
京都芝・右1600M
クラス
500万(馬齢
レースNO
6 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才(混)(特)
頭数
15
発走時刻
13:00
本賞金(万
700 - 280 - 180 - 110 - 70
レース名
コース・ラップ
超ハイペース
直線 328 M
勝ちタイム:1.35.5
超ハイペース
127 (111+16)
前半5F:
57.6
後半3F:
37.9
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 藤岡佑介 54.0 1.35.5 35.3 -------7--7 2 7.6 アグネスタキオン / ウインドインハーヘア 栗) 池江泰郎 448 0 10 6
02 11/4 角田晃一 56.0 1.35.7 36.5 -------2--2 9 46.3 ダイタクリーヴァ / グロウリボン 栗) 北出成人 458 -6 8 5
03 3/4 安藤勝己 56.0 1.35.8 35.7 -------6--5 1 1.5 Aldebaran / Potrinner 栗) 橋口弘次 460 +2 15 8
04 13/4 長谷川浩 56.0 1.36.1 38.5 -------1--1 3 9.6 シンボリクリスエス / サンフラワーガール 栗) 本田優  500 -6 4 3
05 ハナ 幸英明 56.0 1.36.1 35.9 -------7--8 7 32.1 メイショウドトウ / ビッグテンビー 栗) 梅内忍  460 +2 7 4
06 ハナ 岩田康誠 56.0 1.36.1 36.2 -------4--3 6 22.2 マイネルラヴ / チャンネルワン 栗) 吉田直弘 508 -4 1 1
07 クビ 小牧太 56.0 1.36.2 36.4 -------3--3 11 126.1 ジョリーズヘイロー / ディペンドオンユー 栗) 佐々木晶 500 +6 11 6
08 川田将雅 56.0 1.36.5 36.2 ------11--9 8 42.8 ジェイドロバリー / ファモーザ 栗) 小崎憲  490 -2 3 2
09 11/4 池添謙一 56.0 1.36.7 36.7 -------4--5 12 165.5 ワイルドラッシュ / フィールドエミュー 栗) 加藤敬二 472 +8 12 7
10 3/4 渡辺薫彦 56.0 1.36.8 36.3 ------13-11 10 51.2 ジャングルポケット / モーリストンベル 栗) 清水久詞 430 +4 13 7
11 中越豊光 56.0 1.37.8 36.1 ------15-15 15 448.2 アメリカンボス / ニンヒメ 地) 山本和之 452 -6 14 8
12 11/4 四位洋文 56.0 1.38.0 37.3 ------11-12 13 255.1 ワイルドラッシュ / ルンバブギー 栗) 田中章博 464 +6 2 2
13 上村洋行 54.0 1.39.5 39.2 -------7-10 4 10.3 ダンスインザダーク / リープフォージョイ 栗) 友道康夫 464 +4 9 5
14 岩崎祐己 54.0 1.40.4 40.1 -------7-12 14 317.2 ラスカルスズカ / アイシングスズカ 栗) 西橋豊治 450 -6 6 4
武幸四郎 56.0 - - ------14-14 5 - ボストンハーバー / シャラニヤ 栗) 田所秀孝 482 -6 5 3
~払い戻し~
単勝 10番 (2人) 7.6 枠連 5-6 (10人) 28.3 複勝 10番(2人)
8番(10人)
15番(1人)
1.9
6.9
1.1
ワイド 8-10(33人)
10-15(1人)
8-15(9人)
32.6
2.4
8.5
3連複 8-10-15 (21人) 57.8 馬連 8-10 (34人) 176.4
3連単 馬単 10-8 (59人) 325.7
レース後のコメント


京都6Rの3歳500万下(芝1600m)は、2番人気ヴェルザンディ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒5。1馬身1/4差の2着に9番人気ルールプロスパーが、3/4馬身差の3着に1番人気ダノンゴーゴーがそれぞれ入線。
ヴェルザンディは栗東・池江泰郎厩舎の3歳牝馬で、父アグネスタキオン、母ウインドインハーヘア(母の父Alzao)。通算成績は3戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 ヴェルザンディ 藤岡佑介騎手
「調教に乗って、馬の感触などはつかんでいました。こちらの期待以上の末脚でしたね。最後は内外はなれましたから馬が遊んでいましたけど、このメンバーで勝ったことは大きいし、内容も良かったと思います。引っかかることがありませんから、距離は延びても大丈夫。この先が本当に楽しみになりました」
池江泰郎調教師
「勝たなければいけないレースでした。紅梅Sとどちらにするか迷いましたが、こちらを選択しました。だいぶ競馬を覚えてきましたね。次は桜花賞トライアルを使うことになるでしょう」チたんですけどね。時計がこの馬には速すぎるかな」3着 エーシンアロー 古川吉洋騎手
「力はあるね。地力を見せてくれたよ。休み明けの分、ピリッとしないところはあったけど、使われて良くなるでしょう」
11着 チェリーフォレスト 中舘英二騎手
「輸送して12キロも体が減っていたからね。ハナは切ったけど、もっと行ける馬のはずなんだよ。まあ、難しいところのある馬だからねぇ」ワだ物足りないところはあるんですが、デビュー戦としてはまずまずじゃないですか」
3着 トーホウロサード(江田照騎手)
「モタモタしているので怒らせて行かせたんですが、流れが速くなるとついて行けませんでした」」たりは順番が回ってくるんじゃないですか」
3着 10番サンターナズギフト(松岡正海騎手)
「う-ん、いいリズムで行けたと思うんですよ。前をかわせそうな感じにもなったんですが、止まってしまって……」
中山4Rの3歳未勝利戦

予想動画
関連記事
関連つぶやき