新馬 (サ3才) 京都 5R 2008/01/19 のレース情報

基本情報
京都芝・右外1800M
開催
第01回 京都05日目
コース
京都芝・右外1800M
クラス
新馬(馬齢
レースNO
5 R
天候馬場
晴 良
条件
サ3才[指]
頭数
15
発走時刻
12:30
本賞金(万
700 - 280 - 180 - 110 - 70
レース名
コース・ラップ
平均ペース
直線 404 M
勝ちタイム:1.50.8
平均ペース
-27 (-57+30)
前半5F:
1.02.3
後半3F:
35.8
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 幸英明 56.0 1.50.8 35.5 -------7--6 4 16.0 ダンスインザダーク / ノーザンヴィーナス 栗) 牧田和弥 468 15 8
02 11/2 安藤勝己 56.0 1.51.0 35.4 -------8--8 1 1.5 シンボリクリスエス / ケイウーマン 栗) 松田国英 530 7 4
03 21/2 船曳文士 51.0 1.51.4 35.0 ------15-15 12 125.2 クロフネ / ブラボーサンライズ 栗) 音無秀孝 512 3 2
04 クビ 四位洋文 56.0 1.51.4 36.2 -------6--3 3 10.5 アグネスタキオン / チェイスザウインド 栗) 角居勝彦 506 12 7
05 ハナ 岩田康誠 56.0 1.51.4 36.4 -------2--2 2 3.8 フジキセキ / アドマイヤライト 栗) 音無秀孝 514 11 6
06 クビ 難波剛健 56.0 1.51.5 35.9 -------8--8 13 161.5 マンハッタンカフェ / サンカノープス 栗) 高橋成忠 494 14 8
07 11/4 田中剛 56.0 1.51.7 35.8 ------10-10 5 28.8 サツカーボーイ / シルバーシャワーズ 栗) 領家政蔵 472 8 5
08 クビ 池添謙一 54.0 1.51.7 35.8 ------10-12 6 29.4 アグネスタキオン / オーベルゲイド 美) 斎藤誠  458 9 5
09 クビ 武幸四郎 54.0 1.51.8 36.7 -------4--3 11 111.4 ムーンバラッド / キョウワジュテーム 栗) 佐山優  434 13 7
10 11/2 小林徹弥 56.0 1.52.0 35.9 ------13-13 7 40.3 トウカイテイオー / マッキーチャーム 栗) 梅田康雄 416 5 3
11 11/2 石橋守 56.0 1.52.2 37.2 -------2--1 14 242.4 マンハッタンカフェ / エメラルドウィンク 栗) 西園正都 456 10 6
12 11/4 小牧太 54.0 1.52.4 36.2 ------13-13 10 92.8 ダンスインザダーク / ジゼル2 栗) 加藤敬二 434 6 4
13 ハナ 内田浩一 56.0 1.52.4 36.6 ------10-10 8 41.1 ムーンバラッド / レースミストレス 栗) 作田誠二 494 4 3
14 上野翔 56.0 1.53.2 37.9 -------4--6 9 56.5 フォーティナイナー / シークレットヴァージニア 栗) 飯田雄三 476 1 1
15 大差 黒岩悠 56.0 1.56.3 41.3 -------1--3 15 332.3 ハンセル / シゲルアマショーグン 栗) 須貝彦三 464 2 2
~払い戻し~
単勝 15番 (4人) 16.0 枠連 4-8 (2人) 5.5 複勝 15番(4人)
7番(1人)
3番(10人)
3.0
1.1
9.7
ワイド 7-15(3人)
3-15(50人)
3-7(21人)
3.8
88.1
24.2
3連複 3-7-15 (48人) 224.9 馬連 7-15 (3人) 8.6
3連単 馬単 15-7 (9人) 30.1
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


京都5Rの3歳新馬(芝1800m)は、4番人気マッキーバッハ(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒8。1馬身半差の2着に1番人気モンテクリスエスが、2馬身半差の3着に12番人気ブラボーデイジーがそれぞれ入線。
マッキーバッハは栗東・石坂正厩舎の3歳牡馬で、父ダンスインザダーク、母ノーザンヴィーナス(母の父ノーザンテースト)。
レース後のコメント
1着 マッキーバッハ 幸英明騎手
「センスがありますね。好位からいい感じでレースができました。勝負どころでも手応え十分、早目に抜け出しましたが気を抜くことなく真面目に走っています。他の馬に来られたら、また伸びました」
2着 モンテクリスエス 安藤勝己騎手
「ズブいです。調教とは違いましたね。自分からハミ取りません。気合を入れっぱなしでした。でも、乗り味は悪くありません。使いつつ変わってくるのでは…」
3着 ブラボーデイジー 船曳文士騎手
「最初に乗ったときには牡馬と思ったぐらいの大型馬です。そのせいかどうか、追い出してからエンジンがかかるまで時間がかかります。でも、使いつつ変わってきて欲しいですね」
5着 プロフェッショナル 岩田康誠騎手
「ゲートはまずまず出てくれました。4コーナーで外に膨れてしまいましたが」
6着 サンレイマグナム 難波剛健騎手
「ゲートはあまりよくないと思っていましたが、フワフワしながらよく直線で伸びてくれました。4コーナーで外に振られなければ、もう少し上に行けたかもしれません」
14着 テンイムホウ 柄崎将寿騎手
「今日はスムースさを欠いてしまいました。もう少し前につけて行きたかったんですけど」>ドリームラプチャーは美浦・高橋裕厩舎の3歳牡馬で、父マイネルラヴ、母イブキカグラザカ(母の父Dehere)。
-レース後のコメント-
1着 ドリームラプチャー(吉田隼騎手)
「前へ行くように指示があったし、切れる脚もない感じなので前へ。マイペースだったし、最後までしっかりしてました」
2着 リーサムクラウン(大江原師)
「前半少し行きたがってた分、あとひと押しがなかった。力はある馬だし、とても残念だ」
3着 ヒラボクシャトル(後藤騎手)
「休み明けの分、重かったのを考えると上々かな。もう少し気持ちが前向きになってくれれば…」Wリジリと来てくれていますが……」
8着 9番シルクネクサス(O.ペリエ騎手)
「前に馬を置いても嫌がることなく、レース前の考え通りに乗れましたが、前の馬の仕掛けについていくのが少し早かったかもしれません。直線ではもう持続力がなくなってしまいました。残念です」
12着 7番アドマイヤメイン(田中勝春騎手)
「スタートがいまひとつでしたし、道中も後続が来たときに反応しきれませんでした」」
7着 ニューヨーカー 蛯名正義騎手
「体が重かったね。自

予想動画
関連記事
関連つぶやき