初茜賞(2008/01/06) のレース情報

基本情報
中山ダート・右1800M
第01回 中山 02日目
10 R
ダート・右1800M
晴  
2勝クラス特別
サ4上(混)[指] / 定量
初茜賞
16 頭
14:50発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
ハイペース
直線 308 M
ペース平均:
27
内枠好走:
-5
勝タイム:
1.53.0
前半5F:
1.00.8
後半3F:
39.6
ペース:ハイ
79 (97-18)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 蛯名正義 57.0 1.53.0 38.6 15-14--7--4 3 6.8 エルコンドルパサー / ベリアーニ 美) 二ノ宮敬 522 +2 7 4
02 クビ 小林久晃 57.0 1.53.0 39.3 -5--4--3--3 5 13.0 クロフネ / ロイヤルクロス 美) 杉浦宏昭 532 0 3 2
03 クビ 武士沢友 56.0 1.53.1 39.7 -2--2--1--1 1 2.6 クロフネ / ルビア 地) 堂山芳則 526 +4 9 5
04 21/2 小野次郎 57.0 1.53.5 39.8 -3--3--3--2 11 56.5 バブルガムフェロー / ストームティグレス 美) 田島俊明 468 +4 12 6
05 11/2 的場勇人 55.0 1.53.7 38.9 14-14-12-10 9 23.9 ビワタケヒデ / ワンセイコー 美) 鈴木勝美 488 +6 11 6
06 江田照男 56.0 1.54.0 39.9 -8--8--5--4 14 125.3 コマンダーインチーフ / オールディーズ 美) 尾形充弘 452 +6 13 7
07 クビ 村田一誠 57.0 1.54.1 39.6 11-11--7--4 2 4.6 フサイチコンコルド / サンワッシュ 栗) 須貝尚介 514 +6 10 5
08 アタマ 吉田隼人 57.0 1.54.1 39.5 10--9-10--7 4 7.8 マルターズライオン / マックスファックス 美) 堀井雅広 522 +8 8 4
09 31/2 木幡初広 57.0 1.54.7 40.5 -6--6--5--7 13 117.0 スターオブコジーン / ヤスミンゴールド 美) 佐藤吉勝 520 +2 2 1
10 ハナ 大野拓弥 54.0 1.54.7 39.7 11-13-14-11 6 17.2 マリエンバード / ホマレノプリンセス 美) 杉浦宏昭 494 +2 6 3
11 田中勝春 57.0 1.55.4 40.3 -8--9-14-14 12 78.1 パントレセレブル / チーター 美) 伊藤伸一 464 +4 16 8
12 1/2 伊藤直人 56.0 1.55.5 40.6 11-11-12-11 16 189.4 ニューイングランド / ダイナレアリテイー 美) 斎藤誠  458 +10 5 3
13 21/2 田中博康 55.0 1.55.9 40.6 15-16-16-14 7 19.5 アグネスタキオン / レディータイクーン 美) 勢司和浩 478 -4 15 8
14 31/2 勝浦正樹 57.0 1.56.5 42.1 -4--4--7-11 10 24.2 ジョリーズヘイロー / スリーピーラグーン 美) 阿部新生 510 -7 14 7
15 柴田善臣 55.0 1.56.8 43.3 -1--1--2--7 8 20.0 フレンチデピュティ / パープルホワイト 美) 高橋祥泰 494 +8 1 1
16 柴山雄一 57.0 1.57.3 42.7 -6--6-10-14 15 134.3 スキャターザゴールド / イエローブルーム 美) 伊藤圭三 522 +2 4 2
単勝 7番 (3人) 6.8 枠連 2-4 (8人) 18.7 複勝 7番(4人)
3番(5人)
9番(1人)
2.3
3.0
1.4
ワイド 3-7(12人)
7-9(3人)
3-9(4人)
10.8
4.7
7.0
3連複 3-7-9 (5人) 31.4 馬連 3-7 (12人) 31.3
3連単 7-3-9 (59人) 240.3 馬単 7-3 (20人) 56.3
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


中山10Rの初茜賞(4歳上1000万下・ダート1800m)は3番人気ユースフルデイズ(蛯名正義騎手)の差し切り勝ち。序盤は後方に控えたものの、内からスルスル進出して4角で好位に取り付くと、4角先頭から逃げ粘るダイワルビアをゴール前捉えた。勝ちタイムは1分53秒0(良)。クビ差2着に5番人気マルブツクロスが入り、1番人気ダイワルビアはゴール前踏ん張り切れずさらにクビ差で3着に敗れた。
ユースフルデイズは美浦・二ノ宮敬厩舎の6歳牡馬で、父エルコンドルパサー、母ベリアーニ(母の父Nureyev)。通算29戦4勝。
-レース後のコメント-
1着 ユースフルデイズ(蛯名騎手)
「流れもよかったし、内がポッカリ空いてたりとすべてがうまく行きましたね。馬体が増えていたのは意外でしたが、前回とは違う競馬をしようと思っていました」
2着 マルブツクロス(小林久騎手)
「直線、外へ出せていれば違ってましたよ。地力がありますね。でも4コーナーではもったいないことをしました。無理にでも外へ出せばよかったです」
3着 ダイワルビア(武士沢騎手)
「同型も多くいて、2番手でもいいと思ってましたが、ためて切れるタイプでもないし、早いとは思いましたが行きました。持ち味は出せたと思いますよ。強い競馬だったと思います」誠騎手
「進路が無くなってしまいました」月賞はこの馬には長いと思います。この後は短期放牧に出してNHKマイルカップを目標にニュージーランドトロフィーから復帰させようと思います」
3着 マヤノベンケイ 福永祐一騎手
「折り合いはつきましたし、負けたけど収穫のある競馬でした。よく頑張っていますよ」
4着 タケミカヅチ 木幡初広騎手
「道中ムキになっていました。差し切れる感じがあったのですけどね」」たりは順番が回ってくるんじゃないですか」
3着 10番サンターナズギフト(松岡正海騎手)
「う-ん、いいリズムで行けたと思うんですよ。前をかわせそうな感じにもなったんですが、止まってしまって……」
中山4Rの3歳未勝利戦(ダート1800m)は、3コーナーで先団を捕らえた1番人気リノーンリーズン(横山典弘騎手)が直線で後続を7馬身突き放し優勝した。勝ちタイム1分57秒9。
リノーンリーズンは美浦・鈴木伸尋厩舎の3歳牡馬で、父チーフベアハート、母ホマレノクイン(母の父ヤマニンスキー)。通算成績は5戦1勝となった。

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する