新馬 (サ3才) 中山 6R 2008/01/06 のレース情報

基本情報
中山芝・右1800M
第01回 中山 02日目
6 R
芝・右1800M
晴  
新馬   サ3才[指] / 馬齢
14 頭
12:40発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 310 M
image
直線 310 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.52.4
前半5F:
1.04.1
後半3F:
36.1
ペース:平均
-38 (-68+30)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 柴田善臣 54.0 1.52.4 35.3 -4--4--8--8 3 8.1 スペシャルウィーク / ソフトパイン 美) 伊藤伸一 430 3 3
02 クビ 木幡初広 56.0 1.52.4 36.0 -1--2--2--2 2 3.4 シンボリクリスエス / ウィスキーカラー 美) 大江原哲 472 9 6
03 北村宏司 56.0 1.52.7 34.6 13-13-14-11 4 11.5 タニノギムレット / ビューティグロー 美) 土田稔  444 7 5
04 クビ 村田一誠 56.0 1.52.8 36.1 -7--7--4--4 6 25.6 サフロンウォルデン / スイートテンダイヤ 美) 松永康利 500 11 7
05 クビ 津村明秀 56.0 1.52.8 36.0 -4--4--4--4 8 48.6 タニノギムレット / ロイヤルイントリギュー 美) 大江原哲 436 5 4
06 1/2 伊藤直人 54.0 1.52.9 36.6 -2--1--1--1 9 49.4 ニホンピロニール / ウタゲ 美) 清水英克 456 2 2
07 二本柳壮 54.0 1.53.4 36.9 -3--3--3--3 10 55.2 グラスワンダー / メロディトウショウ 美) 斎藤宏  460 14 8
08 3/4 的場勇人 54.0 1.53.5 36.8 10-11--4--6 13 147.7 ティンバーカントリー / アイレイゼンテイ 美) 秋山雅一 510 8 5
09 アタマ 横山典弘 56.0 1.53.5 36.7 12--9--4--6 1 1.9 ゴールドアリュール / タイニーナイトラヴ 美) 鈴木伸尋 482 6 4
10 ハナ 江田照男 56.0 1.53.5 36.0 13-14-11--9 11 102.1 トウカイテイオー / シエイデイレーン 美) 菅原泰夫 414 10 6
11 柴山雄一 56.0 1.54.0 36.5 -8--7-11-11 5 25.1 ファルブラヴ / フィールディ 美) 菊川正達 432 1 1
12 1/2 田中博康 52.0 1.54.1 36.3 10-12-13-14 14 160.4 ムーンバラッド / エースポポ 美) 菅原泰夫 452 13 8
13 田中勝春 54.0 1.54.4 37.3 -4--4--8--9 7 26.7 ティンバーカントリー / オーロラトウショウ 美) 小桧山悟 422 12 7
14 石橋脩 56.0 1.55.2 37.8 -8--9-10-11 12 105.2 スターオブコジーン / シンメイオウヒ 美) 天間昭一 474 4 3
単勝 3番 (3人) 8.1 枠連 3-6 (5人) 10.5 複勝 3番(3人)
9番(2人)
7番(4人)
2.4
1.6
3.1
ワイド 3-9(4人)
3-7(10人)
7-9(6人)
5.2
9.5
7.1
3連複 3-7-9 (13人) 44.2 馬連 3-9 (4人) 13.3
3連単 馬単 3-9 (10人) 30.9
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


中山6Rの3歳新馬戦(芝1800m)は3番人気スペシャルディナー(柴田善臣騎手)が中団追走から直線脚を伸ばし、先に抜けた2番人気オリエンタルヨークをゴール前クビ差捉えて優勝。勝ちタイムは1分52秒4(良)。さらに2馬身差で3着に4番人気ギムレットアイが入り、1番人気スズモンスターは9着に終わった。
スペシャルディナーは美浦・伊藤伸一厩舎の3歳牝馬で、父スペシャルウィーク、母ソフトパイン(母の父Woodman)。
-レース後のコメント-
1着 スペシャルディナー(柴田善騎手)
「道中いいリズムで走っていましたから追ったらいい脚を使いそうだなと思っていたんです。そうしたら思った以上に切れましたね。加速する感じがすごくいいんです。最後の切れ味はいい武器になりますね。ただ、線が細いので大事に育てたいですね」
2着 オリエンタルヨーク(大江原師)
「シンボリクリスエスの仔だからなんですかね。新馬で勝てませんね。ま、2戦目でスカーンと勝ってくれるでしょう。負けたんですがレース内容はよかったですね。競馬が上手ですよ。能力とセンスは間違いないことが分かりました」
5着 シルクペガサス(大江原師)
「いや、実戦タイプなんでしょうね。よく走りました。兄も稽古は動かなかったんですが、この馬も稽古はもうひとつなんですよ。今日は本当に最後に突き抜けてくるかという脚でしたね。まだ体つきも子供っぽいし、もう20キロくらい育つでしょう。楽しみが出来ました」
9着 スズモンスター(鈴木伸師)
「ゲートで出遅れたのもありますが、道中で2度他の馬と接触してました。ジョッキーも初戦なので無理はさせなかったようですね。今日はレース内容としては不完全燃焼でした」・田村康仁厩舎の3歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母セカンドチャンス(母の父スキャン)。通算成績は3戦1勝となった。
レース後コメント
1着 レッドアゲート 内田博幸騎手
「終いはしっかりしていると聞いていましたので、並べば大丈夫と思っていました。その通りよく伸びてくれましたね」
4着 マイネベクルックス 勝浦正樹騎手
「心配していた折り合いは平気でしたが、最後は思ったより伸びてくれませんでした。まだ非力ですが、もっと力をつければかなり良いところまで行ける能力がありますよ」
5着 ゴールドヘラクレス 蛯名正義騎手
「少しずつですが、良くなっています。そのうちチャンスがくるでしょう」
9着 レオブルース 江田照男騎手
「折り合って競馬ができましたが、最後は止まってしまいました。もっと脚をためる競馬の方が良さそうです」。直線ではもう持続力がなくなってしまいました。残念です」
12着 7番アドマイヤメイン(田中勝春騎手)
「スタートがいまひとつでしたし、道中も後続が来たときに反応しきれませんでした」」
7着 ニューヨーカー 蛯名正義騎手
「体が重かったね。自分の形でレースはできたのに、動きがモタモタしていて3,4コーナーでスッと動けず。反応しなかったね」r />「馬なりでいい位置を取って、絶好の手応え。3コーナーで『これは勝てるかも』と思ったぐらい。なのに直線の手前で手応えが急になくなってしまいました。あれ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する