名古屋日刊スポーツ杯(2007/12/23) のレース情報

基本情報
中京芝・左2000M
第03回 中京 08日目
11 R
芝・左2000M
晴  
2勝クラス特別   サ3上(混)(特) / 定量
名古屋日刊スポーツ杯
16 頭
15:35発走
本賞金) 1,450 - 580 - 360 - 220 - 72 (万
コース・ラップ
平均ペース
レース当日の降水強度(mm/h)
直線 412.5 M
ペース平均:
-20
内枠好走:
2
勝タイム:
2.00.1
前半5F:
1.00.5
後半3F:
36.0
ペース:平均
28 (-1+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 長谷川浩 57.0 2.00.1 35.8 -3--2--2--2 1 4.1 ブラックタキシード / シーサイドエンゼル 栗) 西浦勝一 460 0 2 1
02 11/2 古川吉洋 56.0 2.00.3 35.7 -6--5--4--3 5 7.5 マーベラスサンデー / ダイナドレスデン 栗) 池添兼雄 468 +4 3 2
03 1/2 柴山雄一 57.0 2.00.4 36.3 -1--1--1--1 2 5.0 アグネスタキオン / スプリングバンブー 栗) 中尾秀正 494 +4 6 3
04 21/2 青木芳之 55.0 2.00.8 35.4 16-15-13-11 4 7.3 サンデーサイレンス / ジョウノマチエール 美) 藤沢和雄 482 +2 5 3
05 ハナ 赤木高太 56.0 2.00.8 36.0 -9--9--7--7 12 57.5 ナリタトップロード / クリサンテーム 栗) 湯窪幸雄 480 +18 1 1
05 同着 芹沢純一 56.0 2.00.8 36.2 -3--5--4--5 11 32.5 グラスワンダー / ゲーリックキャット 栗) 宮本博  470 0 16 8
07 3/4 菊沢隆徳 57.0 2.01.0 35.8 13-13-11--9 13 57.9 ロドリゴデトリアーノ / スプリングマドンナ 栗) 野村彰彦 496 +4 7 4
08 3/4 石橋脩 57.0 2.01.1 35.7 13-13-13--9 7 13.2 サンデーサイレンス / ダンジグウィズウルヴス 栗) 池江泰寿 498 +2 13 7
09 中舘英二 57.0 2.01.3 36.7 -6--7--4--5 3 7.0 フサイチコンコルド / ブリリアントベリー 栗) 音無秀孝 494 0 10 5
10 3/4 津村明秀 57.0 2.01.4 36.4 10-10--9--8 8 15.9 ダンスホール / スイートクリスティ 美) 鈴木伸尋 418 -2 9 5
11 11/4 安藤光彰 56.0 2.01.6 37.3 -2--2--2--3 9 19.7 マンハッタンカフェ / バンディラス 栗) 新川恵  516 0 4 2
12 クビ 松田大作 57.0 2.01.7 36.0 15-15-16-15 14 85.1 キャプテンスティーヴ / ガールオブバンダム 栗) 羽月友彦 462 -16 8 4
13 ハナ 生野賢一 56.0 2.01.7 36.3 10-12-13-13 6 11.2 タヤスツヨシ / スウィングスズカ 栗) 村山明  504 0 11 6
14 上村洋行 57.0 2.02.4 37.1 10-10-11-15 10 30.9 スピニングワールド / ノーリターン 栗) 西浦勝一 446 0 14 7
15 13/4 太宰啓介 57.0 2.02.7 37.8 -3--2--7-11 15 100.8 サツカーボーイ / タケノスピカ 栗) 柴田光陽 484 -6 12 6
16 藤岡康太 57.0 2.03.4 38.3 -6--7--9-13 16 121.8 サンデーサイレンス / ダイナフアンキー 栗) 藤岡健一 458 -10 15 8
単勝 2番 (1人) 4.1 枠連 1-2 (5人) 10.6 複勝 2番(1人)
3番(3人)
6番(2人)
1.4
2.0
1.6
ワイド 2-3(2人)
2-6(1人)
3-6(6人)
4.3
3.6
7.1
3連複 2-3-6 (1人) 16.6 馬連 2-3 (2人) 13.6
3連単 2-3-6 (5人) 76.8 馬単 2-3 (3人) 22.5
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


中京11Rの名古屋日刊スポーツ杯(3歳上1000万下・芝2000m)は1番人気ブレイズワン(長谷川浩大騎手)が道中2-3番手から直線抜け出して人気に応えた。勝ちタイムは2分0秒1(重)。1馬身1/2差2着に5番人気イイデレインジャー、さらに1/2馬身差で3着に2番人気バンブーウエファが入った。
ブレイズワンは栗東・西浦勝一厩舎の4歳牡馬で、父ブラックタキシード、母シーサイドエンゼル(母の父ジヤツジアンジエルーチ)。通算25戦4勝。
-レース後のコメント-
1着 ブレイズワン(長谷川騎手)
「前々でレースをしようと思っていました。うまく流れに乗れましたね。直線では楽をしていた逃げ馬に粘られてしまうかもと思いましたが、そこから力強く伸びてくれました。今日は強かったですね」
2着 イイデレインジャー(古川騎手)
「ゲートもスッと出たし、前の2頭を見ながらいいレースが出来ましたが、直線で離されてしまいましたからね。グンと来るような手応えもなかったし、目に見えない疲れがあるのでしょうか?」
3着 バンブーウエファ(柴山騎手)
「マイペースで行けていい感じでしたが、交わされてから甘くなってしまいましたね。馬とケンカせず、手応えもあったのですが…。後続を待つより、4コーナーで離した方がよかったのかもしれません」でそのよさを生かす方がいいかもしれませんね」ょうど体調がよくなってきました。スムースに流れに乗って、直線に向いた時の手応えはすごくよくて勝てるかと思うほどでした。今日のような競馬が合っていますね」5Rの3歳未勝利戦(芝2000m)は3番人気コスモザガリア(小野次郎騎手)が道中3番手から直線抜け出し、1番人気コンベンションを3/4馬身抑えて優勝。勝ちタイムは2分2秒7(良)。
コスモザガリアは美浦・水野貴広厩舎の3歳牝馬で、父アグネスゴールド、母カネショウレグナム(母の父スマコバクリーク)。通算5戦1勝。
-レース後のコメント-
1着 コスモザガリア(小野騎手)
「ズブいところのある馬で2000mは合っているね。今日はしぶとさを生かす競馬が出来ました」
2着 コンベンション(蛯名騎手)
「今日は絶好の位置取りで競馬が出来ましたが、最後苦しがってモタれてしまった。よく走っているが残念だね」ッればかなり良いところまで行ける能力がありますよ」
5着 ゴールドヘラクレス 蛯名正義騎手
「少しずつですが、良くなっています。そのうちチ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する