新馬 (サ2才) 中山 4R 2007/12/22 のレース情報

基本情報
中山ダート・右1200M
第05回 中山 07日目
4 R
ダート・右1200M
雨  
新馬   サ2才(混)[指] / 馬齢
16 頭
11:15発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 308 M
image
直線 308 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.12.2
前半5F:
59.2
後半3F:
37.0
ペース:平均
-33 (60-93)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 後藤浩輝 55.0 1.12.2 36.9 -------2--2 2 3.5 Songandaprayer / Strikingperfection 美) 萩原清  454 13 7
02 小野次郎 55.0 1.13.6 38.4 -------1--1 11 76.9 ブラックホーク / ミフジデキシー 美) 根本康広 502 6 3
03 21/2 菊沢隆徳 54.0 1.14.0 38.7 -------2--2 4 9.3 アグネスワールド / コーヒーカーニバル 美) 天間昭一 448 12 6
04 1/2 田中勝春 55.0 1.14.1 38.4 -------6--5 7 29.6 ティンバーカントリー / アイゲスソー 美) 天間昭一 470 15 8
05 1/2 松岡正海 54.0 1.14.2 38.7 -------4--5 1 2.5 Distorted Humor / Call Me Granny 美) 手塚貴久 470 1 1
06 1/2 デムーロ 54.0 1.14.3 37.9 ------10-10 3 6.1 スウェプトオーヴァーボード / ダウンライトオールライト 美) 田村康仁 422 9 5
07 11/4 村田一誠 54.0 1.14.5 38.0 ------11-11 8 34.7 ムーンバラッド / ガルザール 美) 松永康利 444 8 4
08 ハナ 小林淳一 55.0 1.14.5 38.6 -------7--5 13 143.1 グランドオペラ / ソーラートウショウ 美) 斎藤宏  458 11 6
09 13/4 木幡初広 55.0 1.14.8 38.5 -------8--8 10 75.1 テンビー / タマモエルフ 美) 嶋田潤  414 10 5
10 13/4 武士沢友 54.0 1.15.1 39.6 -------4--4 6 13.3 アグネスデジタル / トクノリージェント 美) 菅原泰夫 466 5 3
11 吉田隼人 55.0 1.15.8 39.5 -------8--8 12 79.5 デザートストーリー / サクセスウエーブ 美) 本郷一彦 564 3 2
12 31/2 蛯名正義 55.0 1.16.4 38.8 ------12-12 5 12.7 サクラバクシンオー / サドラーズスター 美) 嶋田功  524 2 1
13 3/4 小坂忠士 55.0 1.16.5 38.8 ------13-12 16 214.2 アントレプレナー / レグルス 美) 小桧山悟 460 7 4
14 大庭和弥 55.0 1.17.0 38.7 ------16-14 9 49.0 パラダイスクリーク / アドラシュタイン 美) 西塚安夫 508 14 7
15 勝浦正樹 54.0 1.18.4 40.7 ------13-14 15 153.7 ジョリーズヘイロー / イスズブロッサム 美) 稗田研二 466 4 2
16 大差 横山義行 54.0 1.21.9 44.1 ------13-16 14 149.5 アメリカンボス / シヨウワハナミ 美) 松山将樹 434 16 8
単勝 13番 (2人) 3.5 枠連 3-7 (8人) 18.9 複勝 13番(2人)
6番(11人)
12番(4人)
1.7
15.4
2.7
ワイド 6-13(41人)
12-13(4人)
6-12(46人)
48.9
5.5
58.0
3連複 6-12-13 (76人) 330.9 馬連 6-13 (32人) 157.4
3連単 馬単 13-6 (53人) 218.4
該当なし
レース後のコメント


中山4Rの2歳新馬(ダート1200m)は2番人気ハイエモーション(後藤浩輝騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分12秒2。2着に11番人気マコトガンベロが、3着に4番人気テイクシックスがそれぞれ入線。
ハイエモーションは美浦・萩原清厩舎の2歳牡馬で、父Songandaprayer、母Strikingperfection(母の父Strike the Gold)。
レース後のコメント
1着 ハイエモーション 後藤浩輝騎手
「調教で能力の高さを確認していたのですが、なんと言ってもハミ受けの難しい馬で、なかなかこちらとコミュニケーションを取ってくれない点を心配していました。今日は何とかコントロールできたのでほっとしています。時計も優秀ですし、大きな課題をひとつ克服できて楽しみです。距離はレースぶり次第で、融通が利くでしょう」
2着 マコトガンベロ 小野次郎騎手
「弱くてまだキチッとしたケイコができない馬なので心配しながらでしたが、走りましたね。ただピタッとつかれて苦しかったですね。それでこれだけ頑張るんですから、次が楽しみになりました」
中山5Rの2歳新馬(芝1600m)は4番人気タイキティファニー(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒0。2着に8番人気ニシエイビュレットが、3着に1番人気アイアムジュエルがそれぞれ入線。
タイキティファニーは美浦・勢司和浩厩舎の2歳牝馬で、父サクラバクシンオー、母オーピーキャット(母の父Storm Cat)。
レース後のコメント
1着 タイキティファニー 蛯名正義騎手
「道中ハミを取らず、加減しながらのレースになってしまいました。能力の高さは感じるんですが、まだ非力ですね。サクラバクシンオーの仔にしてはカーッと行くところはありませんし、狭い内を突いてくる競馬も逆に良かったのかもしれません」
2着 ニシエイビュレット 吉田隼人騎手
「前でレースをすることができましたし、よく頑張っていると思います。勝った馬にはうまく内をすくわれてしまいました。でもなかなかスピードのある馬ですよ」
3着 アイアムジュエル M.デムーロ騎手
「スタートはのんびりとしていましたが、内にささるようなところがあります。徐々に上がっていくレースぶりが合っているのでしょう。馬群に入れると止まってしまいそうなので、外を回りました」ラクレス 蛯名正義騎手
「少しずつですが、良くなっています。そのうちチャンスがくるでしょう」
9着 レオブルース 江田照男騎手
「折り合って競馬ができましたが、最後は止まってしまいました。もっと脚をためる競馬の方が良さそうです」。直線ではもう持続力がなくなってしまいました。残念です」
12着 7番アドマイヤメイン(田中勝春騎手)
「スタートがいまひとつでしたし、道中も後続が来たときに反応しきれませんでした」」
7着 ニューヨーカー 蛯名正義騎手
「体が重かったね。自分の形でレースはできたのに、動きがモタモタしていて3,4コーナーでスッと動けず。反応しなかったね」r />「馬なりでいい位置を取って、絶好の手応え。3コーナーで『これは勝てるかも』と思ったぐらい。なのに直線の手前で手応えが急になくなってしまいました。あれっ?という感じでした」
11着 フローテーション 内田博幸騎手
「のめっていた。良の方がいいね」
14着 ショウナンアルバ 蛯名正義騎手
「今日は中団から進めたが、フットワークはバラバラ。コントロールがきかなかった。気性の問題だね」J川騎手)
「3コーナーで流れも落ち着いたし、楽な流れになったのですが、離れたところから来られてしまって踏ん張れなかったです。競り合う形ならまた違ったと思います」
4着 ファルネーゼ(佐藤哲騎手)
「ゲートが開いた時に馬が横を向いてしまって…。あとはスムースな競馬だったけど、あそこまでやれたのだから、そこが悔やまれます。でもすぐにチャンスは来るでしょう」向くまではいいところへ来ていると思ったんですが、あれだけ寄られては可愛そうですね。仕方ありません」
9着 マイネレーツェル(武豊騎手)
「直線でもの凄く切れてくれてひょっとしたらと思ったんですけどね。でも、そこで外から来られてしまいました。残念です」
13着 ハートオブクィーン(幸騎手)
「ちょっと距離が長かったかな。4コーナ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する