フェアリーステークス(2007/12/16) のレース情報

基本情報
中山芝・右外1200M
開催
第05回 中山06日目
コース
中山芝・右外1200M
クラス
オープンGⅢ(馬齢
レースNO
11 R
天候馬場
晴 良
条件
サ2才(混) 牝 (特)
頭数
16
発走時刻
15:25
回次
第 24 回
本賞金(万
3,200 - 1,300 - 800 - 480 - 320
レース名
フェアリーステークス 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
ハイペース
直線 310 M
勝ちタイム:1.09.8
ハイペース
81 (133-52)
前半5F:
56.9
後半3F:
36.9
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 吉田隼人 54.0 1.09.8 35.4 ------14-15 11 28.9 ジャングルポケット / ガトーショコラ 美) 坂本勝美 442 +8 15 8
02 1/2 横山典弘 54.0 1.09.9 36.2 -------8--8 2 5.0 アグネスタキオン / チャッターボックス 美) 鈴木康弘 476 -6 14 7
03 1/2 池添謙一 54.0 1.10.0 36.1 ------11-11 4 7.2 ステイゴールド / ケイアイベール 栗) 五十嵐忠 396 -4 10 5
04 ハナ 戸崎圭太 54.0 1.10.0 36.8 -------3--3 6 14.8 More Than Ready / Miss Garland 栗) 森秀行  484 -10 2 1
05 3/4 蛯名正義 54.0 1.10.2 36.2 ------12-12 7 15.1 フジキセキ / カツラドライバー 美) 鹿戸雄一 440 0 7 4
06 アタマ デムーロ 54.0 1.10.2 35.3 ------16-16 3 5.4 ファルブラヴ / ビーチフラッグ 栗) 加用正  444 -18 6 3
07 クビ 後藤浩輝 54.0 1.10.3 35.8 ------15-12 14 42.4 トワイニング / ファニングザフレイム 美) 武藤善則 430 +6 3 2
08 ハナ 柴山雄一 54.0 1.10.3 37.0 -------6--6 10 22.9 アドマイヤコジーン / オールフォーゲラン 美) 畠山吉宏 482 -2 12 6
09 アタマ 柴田善臣 54.0 1.10.3 37.3 -------2--2 1 4.6 サクラバクシンオー / メディアウォーズ 美) 松山康久 496 -4 9 5
10 アタマ 木幡初広 54.0 1.10.3 36.6 -------8-10 12 38.8 マイネルラヴ / サストワンダー 美) 河野通文 452 +4 11 6
11 11/4 村上忍 54.0 1.10.5 36.3 ------13-12 13 40.2 マンハッタンカフェ / サクラフューチャー 美) 小島太  436 -2 8 4
12 クビ 小野次郎 54.0 1.10.5 37.3 -------3--3 5 11.7 ジョリーズヘイロー / マイシークレット 美) 水野貴広 472 +6 1 1
13 11/4 江田照男 54.0 1.10.7 37.8 -------1--1 16 96.7 デヒア / ダンツプリンセス 美) 萱野浩二 452 +8 13 7
14 1/2 岩部純二 54.0 1.10.8 37.3 -------7--6 9 18.3 アドマイヤコジーン / メジロシルビア 美) 萱野浩二 424 -6 4 2
15 3/4 吉田豊 54.0 1.10.9 37.1 ------10--8 15 43.6 コロナドズクエスト / コンコースクイーン 美) 畠山重則 462 +6 5 3
16 3/4 田中勝春 54.0 1.11.1 37.9 -------3--5 8 17.3 ジャングルポケット / ロージーミスト 美) 加藤征弘 462 0 16 8
~払い戻し~
単勝 15番 (11人) 28.9 枠連 7-8 (13人) 26.5 複勝 15番(11人)
14番(3人)
10番(4人)
7.2
2.3
2.6
ワイド 14-15(39人)
10-15(32人)
10-14(6人)
27.8
22.3
8.8
3連複 10-14-15 (57人) 193.4 馬連 14-15 (35人) 86.6
3連単 15-14-10 (492人) 1,617.7 馬単 15-14 (85人) 229.6
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


中山11Rの第24回フェアリーステークス(2歳GIII・牝馬限定・芝1200m)は11番人気の伏兵ルルパンブルー(吉田隼人騎手)が優勝、重賞初制覇を飾った。道中後方に控え、直線は馬群に突っ込んで行ったがスムースに捌いて脚を伸ばし、中団追走からゴール前抜け出しかけたスワンキーポーチを並ぶ間もなく差し切った。勝ちタイムは1分9秒8(良)。1/2馬身差2着に2番人気スワンキーポーチ、さらに1/2馬身差で3着に4番人気マイネレーツェルが入った。先行した1番人気メイビリーヴは直線半ばで一杯、9着に沈んだ。
ルルパンブルーは美浦・坂本勝美厩舎の2歳牝馬で、父ジャングルポケット、母ガトーショコラ(母の父フジキセキ)。通算7戦3勝。
-レース後のコメント-
1着 ルルパンブルー(吉田隼騎手)
「外枠でしたし、前で競馬は出来ないだろうとは思っていました。うまく潜り込んで何とか前を狙おうと思ったんですが、思ったより掛からず、その分よく伸びてくれました。4コーナーは手応え抜群でしたね。距離的にはマイルまでもちそうですが、まだ一生懸命走ってしまうところがあるので、少しずつ競馬を覚えてくれたらいいですね」
2着 スワンキーポーチ(鈴木康師)
「勝ちに行く競馬をしての惜敗ですから仕方ないですね。まだ余裕を持っていましたし、抜いて走っていましたから、もう少し距離があった方がいいでしょう。ま、賞金も加算出来ましたから少し余裕を持って行けそうです」
3着 マイネレーツェル(池添騎手)
「いや-、イレ込みが強かったですね。ゲートの中でもカリカリしていました。輸送も影響してるのかもしれません。それでも最後あそこまで走っているので力は見せてくれましたね」
4着 エーソングフォー(戸崎騎手)
「いいレースでしたが、出負けしたのは痛かったですね。スムースさを欠いてしまいました。でも走りますね。芝ももちろん問題ありません」ね」すね」
4着 キングオブカルト O.ペリエ騎手
「物見をするところがあって、ハロン棒を見る度に驚いていました。こういう馬場なので、飛んでくる芝の塊にも驚いていたようです。でも直線はしっかりハミを取って伸びました。もう少し長い方が良さそうですね」で外に出したら追っても反応がなかった」
8着 メイショウサムソン(武豊騎手)
「今日はちょっと元気がないのかと思うくらい大人しかったんです。それでもいいのかなと思っていたんですが、行けなかったですね。勝った馬の位置を取りたかったんですが、先に入られてしまいました。天皇賞ではもっと行けたんですが、今日は本当にスピードに乗って行きませんでした。競馬は難しいですね。残念です」
11着 ウオッカ(四位騎手)
「今日はオーナーと調教師からある程度出して行って、せめて中団の後ろくらいで競馬して欲しいと言われていました。折り合いを欠く心配もあるわけですが、先のある馬ですし、今日は勝負に行って欲しいと注文されていましたからね…。うまく外に振られず、いいポジションでレースが出来ました。ちょっと行きたがっていましたが、3-4コーナーまでは問題なく来れたんです。ただ、そこから伸びませんでした。さすがにタフな競馬になっていましたし、4コーナーでぶつけられたりしましたが、来年に向けてこの経験を生かせればいいですね」
14着 ハイアーゲーム(ルメール騎手)
「スタートしてから3コーナーまではうまく折り合えた。道中での反応もよかったけど、直線では反応が薄くなってしまった。馬場が向かなかったのかも」ったのですけど、これからは表舞台に出て行きますよ。『脱・交流』です(笑)。ベンチャーナ

予想動画
関連記事
関連つぶやき