愛知杯(2007/12/15) のレース情報

基本情報
中京芝・左2000M
第03回 中京 05日目
11 R
芝・左2000M
曇  
GⅢ
サ3上(国) 牝 (特) / ハンデ
第45 回 愛知杯
16 頭
15:35発走
本賞金) 3,900 - 1,600 - 980 - 590 - 390 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 412.5 M
ペース平均:
-20
内枠好走:
1
勝タイム:
1.58.9
前半5F:
59.1
後半3F:
35.7
ペース:平均
30 (1+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 ルメール 57.0 1.58.9 34.0 -7--7--7--7 4 6.8 サンデーサイレンス / ポトリザリス 栗) 角居勝彦 434 +4 6 3
02 1/2 武豊 53.0 1.59.0 33.8 10-10--9--7 2 3.8 アグネスタキオン / ニシノフラワー 栗) 河内洋  444 +2 8 4
03 ハナ 安藤勝己 57.0 1.59.0 34.2 -5--6--5--5 1 3.7 サンデーサイレンス / キッスパシオン 栗) 松田博資 456 +2 4 2
04 11/4 上村洋行 52.0 1.59.2 34.8 -4--4--4--4 11 64.4 マイネルラヴ / ピアラプソディ 栗) 加藤敬二 424 -6 2 1
05 クビ 吉田豊 50.0 1.59.2 33.5 13-13-15-14 10 44.3 アグネスタキオン / タカラカンナ 美) 国枝栄  424 -6 7 4
06 クビ 鮫島良太 51.0 1.59.3 34.2 10-10--9--7 6 12.5 アグネスタキオン / スマラ 栗) 松田国英 464 0 15 8
07 クビ 中舘英二 54.0 1.59.3 33.9 10-12-12-12 5 12.5 ステイゴールド / サイレーン 美) 畠山重則 434 +2 5 3
08 3/4 横山典弘 55.0 1.59.4 34.7 -5--5--5--5 3 6.1 タイキシャトル / マルカムーンライト 栗) 清水出美 464 +10 9 5
09 クビ 石橋守 55.0 1.59.5 34.2 15-13-12-12 9 20.5 ゴールデンフェザント / ヤマニンリコール 美) 星野忍  450 -6 13 7
10 クビ 酒井学 51.0 1.59.5 34.0 13-13-14-14 15 153.3 パラダイスクリーク / フェリアード 栗) 五十嵐忠 494 +4 14 7
11 13/4 藤岡康太 50.0 1.59.8 35.7 -2--2--2--2 13 127.1 サンデーサイレンス / ローマンスズカ2 栗) 橋田満  442 0 16 8
12 クビ 石橋脩 53.0 1.59.8 34.7 -7--9--9-10 12 107.0 サンデーサイレンス / ウィッチフルシンキング 美) 二ノ宮敬 492 -2 1 1
13 アタマ 幸英明 52.0 1.59.8 35.7 -2--2--2--2 8 17.5 スペシャルウィーク / プロモーション 美) 和田正道 524 -6 10 5
14 1/2 和田竜二 54.0 1.59.9 36.7 -1--1--1--1 7 13.2 クロフネ / オイスターチケット 栗) 松田国英 484 +10 3 2
15 11/4 芹沢純一 51.0 2.00.1 34.5 15-16-15-16 14 133.4 ホワイトマズル / エレンジェーン 栗) 音無秀孝 474 -4 11 6
16 1/2 生野賢一 49.0 2.00.2 35.3 -7--7--7-10 16 235.6 ホワイトマズル / ナスノフローラ 美) 矢野照正 430 -12 12 6
単勝 6番 (4人) 6.8 枠連 3-4 (3人) 7.4 複勝 6番(4人)
8番(2人)
4番(1人)
1.9
1.5
1.4
ワイド 6-8(5人)
4-6(2人)
4-8(1人)
5.5
3.3
3.2
3連複 4-6-8 (1人) 12.7 馬連 6-8 (5人) 14.7
3連単 6-8-4 (14人) 92.7 馬単 6-8 (12人) 35.1
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


中京11Rの愛知杯(3歳以上GIII・牝馬・芝2000m)は、4番人気ディアデラノビア(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒9。半馬身差の2着に2番人気ニシノマナムスメが、ハナ差の3着に1番人気アドマイヤキッスがそれぞれ入線。
ディアデラノビアは栗東・角居勝彦厩舎の5歳牝馬で、父サンデーサイレンス、母ポトリザリス(母の父Potrillazo)。通算成績は23戦5勝となった。
レース後のコメント
1着 ディアデラノビア ルメール騎手
「この馬には初騎乗でしたが、調教で乗っていましたし、ビデオで勉強していたので問題ありませんでした。中京のコースも彼女に合っていたし、自分としても今日はパーフェクトに乗ることができました。直線では外に出そうと思いましたが、出すことができませんでした。それでも、各馬の狭いところを割って出てきてくれました。いいスピードがある馬で、自信をもって乗ることができました」
2着 ニシノマナムスメ 武豊騎手
「一瞬の伸び脚はやはりありますね。うまく内も開いて、伸びてくれました。あとちょっとでしたね」r />2着 タマモランニング(川田騎手)
「(初のダートで)砂を被って嫌がったわけではありませんが、向正面で進んで行きませんでした」
5着 グランプリイーグル(ルメール騎手)
「ゲートがうるさかったですね。それに直線よろける感じもありました。まだ若いですね」
阪神4Rの2歳未勝利戦(芝1600m)は後方からレースを進めた5番人気エルグランオンブレの差し切り勝ち。勝ちタイムは1分36秒1(良)。1馬身1/4差2着に10番人気マイソールビームが入り、1番人気ブーケフレグランスはさらに2馬身1/2差で3着に敗れた。
エルグランオンブレは栗東・田所秀孝厩舎の2歳牡馬で、父ボストンハーバー、母シャラニヤ(母の父Rainbow Quest)。通算2戦1勝。
-レース後のコメント-
1着 エルグランオンブレ(武幸騎手)
「戦前、何も戦法を決めていなくて、それで後方からの競馬になったけど、それがかえってよかった。器用な馬ではありま

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する