境港特別(2007/12/09) のレース情報

基本情報
阪神芝・右2200M
第05回 阪神 04日目
9 R
芝・右2200M
晴  
2勝クラス特別   サ3上(混)[指] / ハンデ
境港特別
13 頭
14:30発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
スローペース
直線 356.5 M
image
直線 356.5 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
2.16.4
前半5F:
1.03.6
後半3F:
34.5
ペース:スロー
-76 (-124+48)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 デムーロ 55.0 2.16.4 34.5 -1--1--1--2 1 3.3 チーフベアハート / コウシュンヒメ 美) 平井雄二 474 +2 12 8
02 1/2 長谷川浩 56.5 2.16.5 34.3 -4--4--4--3 2 3.5 ブラックタキシード / シーサイドエンゼル 栗) 西浦勝一 460 0 3 3
03 クビ 畑端省吾 50.0 2.16.6 34.6 -2--2--2--1 8 29.1 グラスワンダー / タガノサファイヤ 栗) 吉田直弘 446 0 13 8
04 池添謙一 55.0 2.16.9 34.2 10-10-11-10 3 6.1 ステイゴールド / ヤマフディノス 栗) 鶴留明雄 516 +2 10 7
05 ハナ 藤岡佑介 55.0 2.16.9 34.8 -3--3--2--6 5 8.8 スペシャルウィーク / ウイッシュバンダム 栗) 庄野靖志 460 0 2 2
06 ハナ 渡辺薫彦 55.0 2.16.9 34.7 -6--6--6--3 4 6.2 キングヘイロー / アルパインカーリー 栗) 沖芳夫  492 +2 8 6
07 11/2 上村洋行 53.0 2.17.1 35.0 -4--4--4--3 9 38.7 ブライアンズタイム / アドマイヤラピス 栗) 橋田満  434 +2 11 7
08 クビ 鮫島良太 52.0 2.17.2 34.8 -6--6--6--8 7 19.1 タニノギムレット / ダンツシュアー 栗) 中村均  430 -4 4 4
09 11/4 川原正一 50.0 2.17.4 35.2 -8--8--6--6 11 52.9 サンデーサイレンス / レガシーオブストレングス 栗) 大根田裕 448 0 9 6
10 1/2 生野賢一 55.0 2.17.5 35.1 -8--8--9--8 6 18.3 タヤスツヨシ / スウィングスズカ 栗) 村山明  504 +20 5 4
11 クビ 秋山真一 54.0 2.17.5 34.8 12-10-10-10 10 47.2 コマンダーインチーフ / ロイヤルアラブ 栗) 坂口正大 450 0 1 1
12 1/2 和田竜二 55.0 2.17.6 34.7 12-13-13-12 12 79.5 サツカーボーイ / タケノスピカ 栗) 柴田光陽 490 +4 6 5
13 白浜雄造 52.0 2.18.5 35.5 10-10-12-13 13 283.6 トニービン / タヤスシュゼット 栗) 飯田雄三 458 -4 7 5
単勝 12番 (1人) 3.3 枠連 3-8 (1人) 5.8 複勝 12番(1人)
3番(2人)
13番(8人)
1.4
1.5
6.0
ワイド 3-12(1人)
12-13(16人)
3-13(18人)
3.1
11.6
13.1
3連複 3-12-13 (16人) 46.9 馬連 3-12 (1人) 6.6
3連単 12-3-13 (54人) 181.6 馬単 12-3 (2人) 12.1
該当なし
レース後のコメント


阪神9Rの境港特別(3歳上1000万下・芝2200m)は、1番人気ビッグベアシチー(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分16秒4。1/2馬身差の2着に2番人気ブレイズワンが、クビ差の3着に8番人気タガノトゥーリがそれぞれ入線。
ビッグベアシチーは栗東・佐々木晶厩舎の4歳牡馬で、父チーフベアハート、母コウシュンヒメ(母の父モガンボ)。通算成績は20戦4勝となった。
レース後コメント
1着 ビッグベアシチー M.デムーロ騎手
「外枠でしたし、レースもどうなるかと思っていたのですが、意外にスローペースになったので前に行きました。良い競馬ができましたね」
2着 ブレイズワン 長谷川浩大騎手
「ペースが遅かったですね。それでも何とか差しきれるかと思ったのですが、有力馬にあの流れで運ばれては少し届きませんでした」
3着 タガノトゥーリ 畑端省吾騎手
「一旦は完全に出たのですが、また差し返されてしまいました。出負け気味のスタートでしたが、外枠だったことも良かったし、ハンデも50キロでしたからね」きたのは収穫でしたね。昇級戦でここまで来てますし良い内容でしたね」
4着 ラインドライブ 蛯名正義騎手
「いい感じでしたが最後は思ったほど伸びなかったですね」
落馬中止 ガブリン 武豊騎手
「出た瞬間に外に逃げてしまいました。体は大丈夫です」だとあの位置でも辛い」
11着 アポロドルチェ 後藤浩輝騎手
「掲示板を見てわかるように上位は内枠の馬ばかりだからね」
13着 サブジェクト 安藤勝己騎手
「スタートで前に出すと外を回らされるし、一旦下げていくしかなかった。上手く脚をためられたし、前が開けば突き抜ける脚はあったので結局前が開かなかった。馬に悪いことをしてしまった」人気シャンパンファイトが、1馬身1/4差の3着に4番人気アドマイヤナサがそれぞれ入線。
ベルクハイルは栗東・音無秀孝厩舎の2歳牡馬で、父スリリングサンデー、母グロリオーサ(母の父フレンチグローリー)。通算成績は2戦1勝となっ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する