ウェルカムステークス(2007/11/25) のレース情報

基本情報
東京芝・左2000M
第05回 東京 08日目
9 R
芝・左2000M
晴  
3勝クラス特別
サ3上(混)(特) / 定量
ウェルカムステークス
16 頭
14:40発走
本賞金) 1,830 - 730 - 460 - 270 - 183 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
ペース平均:
-19
内枠好走:
11
勝タイム:
2.00.6
前半5F:
1.01.9
後半3F:
34.5
ペース:平均
-51 (-80+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 武豊 55.0 2.00.6 33.6 ---12-13-12 1 2.6 マヤノトップガン / リターンキャスト 栗) 石坂正  476 -2 13 7
02 アタマ 角田晃一 57.0 2.00.6 33.3 ---15-15-15 3 4.6 ダンスインザダーク / ナイルスター 栗) 松永幹夫 504 +4 15 8
03 岩田康誠 57.0 2.01.1 35.0 ----1--1--1 8 33.8 エルコンドルパサー / ファイトガリバー 栗) 長浜博之 522 +6 8 4
04 ハナ 勝浦正樹 55.0 2.01.1 34.9 ----2--2--2 4 11.0 メジロライアン / エンジェルライト 美) 高橋裕  496 +6 9 5
05 クビ タラモ 53.0 2.01.1 34.3 ---12-12--9 7 31.9 スペシャルウィーク / マイネブリリアン 美) 上原博之 466 0 4 2
06 1/2 蛯名正義 57.0 2.01.2 34.6 ----8--7--7 11 68.9 タヤスツヨシ / トワノハーモニー 美) 清水美波 478 0 12 6
07 アタマ 松岡正海 57.0 2.01.2 34.1 ---14-13-14 5 11.0 アドマイヤベガ / ボンヌシャンス 美) 萩原清  480 +2 2 1
08 クビ ムーア 57.0 2.01.2 34.6 ---11--8--7 10 65.5 サンデーサイレンス / アイドリームドアドリーム 栗) 庄野靖志 524 -8 7 4
09 1/2 川田将雅 57.0 2.01.3 34.5 ----9-10--9 15 257.8 サンデーサイレンス / グランドクロス 美) 清水利章 470 0 3 2
10 アタマ ペリエ 57.0 2.01.3 34.5 ----5--8--9 2 3.4 ホワイトマズル / ニフティハート 美) 戸田博文 486 -2 11 6
11 クビ 横山典弘 57.0 2.01.4 35.1 ----5--4--3 6 23.4 オペラハウス / キオイドリーム 美) 菊川正達 446 +4 1 1
12 田中勝春 57.0 2.01.7 35.3 ----5--4--3 13 175.3 エリシオ / ダンスパートナー 美) 大久保洋 470 +12 6 3
13 ハナ 柴田善臣 57.0 2.01.7 34.7 ----9-10-12 16 457.9 スターオブコジーン / ドクターベローナ 美) 根本康広 470 +2 16 8
14 1/2 後藤浩輝 55.0 2.01.8 34.2 ---16-16-16 12 104.8 エイシンサンディ / タイキアルテミス 美) 伊藤大士 490 +12 14 7
15 21/2 吉田隼人 57.0 2.02.2 35.9 ----2--3--3 14 208.9 スターオブコジーン / グレイスハニー 美) 境征勝  470 +2 10 5
16 北村宏司 57.0 2.03.3 36.9 ----4--4--3 9 62.9 マーベラスサンデー / マルシンアモン 美) 坂本勝美 516 +8 5 3
単勝 13番 (1人) 2.6 枠連 7-8 (2人) 6.7 複勝 13番(1人)
15番(3人)
8番(8人)
1.5
1.6
6.0
ワイド 13-15(2人)
8-13(17人)
8-15(18人)
3.1
16.3
16.3
3連複 8-13-15 (16人) 54.2 馬連 13-15 (2人) 6.9
3連単 13-15-8 (41人) 162.1 馬単 13-15 (3人) 13.0
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


東京9RのウェルカムS(3歳上1600万下・芝2000m)は1番人気オーシャンエイプス(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒6。アタマ差の2着に3番人気ダンスアジョイが、3馬身差の3着に8番人気ペガサスファイトがそれぞれ入線。
オーシャンエイプスは栗東・石坂正厩舎の3歳牡馬で、父マヤノトップガン、母リターンキャスト(母の父ノーザンテースト)。通算成績は8戦4勝となった。
レース後のコメント
1着 オーシャンエイプス 武豊騎手
「2000メートルの距離がどうかと思っていましたが、問題ありませんでしたね。前の2走が比較的楽な競馬でしたから、さすがに最後は苦しがっていましたね。よくしのいでくれました。来年改めて期待している馬なんです」
2着 ダンスアジョイ 角田晃一騎手
「並んでから同じ脚勢になってしまいましたね。左回りはあっていますね。手前もちゃんと替えられるようになりました。距離2000メートルでも十分やれます。重賞でもいいところへきている馬ですから」
4着 マイネルアナハイム 勝浦正樹騎手
「ここへきて本当によくなってきましたね。馬って短時間でこんなに変わるものなんですね。落ち着きが出てきたので全部身になるんでしょうね。ただ道中スローになってヨーイドンの競馬になってしまいました。しっかり溜めていたんですが少しかかってしまいました」
10着 シンゲン O.ペリエ騎手 
「スタートは悪くないんですが、一歩が出ず、前で競馬ができませんでした。それはそれで折り合いもついて良い経験になりましたが、今日はもう少し前でレレースをしたかったですね」
「追い切りの動きも良かったし、スローペースで道中リズムよく走りきれました。4コーナーで外国馬とぶつかって、不利もあったが馬もそれでやる気を出したところもありました」
6着 チョウサン 横山典弘騎手
「良馬場の発表でもだいぶ荒れているし、チョウサンには向かない馬場でした。とにかく自分のリズムで走らせる様に心掛けました。直線に入っても余裕がありました。よく走っていますよ」
7着 ペイパルブル R.ムーア騎手
「ゲートの中で座り込むような形になったので、いいスタートが切れなかった。大観衆の前に出てかなり興奮していたようだ。期待していただけに残念」
8着 アルティストロワイヤル J.タラモ騎手
「道中スムーズに進むことが出来なかったし、最後も伸びなかった」
10着 インティライミ 佐藤哲三騎手
「はじけなかったね。サムソンと4コーナーで併せて出したが、すぐに離された。折り合いは欠いてないが、もう少し流れるペースでパンパンの良馬場でやりたかった」
11着 サデックス T.ムンドリー騎手
「道中は終始外を通らされる展開となり、前が詰まるシーンもあった。最後の直線では、内から他馬が寄ってきて、よれるシーンがあった。何より今日はツキがなかった」
13着 コスモバルク 松岡正海騎手
「ちょっとかかっていた。1コーナーで窮屈になってしまったのが痛かった」
14着 ドリームパスポート 安藤勝己騎手

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する