新馬 (サ2才) 東京 4R 2007/11/25 のレース情報

基本情報
東京芝・左1800M
開催
第05回 東京08日目
コース
東京芝・左1800M
クラス
新馬(馬齢
レースNO
4 R
天候馬場
晴 良
条件
サ2才[指]
頭数
18
発走時刻
11:20
本賞金(万
700 - 280 - 180 - 110 - 70
レース名
コース・ラップ
超スローペース
直線 525 M
勝ちタイム:1.53.8
超スローペース
-122 (-152+30)
前半5F:
1.05.5
後半3F:
34.9
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 武豊 54.0 1.53.8 34.5 ---11--6--3 1 1.9 ファルブラヴ / シャンクシー 美) 堀宣行  460 14 7
02 クビ 岩田康誠 55.0 1.53.8 34.9 ----2--1--1 8 28.8 ダンスインザダーク / ルーズブルーマーズ 美) 岩戸孝樹 496 3 2
03 クビ 蛯名正義 55.0 1.53.9 34.4 ----9--6--6 6 21.0 アグネスタキオン / シェープアップ 美) 和田正道 476 5 3
04 クビ ペリエ 55.0 1.53.9 34.6 ----4--4--3 10 40.4 シンボリクリスエス / タイキギャル 美) 小島茂之 484 15 7
05 3/4 菊沢隆徳 54.0 1.54.0 35.0 ----3--2--2 3 12.1 マジックマイルズ / ダイワオール 美) 萱野浩二 502 12 6
06 3/4 藤田伸二 55.0 1.54.1 34.3 ---11-11-11 5 19.7 ウォーエンブレム / チケットトゥダンス 美) 戸田博文 464 1 1
07 クビ 柴山雄一 54.0 1.54.2 34.6 ----6--6--8 11 47.6 スペシャルウィーク / デコレイション 美) 武市康男 452 11 6
08 クビ 安藤勝己 55.0 1.54.2 34.6 ----6--9--8 2 4.1 アグネスタキオン / セニョラージェ 美) 上原博之 550 17 8
09 11/4 田中勝春 55.0 1.54.4 34.5 ---10-11-11 7 27.6 マンハッタンカフェ / タカイロドリゴ 美) 嶋田功  496 18 8
10 11/4 佐藤哲三 55.0 1.54.6 35.3 ----4--4--3 14 78.4 タイキシャトル / セヴンゴールドストーンズ 美) 平井雄二 494 2 1
11 13/4 吉田隼人 54.0 1.54.9 35.0 ---11-13-11 17 160.7 マリエンバード / ノッティングギャル 美) 天間昭一 488 13 7
12 ハナ 小野次郎 55.0 1.54.9 35.0 ---16-14-11 16 102.8 ステイゴールド / エンドレスサマー 美) 根本康広 468 9 5
13 13/4 北村宏司 55.0 1.55.2 35.6 ----6--9--8 4 15.7 ダイワテキサス / ダイワリプルス 美) 鹿戸雄一 496 16 8
14 1/2 松岡正海 55.0 1.55.3 35.2 ---14-14-15 13 67.8 ロイヤルタッチ / ダンシングルーラー 美) 清水利章 480 8 4
15 1/2 川田将雅 55.0 1.55.4 34.9 ---16-18-17 15 79.8 サクラチトセオー / スターフェスタ 美) 菊川正達 486 6 3
16 11/2 大庭和弥 54.0 1.55.6 35.5 ---15-16-15 18 209.0 Noverre / ポーテンタイル 美) 高橋義博 466 7 4
17 31/2 横山典弘 54.0 1.56.2 36.7 ----1--3--6 9 30.6 コロナドズクエスト / イグザンプルスター 美) 本郷一彦 488 4 2
18 大差 四位洋文 55.0 1.59.2 38.5 ---16-17-18 12 57.6 アントレプレナー / フジノトップロマン 美) 伊藤正徳 424 10 5
~払い戻し~
単勝 14番 (1人) 1.9 枠連 2-7 (3人) 9.7 複勝 14番(1人)
3番(6人)
5番(4人)
1.2
4.0
3.1
ワイド 3-14(9人)
5-14(4人)
3-5(37人)
9.8
8.4
38.1
3連複 3-5-14 (34人) 121.8 馬連 3-14 (10人) 28.2
3連単 馬単 14-3 (10人) 35.1
レース後のコメント


東京4Rの2歳新馬(芝1800m)は1番人気ラヴドシャンクシー(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒8。クビ差の2着に8番人気ステージダンシングが、クビ差の3着に6番人気コンベンションがそれぞれ入線。
ラヴドシャンクシーは美浦・堀宣行厩舎の2歳牝馬で、父ファルブラヴ、母シャンクシー(母の父Zilzal)。
レース後のコメント
1着 ラヴドシャンクシー 武豊騎手
「ストライドの大きな馬で身のこなしも良く、調教ではカーっとする所があるということでしたが、レースでは落ち着いていて問題なし。反応も良かったし、このままいけば楽しみですね」
2着 ステージダンシング 岩田康誠騎手
「乗り込んでいたようで仕上がりは上々。素直な馬でレースのしやすいタイプ。次は楽しみでしょう」
3着 コンベンション 蛯名正義騎手
「前半は遊びながら走っていたように、気性がまだまだ子供。使ってから良くなるタイプだね」
4着 ドナーリオ O.ペリエ騎手
「初戦としては上々のレースぶり。乗りやすいタイプだし、実戦タイプ。次はもっと走るはず」
5着 ラブダイヤモンド 菊沢隆徳騎手
「レースセンスがいいね。初戦としてはレースぶりに問題なし。これから楽しみ」
6着 シビルウォー 藤田伸二騎手
「スタートはまずまずで、いい位置を取れそうだったんだが、3コーナーの芝の色が変わっていたところで物見をして下がってしまった。突き抜けそうな脚だっただけに惜しい」馬ができませんでした。それはそれで折り合いもついて良い経験になりましたが、今日はもう少し前でレレースをしたかったですね」
「追い切りの動きも良かったし、スローペースで道中リズムよく走りきれました。4コーナーで外国馬とぶつかって、不利もあったが馬もそれでやる気を出したところもありました」
6着 チョウサン 横山典弘騎手
「良馬場の発表でもだいぶ荒れているし、チョウサンには向かない馬場でした。とにかく自分のリズムで走らせる様に心掛けました。直線に入っても余裕がありました。よく走っていますよ」
7着 ペイパルブル R.ムーア騎手
「ゲートの中で座り込むような形になったので、いいスタートが切れなかった。大観衆の前に出てかなり興奮していたようだ。期待していただけに残念」
8着 アルティストロワイヤル J.タラモ騎手
「道中スムーズに進むことが出来なかったし、最後も伸びなかった」
10着 インティライミ 佐藤哲三騎手
「はじけなかったね。サムソンと4コーナーで併せて出したが、すぐに離された。折り合いは欠いてないが、もう少し流れるペースでパンパンの良馬場でやりたかった」
11着 サデックス T.ムンドリー騎手
「道中は終始外を通らされる展開となり、前が詰まるシーンもあった。最後の

予想動画
関連記事
関連つぶやき