福島記念(2007/11/10) のレース情報

基本情報
福島芝・右2000M
第03回 福島 07日目
11 R
芝・右2000M
曇  
GⅢ
サ3上(国)(特) / ハンデ
第43 回 福島記念
16 頭
15:20発走
本賞金) 4,100 - 1,600 - 1,000 - 620 - 410 (万
呼称: 登録無 →呼称申請
過去のレース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 292 M
ペース平均:
41
内枠好走:
6
勝タイム:
2.00.6
前半5F:
59.6
後半3F:
36.5
ペース:平均
44 (15+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 中舘英二 51.0 2.00.6 35.3 13-13-13-12 5 7.6 ステイゴールド / サイレーン 美) 畠山重則 432 0 4 2
02 13/4 太宰啓介 53.0 2.00.9 36.0 11-11--9--7 16 93.0 フジキセキ / ロングディライト 栗) 沖芳夫  490 0 1 1
03 クビ 川島信二 52.0 2.00.9 36.5 -6--4--3--2 9 22.2 メジロマックイーン / ヤマニンアリーナ 美) 栗田博憲 470 -6 3 2
04 クビ 勝浦正樹 57.0 2.01.0 35.9 11-11-12--9 12 29.1 Machiavellian / ブルーラスター 美) 尾形充弘 482 -4 15 8
05 クビ 池添謙一 54.0 2.01.0 35.7 13-13-13-15 3 6.6 タマモクロス / チアズスミレ 栗) 西浦勝一 454 -6 14 7
06 11/4 津村明秀 55.0 2.01.2 36.6 -6--6--6--4 11 24.7 Sunday Silence / Phantom Creek 美) 松山将樹 500 +2 7 4
07 クビ 藤岡佑介 55.0 2.01.2 37.0 -3--2--2--2 2 6.4 タマモクロス / アンサーミー 栗) 藤岡健一 476 0 5 3
08 クビ 佐藤哲三 58.0 2.01.3 36.4 -9--9--9--9 1 5.8 スペシャルウィーク / アンデスレディー 栗) 佐々木晶 468 +4 10 5
09 木幡初広 57.0 2.01.5 37.0 -6--8--6--4 6 10.4 アンバーシヤダイ / カタリナラビット 美) 佐藤吉勝 478 +4 11 6
10 21/2 吉田豊 56.0 2.01.9 36.9 -9-10--9--9 4 7.0 サンデーサイレンス / ボブズディレンマ 栗) 中村均  490 -2 16 8
11 3/4 芹沢純一 57.5 2.02.0 37.6 -3--4--3--4 14 32.8 マヤノトップガン / ゴールデンノヴァ 美) 和田正道 506 0 8 4
12 21/2 村田一誠 56.0 2.02.4 37.1 16-16-13-14 15 42.5 グラスワンダー / ホッコーオウカ 栗) 荒川義之 538 +8 12 6
13 ハナ 石橋脩 52.0 2.02.4 38.0 -2--2--3--7 7 10.9 サンデーサイレンス / ウィッチフルシンキング 美) 二ノ宮敬 494 0 2 1
14 クビ 丹内祐次 54.0 2.02.5 38.4 -1--1--1--1 8 17.6 オペラハウス / ボールドテスコ 美) 菅原泰夫 474 +14 6 3
15 田中博康 53.0 2.02.8 38.1 -3--6--8-12 13 30.2 スターオブコジーン / ビーマイフアイア 栗) 宮徹   450 +4 9 5
16 3/4 上村洋行 57.5 2.02.9 37.3 15-15-16-16 10 23.4 パラダイスクリーク / スプリームクィーン 栗) 鶴留明雄 518 -6 13 7
単勝 4番 (5人) 7.6 枠連 1-2 (11人) 21.9 複勝 4番(4人)
1番(16人)
3番(9人)
3.0
21.8
6.1
ワイド 1-4(89人)
3-4(23人)
1-3(107人)
82.9
20.5
131.1
3連複 1-3-4 (340人) 1,269.5 馬連 1-4 (93人) 372.9
3連単 4-1-3 (1713人) 6,313.4 馬単 4-1 (152人) 527.6
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


福島11Rの福島記念(3歳以上GIII・芝2000m)は、5番人気アルコセニョーラ(中舘英二騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒6。1馬身3/4差の2着に16番人気ナリタプレリュードが、クビ差の3着に9番人気ヤマニンメルベイユがそれぞれ入線。
アルコセニョーラは美浦・畠山重則厩舎の3歳牝馬で、父ステイゴールド、母サイレーン(母の父モガンボ)。通算成績は17戦4勝となった。
レース後のコメント
1着 アルコセニョーラ 中舘英二騎手
「前走はさすがにGIで勝てませんでしたが、このメンバーでハンデが51キロなら勝てるという自信はありました。レースでは3コーナーから先に他の馬に前に入られてしまい、あっち行ったりこっち行ったりして大変でしたが、前走と違って雰囲気も良かったし、こういう荒れた馬場も上手ですね。ここに来て本当に力をつけてきて、なんとか重賞タイトルを取らせてやりたいと思っていたので、勝てて良かったです」
2着 ナリタプレリュード 太宰啓介騎手
「久々の芝のレースでしたが、ノメるところは全くなかったです。こういう馬場は上手ですね。ゴール前でやったと思ったのですが、さらに内から来られてしまいました。惜しかったですね」
3着 ヤマニンメルベイユ 川島信二騎手
「一旦先頭に立ったときはやったと思いましたけどね。うまく捌いて馬場のいいところを走って、最後も止まってはいなかったんですけどね」
5着 マイハッピークロス 池添謙一騎手
「うーん、あまり得意じゃない長距離輸送で体も?6キロでしたし、初めての重賞のペースでおまけに雨が降って多少下を気にしているところがありましたよ。でも、終いは伸びてくれたし、次はやれるという手応えは感じられたよ」
8着 サンバレンティン 佐藤哲三騎手
「いつもより前の位置につけて、3コーナーから内に潜りこむことも考えたけど、3コーナーで今日は手応えがなかったね。58キロかな。伸び切れなかったよ」齧。が物足りないですね。これからもっと良くなるでしょう」
7着 ニューヨーカー 蛯名正義騎手
「時計っも速いし、上がりもいいし、仕方ないですね。いつもと同じいい感じできてはいるんですが、まだビュッという切れ味がついていませんね」かなりポジションを下げなければならなかった。ペースも彼にとってはスローだった。道中はリラックスして走っていたが、直線に向いてからの加速がなかった」チとしていないので、前脚を投げ出して走ってしまうところがあるんですね。それでヨレたりするんですが、走るところは見せてくれました」
4着 メイショウダイアナ 小島太調教師
「稽古ではあまりいい動きはしないんですが、実戦でいい面を出してくれましたね。牝馬同士のレースに出していればいい勝負になったでしょう。バテずに伸びてましたね」かもしれません」
8着 スチューデントカウンシル R.ミグリオーレ騎手
「この馬としてよく走っている。直線に入るまでは思い通りの展開だったが、最後は余力が無かった。言い訳できないレースだった。勝った馬は素晴らしい」
9着 ワンダースピード 小牧太騎手
「よく頑張ってくれた。何とか食らいついて行こうとしたけど・・・これからやね」
10着 フリオーソ 内田博幸騎手
「1-2コーナーで、他の馬(外国馬)がどんどん間に入ってきて下げるに下げられませんでした。経験を積めば、もっとやれますよ」
11着 フサイチホウオー O.ペリエ騎手
「なだめながら返し馬はうまくいきました。レース中はずっと口元を気にしていて、集中していませんでした。途中で気持ちに余力がありませんでした」
12着 ジャックサリヴァン E.アハーン騎手
「距離は問題なかったが、東京競馬場のダートが合わなかったよ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する