檜原湖特別(2007/11/04) のレース情報

基本情報
福島芝・右2000M
芝・右2000M
晴  
1勝クラス特別   サ3上牝 [指] / 定量
檜原湖特別
13 頭
16:00発走
本賞金) 1,050 - 420 - 260 - 160 - 105 (万
予想
コース・ラップ
平均ペース
直線 292 M
image
直線 292 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
2.02.0
前半5F:
59.9
後半3F:
37.2
ペース:平均
58 (29+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 スボリッ 55.0 2.02.0 36.5 -9--9--8--4 5 9.7 フォーティナイナー / リキマドレード 栗) 鮫島一歩 432 +8 10 7
02 クビ 太宰啓介 55.0 2.02.0 37.2 -1--1--1--1 3 7.2 フレンチデピュティ / ヴァレリー 栗) 岩元市三 444 +6 12 8
03 11/2 中舘英二 55.0 2.02.2 37.2 -5--3--2--2 2 3.9 オペラハウス / タイトルド 美) 田村康仁 494 +10 9 6
04 11/4 田中博康 55.0 2.02.4 36.9 -6--6--8--8 1 3.2 ペンタイア / アオエトウショウ 美) 畠山吉宏 462 -8 3 3
05 11/2 田辺裕信 53.0 2.02.6 37.0 -9-10--8-10 10 51.6 スキャターザゴールド / サーティングロー 美) 稗田研二 490 0 6 5
06 クビ 石橋脩 53.0 2.02.6 37.6 -2--2--2--2 4 7.7 スペシャルウィーク / ダイイチフローネ 美) 伊藤圭三 446 -6 13 8
07 クビ 安藤光彰 53.0 2.02.7 36.8 11-10-11-10 9 34.0 マンハッタンカフェ / エリモパッション 栗) 清水出美 478 -22 2 2
08 21/2 大野拓弥 53.0 2.03.1 37.9 -3--3--4--4 6 10.5 サツカーボーイ / ナポレオンオオミネ 美) 斎藤誠  484 +2 7 5
09 1/2 上村洋行 55.0 2.03.2 38.0 -3--3--4--4 11 61.3 シアトルスズカ / スウィングスズカ 栗) 橋田満  454 -4 5 4
10 アタマ 二本柳壮 55.0 2.03.2 37.2 11-12-12-12 13 111.8 ダンツシアトル / セイカテンチュウ 美) 鈴木康弘 460 +2 4 4
11 11/2 木幡初広 55.0 2.03.4 38.2 -6--6--4--4 8 18.0 エイシンサンディ / フレンドパーク 美) 小桧山悟 426 -8 11 7
12 11/2 和田竜二 55.0 2.03.6 38.2 -6--6--7--8 7 13.1 グラスワンダー / ツルマルザクラ 美) 嶋田功  424 -6 1 1
13 中村将之 55.0 2.04.6 38.6 11-12-12-13 12 110.8 ブライアンズタイム / ノースフライト 栗) 加藤敬二 450 -2 8 6
単勝 10番 (5人) 9.7 枠連 7-8 (4人) 12.4 複勝 10番(7人)
12番(3人)
9番(2人)
3.6
2.3
1.6
ワイド 10-12(16人)
9-10(8人)
9-12(5人)
11.5
7.3
6.7
3連複 9-10-12 (19人) 50.9 馬連 10-12 (18人) 41.5
3連単 10-12-9 (148人) 406.8 馬単 10-12 (35人) 78.4
該当なし
レース後のコメント


福島12Rの檜原湖特別(3歳上500万下・牝馬限定・芝2000m)は4角で中団まで押し上げた5番人気ステラマドレード(A・スボリッチ騎手)が直線外から脚を伸ばし、逃げ粘る3番人気ナイスヴァレーをゴール寸前クビ差捉えて優勝。勝ちタイムは2分2秒0(良)。3着に2番人気キャッチータイトルが入り、1番人気マイネコンテッサは4着に敗れた。
ステラマドレードは栗東・鮫島一歩厩舎の4歳牝馬で、父フォーティナイナー、母リキマドレード(母の父Miswaki)。通算20戦3勝。
-レース後のコメント-
1着 ステラマドレード(スボリッチ騎手)
「道中のペースはやや速く感じましたが、馬はリラックスしていて無理せず追走できました。4コーナーでは手応え十分で、これは勝つチャンスがあると思いました。直線ではあまりムチを使わずに手綱をグイグイ押して思った通りに伸びてくれました。いいレースが出来ました」
2着 ナイスヴァレー(太宰騎手)
「ゴール前で少し外にフワッとしてしまいました。その分の2着だと思います。それでも自分の競馬が出来ればやはり走ってくれますね」
3着 キャッチータイトル(中舘騎手)
「レース中に落鉄していたみたい。その分、最後のひと伸びを欠いてしまったようです」
4着 マイネコンテッサ(田中博騎手)
「切れ味のある馬ではないので、もっとスムースに早めに動きたかったのですが、外に出せませんでした。脚は必ず使ってくれる馬なので、今日は位置取りの差が響きました」ロス 池添謙一騎手
「うーん、あまり得意じゃない長距離輸送で体も?6キロでしたし、初めての重賞のペースでおまけに雨が降って多少下を気にしているところがありましたよ。でも、終いは伸びてくれたし、次はやれるという手応えは感じられたよ」
8着 サンバレンティン 佐藤哲三騎手
「いつもより前の位置につけて、3コーナーから内に潜りこむことも考えたけど、3コーナーで今日は手応えがなかったね。58キロかな。伸び切れなかったよ」齧。が物足りないですね。これからもっと良くなるでしょう」
7着 ニューヨーカー 蛯名正義騎手
「時計っも速いし、上がりもいいし、仕方ないですね。いつもと同じいい感じできてはいるんですが、まだビュッという切れ味がついていませんね」かなりポジションを下げなければならなかった。ペースも彼にとってはスローだった。道中はリラックスして走っていたが、直線に向いてからの加速がなかった」チとしていないので、前脚を投げ出して走ってしまうところがあるんですね。それでヨレたりするんですが、走るところは見せてくれました」
4着 メイショウダイアナ 小島太調教師
「稽古ではあまりいい動きはしないんですが、実戦でいい面を出してくれましたね。牝馬同士のレースに出していればいい勝負になったでしょ

ギャラリー
予想動画
関連記事
関連つぶやき
外資系FXトレーダーが公開!本物の実力を伝授します 注文、決済、損切に迷うこと無し!経済的自由を目指して下さい!
当ページを共有する