フルーツラインカップ(2007/11/04) のレース情報

基本情報
福島ダート・右1150M
第03回 福島 06日目
11 R
ダート・右1150M
晴  
2勝クラス特別
サ3上(混)[指] / ハンデ
フルーツラインカップ
16 頭
15:25発走
本賞金) 1,450 - 580 - 360 - 220 - 145 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 295.7 M
ペース平均:
46
内枠好走:
-1
勝タイム:
1.07.5
前半5F:
57.9
後半3F:
36.0
ペース:平均
0 (55-55)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 上村洋行 57.0 1.07.5 36.0 -------1--1 3 5.2 サクラバクシンオー / アトムチェリー 栗) 矢作芳人 540 +4 12 6
02 津村明秀 53.0 1.08.3 36.5 -------4--4 7 17.2 フォーティナイナー / カガミレール 美) 相沢郁  472 0 1 1
03 13/4 木幡初広 53.0 1.08.6 37.0 -------2--2 4 7.5 クロフネ / タシロスプリング 美) 宗像義忠 500 +4 13 7
04 3/4 高橋智大 53.0 1.08.7 36.6 -------8--7 11 37.6 ホワイトマズル / ホールオブフェーム 地) 角田輝也 452 +14 4 2
05 ハナ 安藤光彰 55.0 1.08.7 36.4 ------11-10 1 3.4 ブライアンズタイム / グッバイマイラブ 栗) 松永幹夫 458 0 7 4
06 ハナ 中舘英二 56.0 1.08.7 37.0 -------2--3 2 5.0 Phone Trick / Sioux City 栗) 中竹和也 480 +6 14 7
07 アタマ 石橋脩 54.0 1.08.7 36.8 -------6--5 10 32.0 ジェニュイン / ゴールドシェイド 美) 伊藤圭三 464 0 3 2
08 13/4 太宰啓介 56.0 1.09.0 37.0 -------8--9 9 31.3 シャンハイ / ユーワテルコ 栗) 本田優  480 -4 11 6
09 1/2 吉永護 54.0 1.09.1 37.0 -------8-10 8 19.7 Singspiel / イクスペクトトゥシャイン 美) 松山康久 504 -6 8 4
10 1/2 伊藤直人 51.0 1.09.2 36.7 ------12-13 5 10.8 サクラバクシンオー / サクラテンシ 美) 伊藤圭三 492 +2 9 5
11 13/4 田中克典 50.0 1.09.5 37.0 ------12-10 14 72.2 クロフネ / スギノキューティー 栗) 浅見秀一 480 -2 6 3
12 1/2 古川吉洋 53.0 1.09.6 36.9 ------14-13 12 47.1 アフリート / リキアイアクトレス 栗) 佐藤正雄 502 -2 5 3
13 アタマ 梶晃啓 53.0 1.09.6 37.8 -------4--5 6 13.1 マイネルラヴ / エリットビーナス 栗) 梅田康雄 450 -12 15 8
14 1/2 鈴来直人 52.0 1.09.7 37.8 -------6--7 15 76.3 Woodman / Lanadee 美) 嶋田功  474 +4 16 8
15 11/2 蓑島靖典 51.0 1.09.9 37.2 ------14-15 16 156.4 メジロディザイヤー / モーニングライト 美) 南田美知 470 -4 10 5
16 21/2 佐藤聖也 51.0 1.10.3 37.2 ------16-16 13 67.7 マヤノトップガン / マーズプリンセス 美) 藤原辰雄 428 -2 2 1
単勝 12番 (3人) 5.2 枠連 1-6 (18人) 45.5 複勝 12番(3人)
1番(8人)
13番(4人)
2.1
5.6
2.8
ワイド 1-12(23人)
12-13(4人)
1-13(29人)
20.0
7.0
24.4
3連複 1-12-13 (48人) 145.9 馬連 1-12 (20人) 56.8
3連単 12-1-13 (214人) 749.4 馬単 12-1 (35人) 91.8
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


福島11Rのフルーツラインカップ(3歳上1000万下ハンデ・ダート1150m)は逃げた3番人気タイセイアトム(上村洋行騎手)が直線で後続をさらに突き放して圧勝。勝ちタイムは1分7秒5(良)。5馬身差の2着にラチ沿いから脚を伸ばした7番人気フリーモア、さらに1馬身3/4差で3着に4番人気トーセングラマーが入った。1番人気ゴービハインドは5着。
タイセイアトムは栗東・矢作芳人厩舎の4歳牡馬で、父サクラバクシンオー、母アトムチェリー(母の父ヘクタープロテクター)。通算24戦4勝。
-レース後のコメント-
1着 タイセイアトム(上村騎手)
「体がさらに増えていましたが雰囲気はよかったですよ。3コーナーの手応えが抜群で、4コーナーを回ったところで“これは行ける”と思いました。今日は本当に強かったですよ」
2着 フリーモア(津村騎手)
「逃げないと脆いと聞いていましたが、こんなレースも出来るんですね。1000万下だとなかなか行き切れないと思いますが、ハンデ差はあるにせよ、このレースが出来ればメドは立ちましたね」
4着 スマートエッジ(高橋智騎手)
「休み明けで体が少し重かったですね。ただいつもはうるさい馬のようですが、今日は落ち着いていました。気負わず走ることが出来た分、終いも伸びてくれました」
5着 ゴービハインド(安藤光騎手)
「押しても押しても行き脚がつかなかった。スタートの芝部分が良くないのかな? よく分からないが…。終いは来ているが、あの位置からではさすがに届かないね」 横山典弘騎手
「今日はいいレースができていますよ。ただ着順が2着だったというだけです。条件が合うか合わないかの差でしょう」
3着 エアマックール 蛯名正義騎手
「いい感じで行けました。まだジリジリとしか伸びない。ピリッとしたところがないですね。道悪も少しこたえています」スが見せれるように次走に向けて調整していきたいと思います。どうか、引き続き応援のほど、よろしくお願いします」
角居調教師
「2時15分頃、厩舎作業をしていて右トモに違和感を感じました。これは無理だと思いました。獣医の方からは使って使えないことはないと言われたのですが、馬が第一ですからね。この後は回復を期待してJCに登録します。夏場に蹄球炎をやった時との比較は分かりませんね」br />3着 エーシンダボーブイ ペリエ騎手
「出遅れが響きました。外に出したかったので、追走で脚をつかって最後の伸びに影響したかもしれません。五分に出たら2着はあったでしょう」R手
「はじけなかったね。サムソンと4コーナーで併せて出したが、すぐに離された。折り合いは欠いてないが、もう少し流れるペースでパンパンの良馬場でやりたかった」
11着 サデックス T.ムンドリー騎手
「道中は終始外を通らされる展開となり、前が詰まるシーンもあった

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する