新馬 (サ2才) 東京 3R 2007/10/28 のレース情報

基本情報
東京ダート・左1600M
第04回 東京 09日目
3 R
ダート・左1600M
晴  
新馬   サ2才[指] / 馬齢
14 頭
11:00発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
スローペース
直線 501 M
image
直線 501 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.39.1
前半5F:
1.02.7
後半3F:
36.4
ペース:スロー
-80 (-41-39)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 岩田康誠 55.0 1.39.1 36.0 -------4--5 1 2.9 ゴールドアリュール / ケイシュウハーブ 栗) 小崎憲  484 3 3
02 11/2 蛯名正義 55.0 1.39.3 36.6 -------1--1 6 17.4 マルターズライオン / マルターズビアンカ 美) 中川公成 484 5 4
03 13/4 田中勝春 55.0 1.39.6 36.7 -------4--4 3 6.6 クロフネ / シアトルサンセット 美) 高柳瑞樹 484 11 7
04 ハナ 吉田隼人 55.0 1.39.6 36.8 -------2--2 12 38.9 タイキファイヤー / アービルハナコ 美) 秋山雅一 476 12 7
05 21/2 藤岡佑介 54.0 1.40.0 37.2 -------2--2 8 20.8 ヘクタープロテクター / スイートアスペン 美) 石毛善彦 480 7 5
06 21/2 横山典弘 55.0 1.40.4 36.7 ------11-11 4 7.7 フレンチデピュティ / ストーミーラン 美) 奥平雅士 520 14 8
07 3/4 柴田善臣 55.0 1.40.5 36.7 ------13-11 5 10.8 タニノギムレット / オースミスワン 美) 菊川正達 484 10 6
08 クビ 四位洋文 55.0 1.40.6 37.1 ------10--8 7 18.2 ブライアンズタイム / ワンモアギャル 美) 手塚貴久 450 4 3
09 柴山雄一 55.0 1.40.8 37.4 -------9--8 9 26.9 ティンバーカントリー / ハートアンドアロー 美) 清水美波 524 9 6
10 勝浦正樹 55.0 1.41.3 37.9 -------7--8 10 28.1 アジュディケーティング / ローズサーカス 美) 藤原辰雄 506 2 2
11 3/4 武豊 55.0 1.41.4 38.3 -------7--5 2 4.5 シンボリクリスエス / フォトグラフィー 美) 伊藤圭三 474 8 5
12 五十嵐冬 55.0 1.42.1 38.4 ------11-11 13 68.5 フレンチデピュティ / リッジフィールド 美) 斎藤宏  508 1 1
13 ペリエ 55.0 1.42.4 39.3 -------4--5 11 29.1 スウェプトオーヴァーボード / アイエフマリモ 美) 柄崎孝  474 6 4
14 大差 後藤浩輝 55.0 1.44.5 40.0 ------14-14 14 85.4 スターオブコジーン / オースミジュエリー 美) 土田稔  478 13 8
単勝 3番 (1人) 2.9 枠連 3-4 (7人) 14.2 複勝 3番(1人)
5番(6人)
11番(3人)
1.3
3.7
2.2
ワイド 3-5(5人)
3-11(2人)
5-11(20人)
7.3
5.4
17.6
3連複 3-5-11 (9人) 46.4 馬連 3-5 (5人) 17.7
3連単 馬単 3-5 (7人) 28.8
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


東京3Rの2歳新馬戦(ダート1600m)は、道中先団を進んだ1番人気スマートファルコン(岩田康誠騎手)が直線で抜け出し優勝した。勝ちタイム1分39秒1。逃げ粘った6番人気シベリアンケンが2着、3着には3番人気シリコンフォレストが入線している。
スマートファルコンは美浦・畠山吉宏厩舎の2歳牡馬で、父ゴールドアリュール、母ケイシュウハーブ(母の父ミシシツピアン)。半兄に99年東京大賞典を制したワールドクリークがいる。
【レース後のコメント】
1着 3番スマートファルコン(岩田康誠騎手)
「内にスペースがなく、新馬だったので外へ出すしかなかった。追い出してから反応はいまひとつだったが、エンジンがかかってからはいい伸びをしていた」
2着 5番シベリアンケン(蛯名正義騎手)
「馬がいい。一回使えば変わってくると思うよ」めについて行って、馬体を並べていきたかったんだけど、離されてしまったからね……。でも競馬は上手だし、本当に乗りやすい馬です」
3着 1番ジェントルフォーク(太宰啓介騎手)
「ゲートでチャカついて後方からになっちゃったね。外枠ならもっとスンナリ行けたかもしれないけど、とにかくまだ幼いね」
4着 4番ピースキーパー(中舘英二騎手)
「馬場が悪くなければもっといいところがあったと思うけど……」を使うよ。走る走る」P7番マイネルポライト(角田晃一騎手)
「休み明けの分でしょうか。ゆっくり追い出して、一旦はかわしたし、あれで押し切れるんですけどね。でもすぐチャンスは来るし、これから楽しみですよ」
9着 1番フィールドベアー(秋山真一郎騎手)

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する