毎日放送賞スワンステークス(2007/10/27) のレース情報

基本情報
京都芝・右外1400M
開催
第04回 京都08日目
コース
京都芝・右外1400M
クラス
オープンGⅡ(別定
レースNO
11 R
天候馬場
晴 稍
条件
サ3上(国)(指)
頭数
18
発走時刻
15:45
回次
第 50 回
本賞金(万
6,000 - 2,400 - 1,500 - 900 - 600
レース名
毎日放送賞スワンステークス 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
コース・ラップ
平均ペース
直線 404 M
勝ちタイム:1.20.7
平均ペース
44 (53-9)
前半5F:
56.8
後半3F:
35.5
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 藤岡佑介 57.0 1.20.7 33.9 ------14-12 3 5.8 ロドリゴデトリアーノ / ユウサンポリッシュ 栗) 矢作芳人 470 +10 12 6
02 ハナ 福永祐一 58.0 1.20.7 34.8 -------5--4 10 30.3 クロフネ / フサイチエアデール 栗) 松田国英 492 -4 14 7
03 1/2 ペリエ 57.0 1.20.8 34.7 -------6--7 5 11.4 Dynaformer / Poolesta 栗) 藤原英昭 490 +2 13 7
04 池添謙一 56.0 1.21.1 35.0 -------6--5 4 9.4 エンドスウィープ / タバサトウショウ 栗) 鶴留明雄 480 +18 2 1
05 13/4 四位洋文 57.0 1.21.4 34.5 ------11-13 8 18.9 Put It Back / Pleasant Dixie 美) 手塚貴久 480 0 10 5
06 クビ 田中勝春 57.0 1.21.4 34.8 ------14--9 2 4.6 サンデーサイレンス / サンタフェトレイル 美) 藤沢和雄 500 0 8 4
07 クビ 武豊 57.0 1.21.5 34.9 ------11-11 9 19.9 サンデーサイレンス / ツィンクルブライド 栗) 橋口弘次 514 +12 16 8
08 1/2 岩田康誠 57.0 1.21.6 36.2 -------2--2 13 40.3 パラダイスクリーク / レビューナカヤマ 美) 二ノ宮敬 482 -2 11 6
09 柴山雄一 57.0 1.21.8 36.2 -------3--2 7 18.5 グラスワンダー / アラデヤ 美) 稲葉隆一 510 +6 1 1
10 クビ 石橋脩 57.0 1.21.8 34.7 ------18-16 12 38.0 フジキセキ / ホットプレイ 栗) 南井克巳 478 +14 5 3
11 クビ 安藤勝己 55.0 1.21.9 35.5 -------9--9 6 14.2 ダンスインザダーク / ピーターホフズパティア 美) 堀宣行  470 -6 4 2
12 クビ 内田博幸 57.0 1.21.9 35.0 ------11-15 17 156.1 スターオブコジーン / ポトマツクチエリー 地) 坂本昇  484 -22 15 7
13 11/4 武幸四郎 58.0 1.22.1 35.2 ------14-13 15 54.4 Singspiel / カーリング 美) 伊藤正徳 490 -4 18 8
14 11/4 中舘英二 55.0 1.22.3 37.1 -------1--1 1 3.6 アドマイヤコジーン / ラスリングカプス 栗) 石坂正  482 -4 6 3
15 1/2 長谷川浩 57.0 1.22.4 35.3 ------14-16 14 47.4 パントレセレブル / サイキョウザクラ 栗) 坂口正大 462 +4 9 5
16 31/2 秋山真一 55.0 1.23.0 36.8 -------6--8 16 138.0 サクラバクシンオー / オメガフォーチュン 美) 奥平雅士 530 +10 3 2
17 幸英明 57.0 1.24.5 38.8 -------3--5 18 193.1 リンドシェーバー / コーラスジョオー 栗) 崎山博樹 496 -8 7 4
18 大差 渡辺薫彦 57.0 1.35.8 49.1 -------9-16 11 36.3 サクラバクシンオー / ラシャド 栗) 沖芳夫  482 0 17 8
~払い戻し~
単勝 12番 (3人) 5.8 枠連 6-7 (7人) 17.0 複勝 12番(3人)
14番(11人)
13番(4人)
2.2
8.3
3.2
ワイド 12-14(44人)
12-13(6人)
13-14(57人)
35.7
9.7
50.6
3連複 12-13-14 (112人) 347.1 馬連 12-14 (44人) 120.5
3連単 12-14-13 (635人) 2,118.5 馬単 12-14 (68人) 191.2
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


京都11Rのスワンステークス(3歳以上GII・芝1400m)は、3番人気スーパーホーネット(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒7。ハナ差の2着に10番人気フサイチリシャールが、半馬身差の3着に5番人気ドラゴンウェルズがそれぞれ入線。
スーパーホーネットは栗東・矢作芳人厩舎の4歳牡馬で、父ロドリゴデトリアーノ、母ユウサンポリッシュ(母の父エルセニョール)。通算成績は18戦7勝となった。
レース後のコメント
1着 スーパーホーネット 藤岡佑介騎手
「思った以上に馬場が悪くて、何とか届いてくれという感じでした。馬の具合もよく、馬を信じて乗りました。道中の手応えはよかったですよ。この悪い馬場で勝てたことは大きいですね。距離はマイルの方がいいでしょう」
2着 フサイチリシャール 福永祐一騎手
「この差は悔しいですね。止まっているわけでもなく決まったと思ったんですが。道中、以前ほどかからなくなりましたし、イメージ通りの競馬ができました。今日はチャンスだったのに」
3着 ドラゴンウェルズ ペリエ騎手
「作戦通り、4コーナーまでは反応よくいけましたが最後はこの馬場が影響したのでしょうか。でも差す脚もあり、重賞でも通用すると思います」
4着 スイープトウショウ 鶴留明雄調教師
「外枠の方がよかったけど、これは仕方のないこと。それでもよく頑張っていますよ。伸びそうで伸びなかったけど、使えたのが何よりですね」
14着 アストンマーチャン 中舘英二騎手
「距離という感じではないんですけどね。直線までは手応えがありましたが、向正面でナカヤマパラダイスが来たときにハミを噛んで坂を下ってしまいましたから。それも影響してるのでしょうか。テンションは高かったけど、落ち着いていましたよ」)
「指示通りの競馬はできましたが、あと100mで止まってしまいました。いい感じで流れて、これはいけるかと思ったのですが」
7着 ベルモントサンダー(石崎駿騎手)
「ゲートの中で気を抜いたときにスタートを切られてしまいました。残念です」
8着 メイショウバトラー(武豊騎手)
「スタートは良かったよ。でも伸び切れないね。もう少し距離があったほうがいいのかな」
(取材:小林雅己、舩山陽司)エミレーツが、2馬身半差の3着に2番人気レッズフィールドがそれぞれ入線。
ドリームノクターンは美浦・斎藤誠厩舎の2歳牡馬で、父スターオブコジーン、母フロディーバラード(母の父バイアモン)。通算成績は2戦1勝となった。
レース後のコメント
1着 ドリームノクターン 齋藤誠調教師
「松岡君がサンツェッペリンと似ているというとおり、瞬発力より持続力に優れた馬ですね。持っている力は凄いですよ。アクションの大きな馬ですからゆったりと走れる距離を使っています。力がついてくれば、もっと小足も使えるようになるでしょう。ただテンションが上がりやすく、今日もゲートで立ち上がったり口向きの悪さを矯正しつつ使っているように間隔をつめては使えないところがあります」
2着 ピサノエミレーツ 横山典弘騎手
「大外枠なので、外々を回らされてやはりきついですね。それに下が悪くて気にするところがありました」
3着 レッズフィールド 北村宏司騎手
「何もしなくても馬場がよければ、もっとスムースにレースができましたね。体がまだしっかりしていないので、そこから立ち直

予想動画
関連記事
関連つぶやき