奥只見特別(2007/10/27) のレース情報

基本情報
福島芝・右1700M
開催
第03回 福島03日目
コース
福島芝・右1700M
クラス
500万特別(定量
レースNO
10 R
天候馬場
雨 不
条件
サ3上(混)[指]
頭数
14
発走時刻
14:55
本賞金(万
1,050 - 420 - 260 - 160 - 105
レース名
奥只見特別 
コース・ラップ
ハイペース
直線 292 M
勝ちタイム:1.47.5
ハイペース
86 (70+16)
前半5F:
1.01.8
後半3F:
39.3
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 木幡初広 55.0 1.47.5 39.2 -2--2--2--1 2 5.8 キングヘイロー / フリートゥビー 美) 根本康広 488 +4 8 5
02 13/4 松田大作 57.0 1.47.8 38.1 13-14-14--9 5 10.9 エリシオ / ジャストクリス 美) 柴田政人 494 -6 4 3
03 11/2 梶晃啓 55.0 1.48.0 39.1 -6--8--8--5 4 8.6 ステイゴールド / ホッカイアレス 美) 堀井雅広 460 +6 11 7
04 1/2 川島信二 55.0 1.48.1 39.4 -3--4--6--5 3 8.0 メイショウオウドウ / ロイヤルスマイル2 栗) 田島良保 450 -4 10 6
05 クビ 安藤光彰 55.0 1.48.2 39.7 -6--6--5--3 1 2.3 サンデーサイレンス / フェアリードール 栗) 池江泰郎 466 -10 3 3
06 津村明秀 57.0 1.48.5 39.7 11-10--8--5 6 11.1 サンデーサイレンス / ガゼルロワイヤル 栗) 友道康夫 506 +10 6 4
07 太宰啓介 55.0 1.48.8 39.5 13-12-12-13 8 16.2 テイエムオペラオー / テイエムキララ 栗) 柴田光陽 460 +6 2 2
08 3/4 嘉藤貴行 57.0 1.48.9 39.8 -9--9-10-11 9 35.0 ニューイングランド / ペロキサイド 美) 佐藤吉勝 478 +6 9 6
09 クビ 赤木高太 57.0 1.49.0 39.9 -9-10-10-11 12 64.1 コマンダーインチーフ / ドーンズヘイロー 栗) 松元省一 462 +2 14 8
10 田辺裕信 57.0 1.49.2 40.8 -3--2--3--3 11 52.9 サンデーサイレンス / デインスカヤ 栗) 長浜博之 494 -4 1 1
11 クビ 丹内祐次 57.0 1.49.2 40.8 -3--4--3--5 7 14.9 アドマイヤベガ / プリンセスキャロル 美) 清水美波 486 -2 13 8
12 クビ 佐藤聖也 53.0 1.49.3 40.7 -6--7--6--9 14 217.3 サクラバクシンオー / リメインラブ 美) 中野渡清 470 -2 7 5
13 田中博康 57.0 1.50.0 41.8 -1--1--1--2 13 78.7 Horse Chestnut / Mississippi Lights 美) 高橋祥泰 470 0 5 4
14 31/2 大野拓弥 53.0 1.50.6 41.3 12-12-12-13 10 49.6 マンハッタンカフェ / ユキノトップレディ 美) 杉浦宏昭 442 -4 12 7
~払い戻し~
単勝 8番 (2人) 5.8 枠連 3-5 (3人) 8.4 複勝 8番(2人)
4番(4人)
11番(3人)
2.1
2.5
2.4
ワイド 4-8(12人)
8-11(8人)
4-11(23人)
10.8
7.6
16.4
3連複 4-8-11 (28人) 94.2 馬連 4-8 (15人) 36.2
3連単 8-4-11 (129人) 433.7 馬単 8-4 (20人) 55.8
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


福島10Rの奥只見特別(3歳以上500万下・芝1700m)は、2番人気ユキノハリケーン(木幡初広騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒5。1馬身3/4差の2着に5番人気ニチリンタカラが、1馬身半差の3着に4番人気マイネルプルートがそれぞれ入線。
ユキノハリケーンは美浦・根本康広厩舎の3歳牡馬で、父キングヘイロー、母フリートゥビー(母の父Conquistador Cielo)。通算成績は8戦2勝となった。
レース後のコメント
1着 ユキノハリケーン 木幡初広騎手
「スタート良く出て、ハナに行こうと思っていたが、アラメダキングが内から来たので先に行かせて2番手からの競馬。いいリズムで走っていたし、馬場のいいところを選んで走れたように楽なレース。しまいも離したように力が上だった」
2着 ニチリンタカラ 松田大作騎手
「出遅れて後方からのレースになって外を回る余裕がなかったので内々を回ったけれど、一瞬ハマったかと思うような脚。このクラスでは良い成績もあるし、そのうちチャンスがあると思う」
3着 マイネルプルート 梶晃啓騎手
「こういう馬場は本来合わないと思うんですが、うまく前の馬を捌いてくれました。良馬場ならもっとやれたと思いますよ」
4着 メイショウジダーン 川島信二騎手
「道悪は下手じゃないと思うんですけど1コーナーで内から寄られたり3コーナーで外から被せられる形になったり、リズムを崩したのが痛かったですね」
5着 ギーニョ 安藤光彰騎手
「先行したことはしたけど、出ムチを入れてようやく。とにかく馬場を気にして行きっぷりが悪かったね」たえていましたね。一旦交わされかかったんですが、よく頑張って差し返してくれました。根性がありますね」
3着 ウォーボネット 村田一誠騎手
「攻め馬が競馬に繋がるか、心配があったようですが、いい形でレースをしてくれました。悪い馬場はうまいようですね」したけど、陣営もすぐに気持ちを切り替えて、(天皇賞へ)万全の状態で臨めるようやってきて、今日こういう結果を出せたのですからホッとしています。また次がありますしね」
2着 9番アグネスアーク(吉田隼人騎手)
「前回よりも手応えがよく、これなら突き抜けられるかもという手応えでしたが、寄られる不利で一気に手応えがなくなりました。そこから追って追って、なんとか馬の力で2着に来れましたが、スムーズならもっと際どい勝負になっていたと思います。もったいなかったですね。馬場ももっとパンパンの方がいいようです」
(河内洋調教師)
「馬場は悪いし、小さい体なのに本当によく走っていますね。ただ、伸びかかったところで寄られたのは本当に痛かったですよ。キレイに乗ってほしかったですね」
3着 6番カンパニー(福永祐一騎手)
「馬自体は、間隔が開いていましたが本当によく仕上がっていました。よく走ってくれたし、次のマイルCSが楽しみになりましたよ。ただ、コスモバルクの斜行は酷かったですね。勝てるとは言いませんが、2着はあったでしょう。後味が悪いですね」
4着 15番ポップロ

予想動画
関連記事
関連つぶやき