北野特別(2007/10/21) のレース情報

基本情報
京都芝・右2000M
第04回 京都 07日目
9 R
芝・右2000M
晴  
2勝クラス特別   サ3上(混)[指] / 定量
北野特別
14 頭
14:25発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 328 M
image
直線 328 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.59.9
前半5F:
59.8
後半3F:
35.5
ペース:平均
7 (-22+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 池添謙一 55.0 1.59.9 34.8 -6--6--7--7 1 1.9 ステイゴールド / グリーンヒルマック 栗) 増本豊  436 0 6 4
02 11/4 松岡正海 57.0 2.00.1 34.8 10-10-11--9 4 16.2 スターオブコジーン / ウインクドリーム 美) 斎藤誠  490 +2 7 5
03 アタマ 岩田康誠 57.0 2.00.1 35.2 -5--4--5--4 6 18.5 サンデーサイレンス / オイスターチケット 栗) 松田国英 512 +22 11 7
04 クビ 角田晃一 55.0 2.00.1 35.7 -1--1--1--1 9 71.3 スペシャルウィーク / オーブアンディアンヌ 栗) 羽月友彦 460 +4 14 8
05 11/2 赤木高太 55.0 2.00.3 35.1 -4--4--9--9 11 126.8 グラスワンダー / ゲーリックキャット 栗) 宮本博  474 +8 1 1
06 1/2 藤田伸二 57.0 2.00.4 35.1 -8--9-10--9 5 16.5 サンプレイス / ヴェイルデラルナ 栗) 池江泰寿 488 +4 3 3
07 11/2 武豊 57.0 2.00.6 36.1 -3--3--2--2 3 5.8 スペシャルウィーク / タイランツフェイム 美) 畠山重則 500 +4 2 2
08 クビ 柴山雄一 57.0 2.00.7 35.8 -7--7--7--6 8 24.5 フジキセキ / ケージープリンセス 栗) 鮫島一歩 482 0 5 4
09 11/2 安藤勝己 57.0 2.00.9 36.1 -2--2--3--3 2 3.9 ホワイトマズル / ニフティハート 美) 戸田博文 488 +8 10 6
10 福永祐一 57.0 2.01.4 36.6 -8--7--3--4 7 22.8 メジロマックイーン / アサクサシャンソン 栗) 木原一良 490 +2 8 5
11 クビ 小牧太 57.0 2.01.5 35.9 13-13-12-12 14 362.7 フレンチデピュティ / ストロングプチ 栗) 松元茂樹 468 +6 13 8
12 クビ 渡辺薫彦 57.0 2.01.5 35.9 12-12-12-12 13 306.6 ダンスインザダーク / ビンゴビクトリー 栗) 佐山優  476 +2 4 3
13 小原義之 57.0 2.02.0 35.7 14-14-14-14 12 148.8 メジロライアン / ユーキャンフライ 栗) 小原伊佐 530 +4 9 6
14 21/2 幸英明 57.0 2.02.4 37.5 11-10--5--7 10 79.0 サンデーサイレンス / フランカ 栗) 北出成人 466 +6 12 7
単勝 6番 (1人) 1.9 枠連 4-5 (3人) 6.6 複勝 6番(1人)
7番(5人)
11番(7人)
1.2
3.1
3.8
ワイド 6-7(5人)
6-11(6人)
7-11(25人)
5.5
5.9
25.0
3連複 6-7-11 (22人) 57.1 馬連 6-7 (6人) 16.5
3連単 6-7-11 (63人) 201.0 馬単 6-7 (7人) 18.5
該当なし
レース後のコメント


京都9Rの北野特別(3歳上1000万下・芝2000m)は中団を進んだ1番人気サンライズマックス(池添謙一騎手)が直線の追い比べからゴール前抜け出して優勝。勝ちタイムは1分59秒9(良)。1馬身1/4差2着にゴール前外から急追した4番人気シルクダッシュ、さらにアタマ差で3着に6番人気ダブルティンパニーが入った。
サンライズマックスは栗東・増本豊厩舎の3歳牡馬で、父ステイゴールド、母グリーンヒルマック(母の父ダンシングブレーヴ)。通算8戦3勝。
-レース後のコメント-
1着 サンライズマックス(池添騎手)
「道中いい手応えで直線は前が空けばいつでもいけるという感じでした。これからの馬です。本格化はまだ先です。楽しみですね」
2着 シルクダッシュ(松岡騎手)
「いい脚を使ってくれました。京都の内回りの2000mは合うようです。坂もない方がいいようですね。出来もよかったようで、流れ次第でチャンスがあるでしょう」
3着 ダブルティンパニー(岩田騎手)
「勝ったかと思ったのですが、多少重かったですね」
5着 ウィルビーキング(赤木騎手)
「直線詰まるようなところがありました。これまでは行くとダメだったので他の馬を行かせましたが、それで位置取りが悪くなりました。でも休んで馬がよくなっています。もう少し前でレースが出来そうです。楽しみです」
7着 マイネルアラバンサ(武豊騎手)
「掛かってあんなに行くとは思いませんでした。それに直線外にモタれていました」したね。折り合いはついて、最後は伸びていましたが止まりました。もう少し短い方がいいですね」
10着 ヒラボクロイヤル(武幸騎手)
「着を狙ったのではなく、勝ちを狙って乗りましたから仕方ないですね」
14着 サンツェッペリン(松岡騎手)
「レースが終わった今も距離がもたないという印象はありません。悔いのないレースが出来ました」
16着 ヴィクトリー(音無師)
「折り合いですね。この馬には長いと思います。気持ちが前向き過ぎますからね。2000mくらいを使っていくのがいいと思います」トしまいました。残念です」
8着 メイショウバトラー(武豊騎手)
「スタートは良かったよ。でも伸び切れないね。もう少し距離があったほうがいいのかな」
(取材:小林雅己、舩山陽司)エミレーツが、2馬身半差の3着に2番人気レッズフィールドがそれぞれ入線。
ドリームノクターンは美浦・斎藤誠厩舎の2歳牡馬で、父スターオブコジーン、母フロディーバラード(母の父バイアモン)。通算成績は2戦1勝となった。
レース後のコメント
1着 ドリームノクターン 齋藤誠調教師
「松岡君がサンツェッペリンと似ているというとおり、瞬発力より持続力に優れた馬ですね。持

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する