未勝利 (サ2才) 京都 1R 2007/10/21 のレース情報

基本情報
京都ダート・右1400M
開催
第04回 京都07日目
コース
京都ダート・右1400M
クラス
未勝利(馬齢
レースNO
1 R
天候馬場
晴 稍
条件
サ2才(市)[指]
頭数
14
発走時刻
10:05
本賞金(万
500 - 200 - 130 - 75 - 50
レース名
コース・ラップ
平均ペース
直線 329 M
勝ちタイム:1.27.8
平均ペース
24 (92-68)
前半5F:
1.01.2
後半3F:
39.2
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 幸英明 55.0 1.27.8 38.9 -------3--2 2 3.7 スペシャルウィーク / エターナルシャイン 栗) 坂口正則 512 0 9 6
02 ハナ 酒井学 55.0 1.27.8 38.2 -------7--6 7 20.0 マイネルラヴ / マイネリーベ 栗) 西園正都 488 -2 1 1
03 1/2 小牧太 55.0 1.27.9 39.3 -------1--1 6 16.1 フサイチコンコルド / ファンシーオレンジ 栗) 荒川義之 488 -2 2 2
04 ハナ 松岡正海 55.0 1.27.9 38.9 -------4--2 8 21.6 Giant's Causeway / イリジスタブル 栗) 矢作芳人 466 +2 13 8
05 アタマ 川田将雅 55.0 1.27.9 38.0 ------11--9 1 2.6 アラムシャー / ジョーベアトリチェ 栗) 田所清広 468 -2 3 3
06 田中健 52.0 1.28.8 40.0 -------2--2 9 60.8 コロナドズクエスト / アラビックナイト 栗) 岩元市三 464 -2 6 4
07 11/4 田中博康 53.0 1.29.0 38.3 ------13-11 13 141.9 ステイゴールド / フェアリーベル 栗) 川村禎彦 438 +2 12 7
08 11/4 渡辺薫彦 55.0 1.29.2 40.1 -------5--5 12 140.6 サウスヴィグラス / ハシノイナズマ 栗) 佐藤正雄 442 -2 7 5
08 同着 和田竜二 55.0 1.29.2 39.9 -------6--6 3 5.1 キンググローリアス / ファンドリモアー 栗) 南井克巳 472 0 8 5
10 クビ 池添謙一 55.0 1.29.2 39.6 -------7--8 4 9.3 クロフネ / インフェイヴァー 栗) 鶴留明雄 478 +2 11 7
11 福永祐一 55.0 1.30.2 40.2 -------9-12 5 13.6 スキャン / レディジュエル 栗) 浅見秀一 516 +18 14 8
12 21/2 金折知則 55.0 1.30.6 40.6 -------9-10 14 218.9 トウカイテイオー / タフネスジョオー 栗) 須貝彦三 508 +10 4 3
13 長谷川浩 55.0 1.31.3 40.7 ------12-13 11 87.0 ダンスインザダーク / アイリーンズハート 栗) 池添兼雄 484 +2 5 4
14 大差 秋山真一 55.0 1.35.9 44.3 ------14-14 10 72.4 ムーンバラッド / セブンレツトウ 栗) 中村均  462 -8 10 6
~払い戻し~
単勝 9番 (2人) 3.7 枠連 1-6 (16人) 39.5 複勝 9番(2人)
1番(7人)
2番(5人)
1.8
4.2
3.4
ワイド 1-9(11人)
2-9(9人)
1-2(21人)
8.2
8.1
15.7
3連複 1-2-9 (28人) 77.3 馬連 1-9 (14人) 31.1
3連単 馬単 9-1 (20人) 50.0
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント

レース後のコメント-
1着 シュウボンバー(幸騎手)
「現状ではダートの方が良さそうですね。でもまだ4コーナーでモタれたり、ソラを使ってみたりしているので、これからですね。まだ良くなってくる馬ですよ」
3着 ドラゴンホーラー(佐藤助手)
「少し物身をしたり集中力を欠いていたが、最後はよく差し返してきたね。積極的に行ったことが次につながると思うよ」
5着 マーブルファイブ(川田騎手)
「ゲートであまりにもうるさいんですよ。バタバタして潜ろうとするし、座り込んでしまうし…。力はあるんです。すぐに未勝利は勝てると思いますけどね」
京都2Rの2歳未勝利戦(芝1600m)は2番人気ドリームシグナル(幸英明騎手)が好位追走から直線抜け出し、後方から脚を伸ばした1番人気キャッツインブーツに1馬身1/4差をつけて優勝。勝ちタイムは1分35秒5(良)。
ドリームシグナルは栗東・西園正都厩舎の2歳牡馬で、父アグネスデジタル、母ダイイチアピール(母の父サンデーサイレンス)。半兄に本日の菊花賞(GI)に出走するホクトスルタン。通算3戦1勝。
-br />4着 スピニングノアール(上村騎手)
「よく走っているが馬場が緩くて切れ味が殺されてしまった」
6着 ブルーショットガン(内田浩騎手)
「道悪で脚を取られて手応えがなくなってしまったのがもったいなかった。差のないレースは出来ているが…」
7着 ワイルドシャウト(中舘騎手)
「4コーナーで反応して伸びそうな感じはあったんだが…」れない。馬も硬くなっていましたね」oムチを入れてようやく。とにかく馬場を気にして行きっぷりが悪かったね」たえていましたね。一旦交わされかかったんですが、よく頑張って差し返してくれました。根性がありますね」
3着 ウォーボネット 村田一誠騎手
「攻め馬が競馬に繋がるか、心配があったようですが、いい形でレースをしてくれました。悪い馬場はうまいようですね」したけど、陣営もすぐに気持ちを切り替えて、(天皇賞へ)万全の状態で臨めるようやってきて、今日こういう

予想動画
関連記事
関連つぶやき