太秦ステークス(2007/10/20) のレース情報

基本情報
京都ダート・右1400M
第04回 京都 06日目
10 R
ダート・右1400M
晴   稍重
3勝クラス特別   サ3上(混)(特) / 定量
太秦ステークス
16 頭
15:10発走
本賞金) 1,830 - 730 - 460 - 270 - 183 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 329 M
image
直線 329 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.24.7
前半5F:
59.6
後半3F:
37.1
ペース:平均
-21 (47-68)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 福永祐一 57.0 1.24.7 36.7 -------2--2 1 1.9 メイショウオウドウ / メイショウエビータ 栗) 高橋成忠 524 -2 11 6
02 11/4 和田竜二 57.0 1.24.9 36.8 -------5--4 5 13.1 エンドスウィープ / ワーキングイオン 栗) 須貝尚介 502 -2 14 7
03 藤岡佑介 57.0 1.25.1 37.0 -------5--6 4 12.4 ディアブロ / ニューブレハット 栗) 鮫島一歩 540 -4 5 3
04 クビ 川田将雅 55.0 1.25.2 36.9 -------8--8 3 8.6 エンドスウィープ / エヴリウィスパー 栗) 友道康夫 490 -4 10 5
05 3/4 難波剛健 57.0 1.25.3 36.5 ------12-12 16 210.3 メイショウホムラ / メイショウハゴロモ 栗) 高橋成忠 588 +2 7 4
06 11/4 角田晃一 55.0 1.25.5 36.4 ------14-13 9 30.8 アフリート / ヒカリラブ 栗) 松永昌博 462 +4 6 3
07 ハナ 長谷川浩 57.0 1.25.5 36.5 ------15-15 7 20.1 スキャン / プリンセストウジン 地) 太田進  456 +2 1 1
08 クビ 渡辺薫彦 57.0 1.25.5 37.1 -------9-10 12 71.6 ダンスインザダーク / バトルハート 栗) 本田優  480 -4 12 6
09 3/4 幸英明 57.0 1.25.6 38.0 -------1--1 11 46.6 ジョリーズヘイロー / ウッディークー 栗) 柴田政見 528 +20 16 8
10 クビ 岩田康誠 57.0 1.25.7 37.5 -------7--7 2 5.5 Mr. Greeley / Luck Be a Lady 栗) 白井寿昭 500 -4 3 2
11 クビ 北村宏司 57.0 1.25.7 37.3 -------9--9 14 133.7 フジキセキ / ライトスイート 栗) 武田博  474 -16 4 2
12 クビ 竹之下智 57.0 1.25.8 37.3 -------9-10 8 22.0 バブルガムフェロー / ウェディングダイヤ 栗) 藤沢則雄 458 -2 13 7
13 21/2 鮫島良太 55.0 1.26.2 38.4 -------2--4 10 34.2 ウォーニング / アンダンテ 栗) 矢作芳人 476 +10 15 8
14 13/4 池添謙一 57.0 1.26.5 37.7 ------13-13 6 16.7 ビッグサンデー / ドラゴンルーブル 栗) 中尾秀正 466 +12 2 1
15 21/2 武英智 57.0 1.26.9 37.8 ------15-16 15 134.3 マンジュデンカブト / マンジユデンレデイ 栗) 田所清広 468 -4 9 5
16 クビ 白浜雄造 55.0 1.26.9 39.1 -------2--2 13 116.7 マーベラスサンデー / エリットビーナス 栗) 梅田康雄 480 -2 8 4
単勝 11番 (1人) 1.9 枠連 6-7 (3人) 8.1 複勝 11番(1人)
14番(5人)
5番(4人)
1.2
3.0
2.8
ワイド 11-14(4人)
5-11(2人)
5-14(22人)
5.4
4.5
18.5
3連複 5-11-14 (7人) 32.9 馬連 11-14 (4人) 14.1
3連単 11-14-5 (25人) 138.8 馬単 11-14 (5人) 19.5
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


京都10Rの太秦ステークス(3歳以上1600万下・ダート1400m)は、1番人気メイショウシャフト(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒7。1馬身1/4差の2着に5番人気ワーキングボーイが、1馬身差の3着に4番人気ウォーターオーレがそれぞれ入線。
メイショウシャフトは栗東・高橋成忠厩舎の4歳牡馬で、父メイショウオウドウ、母メイショウエビータ(母の父キンググローリアス)。通算成績は34戦5勝となった。
レース後のコメント
1着 メイショウシャフト 福永祐一騎手
「スタートが上手だったし、この距離にも対応してくれました。最後も遊んでいるような感じで、この馬は走りますよ」
2着 ワーキングボーイ 和田竜二騎手
「外枠がいいこともあるでしょうけれど、一度使って、馬がずいぶんと良化していましたよ」
3着 ウォーターオーレ 藤岡佑介騎手
「ゲートを上手に出てくれて、いいところでレースできました。どこかで大外に出せていたら、もうちょっと際どい結果になったかもしれませんが、今日は勝ち馬にうまく運ばれましたね」
5着 メイショウディオ 難波剛健騎手
「ノドが良くない馬ですから、1200mまでの方がいいと思っていましたが、今日の感じなら1400mの方がハマリやすいのかもしれません。これでコンスタントにやれれば良いですけれど」。ですから、今回はケイコも大分しっかりできましたし、馬自体が変わってきています。ちょっと前半モタつきましたが、折り合いも問題なく、レースぶりが良かったですね。まだ体型的に幼いんですが、楽しみですよ」
2着 ニューヨーカー 蛯名正義騎手
「渋い馬で東京のコースの方がいいですね。まだ体も緩いし、気持ちの面でも走っていこうとしないところがありますね」った今も距離がもたないという印象はありません。悔いのないレースが出来ました」
16着 ヴィクトリー(音無師)
「折り合いですね。この馬には長いと思います。気持ちが前向き過ぎますからね。2000mくらいを使っていくのがいいと思います」トしまいました。残念です」
8着 メイショウバトラー(武豊騎手)
「スタートは良かったよ。でも伸び切れないね。もう少し距離があったほうがいいのかな」
(取材:小林雅己、舩山陽司)エミレーツが、2馬身半差の3着に2番人気レッズフィールドがそれぞれ入線。
ドリームノクターンは美浦・斎藤誠厩舎の2歳牡馬で、父スターオブコジーン、母フロディーバラード(母の父バイアモン)。通算成績は2戦1勝となった。
レース後のコメント
1着 ドリームノクタ

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する