新馬 (サ2才) 東京 3R 2007/10/14 のレース情報

基本情報
東京ダート・左1300M
第04回 東京 05日目
3 R
ダート・左1300M
曇  
新馬   サ2才(混)[指] / 馬齢
16 頭
10:50発走
本賞金) 700 - 280 - 180 - 110 - 70 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 501 M
image
直線 501 M
レース当日の降水強度(mm/h)
勝タイム:
1.21.3
前半5F:
1.01.8
後半3F:
38.9
ペース:平均
-8 (85-93)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 木幡初広 54.0 1.21.3 38.7 -------3--3 6 27.5 エイシンサンディ / レディクイック 美) 谷原義明 444 12 6
02 藤田伸二 55.0 1.21.6 39.1 -------2--2 1 2.1 Elusive Quality / Radu Cool 美) 星野忍  470 10 5
03 クビ 横山典弘 55.0 1.21.7 38.8 -------4--4 2 2.3 More Than Ready / Conversion 美) 松山康久 478 13 7
04 クビ 石神深一 55.0 1.21.7 38.7 -------8--5 3 12.3 デザートキング / ファインルナラック 美) 佐藤吉勝 442 5 3
05 高山太郎 54.0 1.22.4 39.4 -------7--5 16 304.9 サウスヴィグラス / ロンシャンオペラ 美) 本郷一彦 470 4 2
06 3/4 江田照男 55.0 1.22.5 39.5 -------5--5 5 16.8 アラムシャー / オロール 美) 菅原泰夫 464 15 8
07 安藤光彰 54.0 1.23.3 39.5 -------9--9 9 72.3 ニューイングランド / ササブエ 美) 加藤和宏 446 7 4
08 ハナ 北村宏司 54.0 1.23.3 40.3 -------5--5 7 41.0 コロナドズクエスト / ミストリアーチ 美) 斎藤誠  428 14 7
09 ハナ 吉田豊 55.0 1.23.3 39.0 ------12-11 8 56.4 エイシンプレストン / アロートウヘヴン 美) 平井雄二 462 2 1
10 アタマ 柴山雄一 55.0 1.23.3 38.2 ------16-15 4 15.1 スターオブコジーン / リープデイズギフト 美) 清水英克 440 3 2
11 アタマ 嘉藤貴行 54.0 1.23.3 38.9 ------12-11 14 213.1 デザートキング / リワードシュヴァン 美) 田子冬樹 432 1 1
12 二本柳壮 54.0 1.24.1 39.3 ------15-14 10 93.8 アグネスワールド / スズパラダイス 美) 佐藤全弘 446 11 6
13 21/2 丹内祐次 55.0 1.24.5 39.1 ------10-16 13 159.2 カコイーシーズ / シルクディーヴァ 美) 矢野照正 454 16 8
14 3/4 村田一誠 54.0 1.24.7 42.3 -------1--1 11 116.7 ステイゴールド / オギトゥインクル 美) 本間忍  412 8 4
15 石橋脩 55.0 1.26.2 41.8 ------12-11 12 156.9 アラムシャー / ロングアイラッシュ 美) 的場均  456 6 3
16 クビ 菊沢隆徳 54.0 1.26.3 42.2 ------10-10 15 287.1 ミラクルアドマイヤ / テンシノウタ 美) 矢野英一 432 9 5
単勝 12番 (6人) 27.5 枠連 5-6 (9人) 22.3 複勝 12番(6人)
10番(1人)
13番(2人)
3.8
1.1
1.2
ワイド 10-12(9人)
12-13(10人)
10-13(1人)
7.9
8.0
1.4
3連複 10-12-13 (4人) 14.2 馬連 10-12 (8人) 31.3
3連単 馬単 12-10 (22人) 97.2
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。 詳しくはこちらから
レース後のコメント


東京3Rの2歳新馬戦(ダート1300m)は6番人気マルサンサイレンス(木幡初広騎手)が好位追走から直線抜け出して優勝。勝ちタイムは1分21秒3(良)。2馬身差2着に1番人気ブルーラヴ、さらにクビ差で3着に2番人気エイワイエヤスが入った。
マルサンサイレンスは美浦・谷原義明厩舎の2歳牝馬で、父エイシンサンディ、母レディクイック(母の父ジェイドロバリー)。
-レース後のコメント-
1着 マルサンサイレンス(木幡騎手)
「スタートは速くないし、忙しいかと思ってましたが無理して3番手につけました。道中は感じよく走ってましたし、うまく気を抜きながら走っていましたから、その分、終いの反応がよかったですね。馬も出来ていました。1300mでも対応してくれましたが、もう少し距離は延びた方がいいでしょうね」
3着 エイワイエヤス(横山典騎手)
「4コーナーの不利は酷かったね。もう少しで落ちるところでした。新馬だけにあの不利はかわいそうですね」っていました。今後楽しみです」
4着 ハチマンダイボサツ(幸騎手)
「昇級初戦でしたがクラスの壁も感じることなく、差のないレースが出来ました。あと少し絞れたらチャンスが巡ってくると思います」閧ナしたが、それで負けたんですから力負けということでしょう。この条件が一番合いますし、以前より体がしっかりしてきました。久々が少し響いていますかね」
3着 フサイチウィード(岩戸師)
「芝のスタートは久しぶりでしたから少し戸惑ってたようですね。ゲートに入ってリズムを取り戻したようです。考えてうまく乗ってくれたんですが、外から一気に来られると抵抗できませんね。並んで競る形ならいいんですが…」
15着(4位降着) マナーハウス(武藤師)
「一瞬開いて突っ込んだ途端に閉められて、結局、入っていけないところに入った

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する