本栖湖特別(2007/10/08) のレース情報

基本情報
東京芝・左2000M
第04回 東京 03日目
10 R
芝・左2000M
曇  
2勝クラス特別
サ3上(混)[指] / 定量
本栖湖特別
10 頭
15:00発走
本賞金) 1,480 - 590 - 370 - 220 - 148 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 525 M
ペース平均:
-19
内枠好走:
11
勝タイム:
1.59.8
前半5F:
1.00.6
後半3F:
34.4
ペース:平均
-44 (-73+29)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 蛯名正義 55.0 1.59.8 34.0 ----2--2--2 4 6.4 スペシャルウィーク / プロモーション 美) 和田正道 520 0 4 4
02 3/4 北村宏司 55.0 1.59.9 34.1 ----3--2--2 5 6.5 メジロライアン / エンジェルライト 美) 高橋裕  492 0 7 7
03 クビ 藤田伸二 55.0 1.59.9 33.8 ----5--4--4 6 8.2 ムタファーウエク / アグネスヴァーチ 美) 牧光二  482 -2 5 5
04 13/4 松岡正海 55.0 2.00.2 34.2 ----4--4--4 2 3.6 ジャングルポケット / シャロン 美) 成島英春 470 +6 3 3
05 1/2 横山典弘 57.0 2.00.3 34.9 ----1--1--1 3 5.3 ブラックホーク / ナスノホイッスル 美) 高松邦男 462 +4 6 6
06 3/4 後藤浩輝 55.0 2.00.4 34.2 ---10--9--7 1 3.2 アグネスタキオン / モカモカ 美) 堀井雅広 454 +4 8 7
07 21/2 大野拓弥 55.0 2.00.8 34.3 ----8--9-10 10 136.1 アドマイヤベガ / ターキーレッド 美) 沢峰次  458 +4 1 1
08 1/2 江田照男 53.0 2.00.9 34.6 ----7--7--8 7 48.4 マリエンバード / ホマレノプリンセス 美) 杉浦宏昭 488 +2 2 2
09 11/4 柴山雄一 57.0 2.01.1 34.7 ----8--7--8 9 122.2 エルコンドルパサー / マイネエクセル 美) 畠山重則 466 -6 10 8
10 クビ 吉田隼人 57.0 2.01.2 35.1 ----5--4--4 8 121.1 クロコルージュ / ミスベイブリッジ 美) 杉浦宏昭 460 0 9 8
単勝 4番 (4人) 6.4 枠連 4-7 (3人) 7.5 複勝 4番(4人)
7番(5人)
5番(6人)
2.2
2.3
2.8
ワイド 4-7(12人)
4-5(13人)
5-7(14人)
6.3
8.5
8.9
3連複 4-5-7 (20人) 50.5 馬連 4-7 (13人) 21.2
3連単 4-7-5 (113人) 317.3 馬単 4-7 (24人) 43.6
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


東京10Rの本栖湖特別(3歳上1000万下・芝2000m)は、4番人気トップセラー(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒8。3/4馬身差の2着に5番人気マイネルアナハイムが、クビ差の3着に6番人気ウエイクアイランドがそれぞれ入線。
トップセラーは美浦・和田正道厩舎の5歳牝馬で、父スペシャルウィーク、母プロモーション(母の父ヘクタープロテクター)。通算成績は12戦3勝となった。
レース後のコメント
1着 トップセラー 和田正道調教師
「どうも1600mで鮮やかな勝ち方をしていますし、母親のイメージもあってマイルにこだわっていたんですが、この馬は2000mで真価を発揮するタイプですね。馬の具合もどんどん良くなってきていますから、母親ぐらいの活躍は期待しているんです」
2着 マイネルアナハイム 北村宏司騎手
「いい感触の馬なんです。力がありそうなので勝った馬を目標にスムースに上がって行って、自分のタイミングでスパートできたんです。それでも最後はそのまま同じ脚色になってしまいました」
3着 ウエイクアイランド 藤田伸二騎手
「レース前からイラついてしまっていましたが、それでも3着に来るんですから力はありますね」
4着 シグナリオ 松岡正海騎手
「いっぱいではないんですが、追っても行こうとしないんです。歯がゆいですよね。まだ体つきは子供ですからね」最後まで楽に行くことができて、最後はほとんど追っていません。ただ今日は内にモタれる癖が、ラチ沿いを走っていただけに出ませんでした。今後はどうでしょう」
2着 スピットファイアー 佐藤哲三騎手
「ゲートから気合を入れると怖がるようなところがあるので、今日は先々を考えて気合は入れていませんでした。道中、ついていくのも楽で直線もよく伸びています。今までで一番いいレースができたと思います」
4着 タニノブロンクス 藤田伸二騎手
「調教をまだ一杯にやっていません。体に余裕もあります。走りそのものは悪くないので慣れてくれば、まだ良化しそうです」と1600mでは違いますね。一気の延長でしたから、厳しかったかもしれませんね」人騎手)
「前回よりも手応えがよく、これなら突き抜けられるかもという手応えでしたが、寄られる不利で一気に手応えがなくなりました。そこから追って追って、なんとか馬の力で2着に来れましたが、スムーズならもっと際どい勝負になっていたと思います。もったいなかったですね。馬場ももっとパンパンの方がいいようです」
(河内洋調教師)
「馬場は悪いし、小さい体なのに本当によく走っていますね。ただ、伸びかかったところで寄られたのは本当に痛かったですよ。キレイに乗ってほしかった

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する