エニフステークス(2007/09/17) のレース情報

基本情報
阪神ダート・右1400M
第04回 阪神 04日目
10 R
ダート・右1400M
晴  
オープン特別
サ3上(国)(特) / 別定
エニフステークス
13 頭
15:20発走
本賞金) 2,400 - 960 - 600 - 360 - 240 (万
コース・ラップ
平均ペース
直線 352.5 M
ペース平均:
12
内枠好走:
-6
勝タイム:
1.23.5
前半5F:
58.7
後半3F:
36.7
ペース:平均
-15 (53-68)
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 和田竜二 57.0 1.23.5 36.7 -------1--1 3 6.2 キンググローリアス / ラブリーサンライズ 栗) 石坂正  552 +6 3 3
02 ハナ 秋山真一 56.0 1.23.5 35.9 ------10--9 1 3.2 マーベラスサンデー / プリンセスエイブル 栗) 増本豊  456 -12 1 1
03 クビ 幸英明 57.0 1.23.5 36.0 -------6--4 5 7.0 マヤノトップガン / サンデーエイコーン 地) 別府真司 450 +4 6 5
04 11/4 川田将雅 56.0 1.23.7 35.9 ------13-13 6 8.6 Carson City / ケイティディド 栗) 藤岡範士 490 +2 2 2
05 クビ 北村宏司 56.0 1.23.7 36.6 -------3--2 11 94.4 Tale of the Cat / Workout Wonder 栗) 鮫島一歩 488 -4 11 7
06 クビ 蛯名正義 57.0 1.23.8 36.9 -------2--2 4 6.7 サクラバクシンオー / スイートケンメア 美) 久保田貴 474 -4 4 4
07 31/2 福永祐一 56.0 1.24.4 37.1 -------6--4 2 5.3 Fusaichi Pegasus / サークリング 栗) 森秀行  496 +4 12 8
08 クビ 中舘英二 55.0 1.24.4 37.1 -------4--7 8 19.3 ブライアンズタイム / ブラッシングストーム 美) 中野隆良 476 -6 7 5
09 クビ 松岡正海 55.0 1.24.5 36.9 -------8--7 9 22.9 Twining / La Gueriere 美) 土田稔  500 0 10 7
10 クビ 長谷川浩 56.0 1.24.5 37.3 -------4--4 13 161.2 エンドスウィープ / ダンジグエンジェル 美) 増沢末夫 472 -4 5 4
11 1/2 太宰啓介 55.0 1.24.6 37.0 ------10-11 7 18.6 フォーティナイナー / ミナミノバレッツ 栗) 坂口正則 472 -2 8 6
12 1/2 鮫島良太 55.0 1.24.7 37.1 -------8--9 12 106.5 Pulpit / Marshesseaux 栗) 松田国英 516 -4 9 6
13 13/4 上村洋行 56.0 1.25.0 37.2 ------10-11 10 72.0 エアジハード / ファインドレス 栗) 加用正  516 +2 13 8
単勝 3番 (3人) 6.2 枠連 1-3 (3人) 9.3 複勝 3番(3人)
1番(1人)
6番(4人)
1.8
1.4
2.1
ワイド 1-3(1人)
3-6(6人)
1-6(3人)
3.9
6.0
4.2
3連複 1-3-6 (2人) 17.8 馬連 1-3 (1人) 9.9
3連単 3-1-6 (14人) 97.6 馬単 3-1 (6人) 23.4
該当なし
↓この枠は予想収支TOPになると利用可能です。詳しくはこちらから
レース後のコメント


1着 3番サンライズキング(和田竜二騎手)
「この馬はこの馬のペースで自分から動いて時計勝負に持ち込むのがいいですね。小倉では結果が出ずに悔しい思いをしましたが、今日は頑張ってくれました」
(石坂正調教師)
「他に行きそうな馬もいなかったので、この馬のレースができました。8歳ですから無理もできませんし、次についてはもう少し考えます」
2着 1番メイショウサライ(秋山真一郎騎手)
「本当は手応えからするともっと弾けるんですが……直線に向いて何度も手前を変えていました。それとペースがこの馬には向きませんでした」
4着 2番ゼンノストライカー(川田将雅騎手)
「1400mだったので無理をせずためていきました。内枠だったので前が壁になってしまいました。それに1700mほど脚もたまりませんでした」・騎手)
「コンスタントに使われていない分、競られたときにうまくハミが抜けませんでしたね。それでもよく走っています。手応えを掴めた4着です」線。
インステップキックは栗東・平田修厩舎の2歳牡馬で、父ゼンノエルシド、母キャッチフレーズ(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は2戦1勝となった。
Xもいいんですが、すぐ下痢をしたり内面的に弱いですね。ですから大事なところで力を出し切れていないんだと思います」ホこのクラスでも通用しますよ」
8着 フェラーリセブン(古川騎手)
「ペースは落とすつもりもなく、馬任せでいい感じに進めたのですが、追い出してから手応えの割にまったく反応しませんでした。よく分かりませんね」柴山騎手)

予想動画
関連記事
関連つぶやき
当ページを共有する