阪神ジャンプステークス(2007/09/17) のレース情報

基本情報
阪神芝3140M
開催
第04回 阪神04日目
コース
阪神芝3140M
クラス
オープンJ・GⅢ(別定
レースNO
9 R
天候馬場
条件
障3上(混)
頭数
14
発走時刻
14:40
回次
第 9 回
本賞金(万
3,500 - 1,400 - 880 - 530 - 350
レース名
阪神ジャンプステークス 
呼び名・略称 →追加申請
→過去の同レース一覧
結果着順・払戻





TI
ME
3
F
通過







01 小坂忠士 60.0 3.27.9 - -2--2--1--1 1 2.4 オペラハウス / ダンツビューティ 栗) 山内研二 492 +12 12 7
02 嘉堂信雄 60.0 3.28.2 - -9--9--4--3 7 23.1 アラジ / ヘッディンウエスト 栗) 高橋隆  460 -22 11 7
03 南井大志 60.0 3.29.4 - -5--6--4--5 8 40.5 フジキセキ / サムソンレッド 栗) 南井克巳 436 -16 10 6
04 3/4 金折知則 60.0 3.29.5 - -1--1--2--2 3 4.0 タイキシャトル / インヴァイト 栗) 松元茂樹 492 -4 8 5
05 11/2 内田浩一 60.0 3.29.7 - -8--6--6--6 9 70.9 ダンスインザダーク / アルパイントレジャー 栗) 武宏平  432 0 9 6
06 今村康成 60.0 3.30.2 - -9-10--8--7 14 179.2 フサイチコンコルド / マイバレンタイン 栗) 作田誠二 466 -18 1 1
07 高田潤 60.0 3.31.3 - -4--4--7--8 10 74.9 カーネギー / シルバーネックレス 栗) 松田博資 442 -2 3 3
08 13/4 西谷誠 60.0 3.31.6 - -6--4--3--4 2 3.3 Silver Charm / ノーヴェルインカウンター 栗) 加用正  536 -2 7 5
09 3/4 白浜雄造 60.0 3.31.7 - 11-11-11--9 4 16.3 Giant's Causeway / Reunion 美) 根本康広 566 -2 13 8
10 菊地昇吾 60.0 3.32.4 - 11-12-13-12 11 161.3 ダミスター / フジノコマンダー 栗) 田島良保 458 0 6 4
11 仲田雅興 60.0 3.33.4 - -3--3--9-11 6 22.8 ラストタイクーン / フェアリ 栗) 湯窪幸雄 472 -2 2 2
12 クビ 出津孝一 60.0 3.33.5 - -6--6-10--9 13 175.7 コマンダーインチーフ / レディテルライド 栗) 飯田明弘 484 -8 5 4
13 林満明 60.0 3.33.8 - 13-13-11-12 5 19.1 ラストタイクーン / リアルドリーム 栗) 崎山博樹 500 -14 4 3
宇田登志 60.0 - - 14--------- 12 - ジェネラス / リキサンフラッシュ 栗) 福島勝  464 +2 14 8
~払い戻し~
単勝 12番 (1人) 2.4 枠連 7-7 (11人) 27.2 複勝 12番(1人)
11番(7人)
10番(8人)
1.4
4.9
7.5
ワイド 11-12(10人)
10-12(17人)
10-11(37人)
9.4
14.4
45.8
3連複 10-11-12 (42人) 134.6 馬連 11-12 (10人) 23.5
3連単 12-11-10 (145人) 495.1 馬単 12-11 (13人) 35.1
~予想収支プラスメンバー~
該当なし
レース後のコメント


1着 12番コウエイトライ(小坂忠士騎手)
「前がやり合って後ろが離れるなか、いい雰囲気でレースができました。向正面で先頭に立ったときは馬なりで無理なく立っているというぐらいで、改めて強さを感じました。今年は飛越も安定しています。追い切り本数も少なくスタートは良くなかったのですが、計り知れないぐらい強いですね」
2着 11番メイショウタロー(嘉堂信雄騎手)
「何とかしたかったのですが、最後は前が止まりませんでした。相手が強かったですわ」
3着 10番オースミサムソン(南井大志騎手)
「飛越が不安定でしたね。でもスタートしていい位置を取って、内に入って自分のペースでレースができました。襷でうまく息も入りました。?16キロも良かったのかも……。十分でしょう」
4着 8番ウインクリューガー(金折知則騎手)
「コンスタントに使われていない分、競られたときにうまくハミが抜けませんでしたね。それでもよく走っています。手応えを掴めた4着です」線。
インステップキックは栗東・平田修厩舎の2歳牡馬で、父ゼンノエルシド、母キャッチフレーズ(母の父ブライアンズタイム)。通算成績は2戦1勝となった。
Xもいいんですが、すぐ下痢をしたり内面的に弱いですね。ですから大事なところで力を出し切れていないんだと思います」ホこのクラスでも通用しますよ」
8着 フェラーリセブン(古川騎手)
「ペースは落とすつもりもなく、馬任せでいい感じに進めたのですが、追い出してから手応えの割にまったく反応しませんでした。よく分かりませんね」柴山騎手)
「折り合いについては問題ありません。ただ切れる脚がありませんからね」いですね。馬はよく走っています。次へ向けて馬が学習していると思います」
5着 3番ブライトトゥモロー(後藤浩輝騎手)
「完璧と思ったんですが、全体の速い流れに乗せられてしまいましたね。ダイワメジャーが前に

予想動画
関連記事
関連つぶやき